« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

Justice

邦題「ジャスティス」、まぁ「正義」みたいな意味合いか。原題「HART'S WAR」、センスなく訳せば「ハート中尉の戦い」。ストーリー的には正義より自尊心と信念と意地と犠牲の感が強い。まあ中途半端な邦題は今に始まったことではないが。「プライベート・ライアン」なんて「ライアンの私生活」かと思った(^_^;。原題なら原語のまま表記して欲しい。
閑話休題。「フォーン・ブース」のコリン・ファレルが主演だと思うが、ブルース・ウィリスが前面に出されていて、しかも実は悪役。期待した戦闘シーンは最後までなかったけど、収容所内のドラマは見せてくれる。あ~、つまり面白かったと(^_^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Deep Purple

とは、黄昏時の空の色、の意とのこと。オスカーで渡辺謙の陰にすっかり隠れてしまったが、ノミネートされていた「たそがれ清兵衛」。てっきり町人の人情話かと思っていたが、とんでもなかった。原作藤沢周平というだけでも期待してしまうが、見事に応えてくれる作品である。こんな心意気は現代ではとんと見られなくなったが、やはり日本文化の土台にあるものだと思う。
宮沢りえがこれまた好演。彼女というと貴乃花との破局会見が刷り込まれていたのだが、女優として再認識。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Just


自分でキリ番取ってどうする(゜_゜)\バキ。まぁせっかくなので。ちなみに何度かプロバイダ変更したこともあって、本当はこれよりもう少し多いはず(^_^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCCD Again

ここここで作り手からの見解が表明されている。作り手も聞き手も、原音再生を最大の目的としているのだから、それをないがしろにするCCCDはやはり許容できない。むしろ今やDVDと比較して割高感のある価格を抑えた方が、よほど違法コピー防止になると思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Independence Day

20世紀フォックスのさらしもの感さえあるID4。何度も廉価版DVDの目玉にされ、ついにオマケ扱いで2枚組みにセットされてしまった。ストーリー的には娯楽作としてはそこそこ楽しめるし、PowerBookが登場するので好感の持てる作品ではある。
最近気づいたのだけれど、レンタル版は4:3LB、(現在の)セル版は16:9という違いがある。4:3LBはワイド画面で見るとき、都度画面位置調整をしないと字幕が隠れるという不便があるのだ。どうせなら16:9が欲しいと思っていたところ、ブックオフで半額売切品に遭遇、即確保。\950也。
タイタニックも4:3LBなのである。16:9で再販されることを切望する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zero

利根用の艦載機の製作。ピットロードのデカールを使い、日の丸が白枠付きになる。かなり精密感が上がる。フロートの赤線は省略するつもりだったが、勢いで挑戦。しかし、水でのせているだけなので、すぐに剥がれる可能性大。
段取りの手違いで、プロペラにひねりを入れられず(--;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wiring

利根建造はいよいよ佳境に。張り線は目と神経に過酷な作業。一気に終えたかったが、限界を感じ途中で順延。
艦載機の生産も残っているが、それはぼちぼち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

It's Over

田代・かぐら・みつまたでのスキーは、連日快晴無風に恵まれ、十分に堪能。悲しいかな、これが今シーズンの最後。来月かぐらファイナルに行く予定だけど、これは雪質は望めず、儀式的なもの。今シーズンは前半に滑ることができず、とても短いシーズンなのであった(涙)。
田代の駐車場ではauは圏外だった。ゲレンデは圏内なのに、これでは片手落ち(--;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Spring


利根第一次艤装終了。このあと張り線してつや消しクリアがけして、仕上げの艤装をして、艦載機を搭載すれば完成。実はここからが長い。
明日からシーズンの終わりを名残惜しみつつ、かぐらでスキー。来月のゲレンデ営業終了時に行って今シーズンは終わり。う~ん、さびしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Love Goes On

首相の靖国参拝に違憲判決。首相の主張は十分わかるものの、お忍びで参拝する配慮はないし、首相である以上、私人と宣言しても私人と認められないことが多々あるのはやむを得まい。先日の週刊誌販売差し止めも、政治家は私人ではないと判断されたはず。ましてや、今までの日本では、どんなに説明しても、靖国参拝の意味を中国や韓国に理解させることはできまい。そこのところを曖昧なままにするから、何度も同じことを繰り返すのだ。

Dreams Come Trueの未来予想図IIを聞きたくて、ブックオフでLove Goes Onを買う。\250也。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Peer Gynt

J-WAVEのMorning Classicsで、しばしば聞き覚えのある曲が流れる。へ~、これが曲名か、とわかるとCDが欲しくなる。で、今回はこれ。GriegのPeer Gynt、\1,200也。中古ではない、念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Disappointed

8耐で阪神タイガースの看板を背負うのは桜井ホンダだとか。このオチには失望。まだウルトラマンの方が夢がある。カウルに名前が入れば参戦か?。芸能人が率いるチームの方がよほど心意気を感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tigers

オートバイの祭典といえば鈴鹿8耐。今年は阪神ライディングスクールならぬ阪神タイガースが参戦するらしい。予選を通るのか、通れるだけのチームを札束で作るのか、その辺は定かではないが、今もそれだけ注目されるイベントであることは確からしい。
今年はどんなドラマを見せてくれるのか、楽しみ~。でも、やっぱりKawasakiに表彰台に上がって欲しい!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TONE

プラモは今も利根製作中。一回目の塗装を終え艤装段階だが、未塗装のパーツがまだある。グレードアップパーツとのリプレイスや、エッチングパーツにより未使用となるパーツを選別したり、パーティングラインを処理したりで、ようやく塗装に取りかかれる状態になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Palm

PDAのWorkPad c3はMacとシンクロできる建前だが、シリアル接続である。USB-Serial変換器でUSB接続は可能になったが、シンクロアプリであるPalm Desktopの動作環境がOS9で、Classic環境ではうまくいかず、あきらめていた。
ところが、たまたまPalm DesktopのOSX版を発見し、さっそくダウンロード。ようやくシンクロできるようになった。これで、シンクロのためだけに延命していたPowerMac8100はその使命を終えた。
しかし、このWorkPad、どうも日本語入力が調子悪いのである(--;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

April Fool

買っちまったい、G5Dual2GHz!

なんてことを言ってみたかった(゜_゜)\バキ。次のG5は十分購入対象だと思い、期待していた2月はおろか、未だに発表されず、どうもキャンペーン状況からして、6月まではなさそう(--;。Single1.6GHzで妥協するのも手かと思ってしまう今日この頃。でも格安感がないまま2ヶ月後に旧モデル化してしまうのも悔しいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »