トップページ | 2004年3月 »

GUNS OF NAVARONE

タイトルだけは知っていた「ナバロンの要塞」。なんと、ここんところお気に入りの「ローマの休日」主演グレゴリー・ペックがここでも主演。これだけで一気にテンションあがる。予想に反して戦闘シーンが少なく、むしろ人間ドラマだが、十分見応えあるし、地中海の景色が美しい。旧作にはアクションより人間を見せる作品が多いけど、その分感動も深いね。
いつもアクション優先で見ているので、たまにこういう作品に出会うとまた新鮮に感動する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IZUTSU REPLICA

久しぶりにバイク用品店をのぞく。隔世の感あり。相場感覚皆無、流行りものわからず、現行車知らず。Ninja用サポート付きブレンボキャリパーが\11,000とは安くなったもんだ、と思ったら、ゼロが一個多かった(^_^;。
ヘルメットもずいぶん様変わりしていたが、かねてより注目していた井筒レプリカは型落ちしている。が、ディスプレイとして展示してあった。やっぱりかっこいい!。SHOEI頭でも欲しい!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有限

数ヶ月前に買ったMISIAのSACDハイブリッドをiPodで聞くと、高音も低音も割れてしまう。アナログ音源では気にならないのだが、CD音源だと音が割れる。なんでかな~、と考えるに、二年以上使っているイヤフォンの寿命と結論づけた。
私の愛用しているイヤフォンは、ソニー製のインイヤータイプである。このタイプは店頭では試聴できないのが難。必然、冒険せずソニー製をまた選ぶことになる。次の携帯はFM携帯という悪だくみがあるので、平型ジャック-丸形ジャック変換アダプター付属の製品をチョイス。\3,980也。
聞いて驚く。製品スペックは同じなのに、全然音が違う!。常時使っていると気がつかないけど、性能は確実に劣化しているのね。不具合なくとも、一定期間で買い換えるのが、結局自分のため。
と、おもいつつ、なかなか次のG5が発表されないのは辛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニュアル

MISIAを集中的に聞きたいので、レンタルすることにした。CDを持ってカウンターに行くと、「研修生」の名札をつけた女の子が応対。中身をチェックして、
「これは歌詞カードがありませんがよろしいですか?」
とのたまう。別に見ないのだけど、あってもなくても同じ値段ならあった方がいいに決まっている。なんかカチンときた。
「これだけがないの?、このCDは全てないの?」
女の子、しばし沈黙。
「少々お待ちください」
レジ休止中の札を出して棚の方へ行く。戻ってきて男性店員と何か話している。歌詞カードがあればいいんだから早くしてくれ~。
「確認してきたんですが、全部ついていないのですが」
こちとらヤのつく自由業ではないのだから、ないものをつけろという気はない。借りる側としては、歌詞カードは付いていて当然だと思っているし、いちいちその有無を確認なんかしない。無いなら無いで表示しておけば済むことであろう。あるべきものを無いまま提供するのは、平等なサービスにもとるというものだ。何をか言わんや。チェーン店はことごとくマニュアル通りに行動するが、接客マニュアルを作った奴の頭の構造を疑う。
店員をいじめるのが趣味ではありません、念のため(^_^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本酒

消費が激減しているらしい。生産者にとっては死活問題だろうけど、変に媚びることをせず、王道で日本酒の伝統を守って欲しい。日本酒ファンの切なる願いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod

三ヶ月に一回ぐらい、聞こうと思ったらバッテリー切れということがある。それも、朝の通勤時なので、落胆することといったら(--;。音が出なけりゃただの燃えないゴミ、これを持ち歩くことほど空しいことはない。
Dock式の現iPodは、最初は余計なDockが邪魔だろうと思ったけど、Dockに置いておく習慣は、火縄ケーブルを繋ぐより容易だろうから、バッテリー切れもなくなるだろうと思う。iPodminiの小ささも魅力。一日で10GBもの曲を聴くわけではないのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末も終わり

利根建造停滞の原因だった、魚雷発射管を装着
中古CD屋巡りではMISIAの出物なし
「エースをねらえ!」読み直したいけど、本は実家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

途切れたのには事情があって

一昨日の日記
故あって痛飲
昨日の日記
宿酔で外の陽気も知らず

まぁ毎日書くことが主目的ではないのだけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エースをねらえ!

笑ってしまうほどアホくさいけど、毎週見てしまうドラマ。原作への思い入れと、愚直なまでに原作に忠実な台詞が妙にマッチしてしまうのですな。上戸彩ファンでもないけど(音羽京子役の金子さやかの方が好み(゜_゜)\バキ)、似てないなりにはまり役の配役も○。敢えていうと宗方と尾崎はミスキャストの感があるけど。
原作レベルで、本作と同じぐらいに好きなのが「ライジング(開幕)」。ダンス好きの少女が音楽学校を経て女優として大成する物語。そのラストシーンは感動です。
金曜夜の「奥様は魔女」もアホくさくて好き(^_^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD

とにかくやたらめったら増殖するのである、DVDは。低価格化はうれしい限りだが、あの、トールケースなるものはやたら場所をとるありがた迷惑なのである。しかも、ケース内はチャプターリストがあるぐらいで、ほとんどスカスカときたもんだから、いよいよ始末が悪い。収納場所には自ずと限界があるので、打開策としてディスク収納ファイルに入れることにした。さりとてトールケースを処分はできないのだが。
96枚入りファイル\880也。最初はCDケース入りをファイルに入れようかと思ったけど、よく考えるとトールケースの方が無駄なスペース取ってることに気づいたので、方針変更。なれど思ったほどスペースが空かなかったのは、このファイルもそれなりに大きいからだった(^_^;。
Amazonにて「MATRIX REVOLUTION」予約。実は「QUEEN GREATEST HITS 1」も欲しかったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MISIA

私のiPodはかなり傷ついている。導入当初は傷防止プロテクターを検討したけれど、所詮道具、傷ついて当たり前、そう割り切ると思う存分使い倒せると思い、プロテクター採用は見送った。以来、通勤には欠かさず使っている。
再生の基本はランダム再生だが、同じような曲が再生されるのは気のせいだろうか。それはさておき、ランダム再生がその時の感性に合わない時が多々ある。そんな時は選曲するわけだが、これがその時々でかなり基準が変わる。ここんところブルックナー、ブラームス、マーラーと心静かになれる曲を好んでいたのだが、今朝はえらくMISIAに心打たれた。
こういうのは勢いが肝心、早速ブックオフに寄る。戦果あり。
LOVE IS THE MESSAGE
THE GLORY DAY
Mother Father Brother Sister 以上各¥250
普段ならここまでだが、勢いで
RIMIX 2000 LITTLE TOKYO
MARVELOUS 以上各¥750
お気に入りはやはりレンタルではなくオリジナルが欲しい。しばらくは中古ショップ巡りを楽しめそう。清く正しいファンではないね(^_^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GLADIATOR(続)

英雄願望?にアツくなってしまい、書き忘れ。
TSUTAYA風分類でいう史劇は、当たり前ではあるけれどスケールの大きさを誇るものが多い。古くは「ベン・ハー」が有名。ただ、私が単純明快ドンパチドカ~ンを好むので、この手の作品には取っかかりをつかみにくい。一大決心して見始めるととたんにハマるのはよくあること(^_^;。「ブレイブ・ハート」「ジャンヌ・ダルク」「エリザベス」あたりもお気に入り。でも、設定は違うけど、スター・ウォーズシリーズも雰囲気は似ているね。
一方、いまだにきっかけをつかめないでいるのが「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GLADIATOR

「山本五十六」をBGVに(ってダビングしてただけ)、利根の組み立て。連装高角砲はピットロードの武装パーツを使ってみたが、単純な組み立てに結構時間がかかってしまった。要するに、遅々として進まず。
サブウーファー中毒なので、週に一回は重低音を味わわないと欲求不満になる。現有AVセンターは付属マイクで各スピーカーのバランスを自動設定してくれるのだが、それでは低音が物足りなくて仕方ない。それが本来のバランスかもしれないのだが、前システムで気に入っていた低音の迫力にははるかに劣るので、マニュアル調整でサブウーファーのレベルを増強しているのが現環境。
で、今回選んだのは「グラディエーター」。dts-ES6.1chを堪能したわけだが、迫力もさることながらGeneral(将軍)と慕われるマキシマスには今更ながら感動。宮仕えの身としては、自分がそうなれるとはとうてい思えないが、せめてマキシマスや山本五十六のような人物に仕えることができれば、仕事にも身が入ろうものを、とさえ思ってしまう。決して英雄の独裁を願望しているわけではないのだが、世の中つくづく尊敬できる人物にはなかなか巡り会えないなぁと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

髪結い

30年ぶりに床屋に行った。べつに30年も仙人のように髪を伸ばしたわけではなく、ずっと美容院を利用していたのだ。馴染みの美容院が閉店してしまい、別の美容院に行くのは何故か気恥ずかしく、床屋に行ってみたわけ。
その床屋、チェーン店らしいのだが、\1,000でカットできる。コストダウンのためチケット制で券売機は千円札専用、髭剃りはおろか洗髪もなく、かわりにカット後ドライヤーのように風で切った髪を吹き飛ばす。
30年ぶりともなるとおっかなびっくりだったわけだが、こちらの要望はきちんと聞いてくれるし、仕上がりには不満なし。美容師、理容師の技術は認めるけど、もはやそれにはこだわらない身としては、なんとも合理的なサービスだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕切直し

ホビー全般、プラモからAudioVisual、DVD感想に旅行記エトセトラ、いろいろ書いていきたいと思います。でも、お買物日記になるかも(^_^;。
どうかおつきあいくださいませ<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年3月 »