« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

Challenge


一回目は負け。目標アイテムは果たして手にはいるのか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

New Partner


先日の買い物はこれのため。iBookG4/800refurbished。お値打ち感の高さに負けた。
Appleマークが光るせいか、クラムシェルと上下が逆。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Separate Ways

昨日の話題はおいといて。
やはり試聴して買う気になった。\1,785也。輸入規制の暁には国内盤さえこの価格はありえなくなるかも。価値を認めれば対価を払うのは当たり前。現状売り上げが落ちるのは、その辺を考えていないからではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Coming Soon

急遽必要になり買ってきた。わくわく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

It's Show Time

碁を覚えたいと思っている、思い始めて久しい。まだまともに打てないが、思いに変わりはない。日曜午後は国営放送で囲碁講座と選手権トーナメントを放送しているが、これもわかるような顔をして見ている。
昨年、このトーナメントの司会をしていた女流棋士が女流タイトルホルダーとなり、今日は対局者としてこのトーナメントに出場した。もうこれ目当てで放映を楽しみにしていたのだが、その解説者が、何年ぶりかでの解説という偉大な棋士だった。その解説が面白いのなんの。「秒読みが早い」だの「二手続けて打てば形勢逆転」だの、囲碁番組を見て笑い転げたのは初めての経験。
録画しておいたので、せっかくだからDVDに焼いて保存版にした(^_^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Australia


ふと気がつくと、財布にこんなものが入っていた(ブースカではない)。色は10円硬貨、大きさは50円硬貨そっくり。手渡されたとは思えないので、おそらく自販機にあったのだろう。
この絵柄、なんとエリマキトカゲ。なんか嘘くさいのでネット検索してみたらあった。2オーストラリアセント硬貨だった。オーストラリアの硬貨の絵柄は動物園のようなのだそうだ。
試しに自販機に入れてみたら、はねられたのはいうまでもない。まぁこの程度では腹も立たないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fight on the water

競艇場初体験。公営ギャンブルとかかわったのがそもそも初めて。もともと博打を打てない我が身であるが、立地が近かったのでなんとなく興味を持っただけ。
競馬場に家族連れが多いとは聞いていたが、競艇場でもちらほらみかけたし、若いカップルや女性同士も。場内は小ぎれいで営業努力しているなぁと。天気がよかったので、水辺であることも予想外に気持ちよかったのである。
実際のレースは迫力満点。キャッチフレーズである「水上の格闘技」とはよく言ったもんで、これは見ないとわからないもの。で、\100でも舟券を買えば、見る方も気合いが入る(゜_゜)\バキ。
もちろん、水面の状態やらボートの状態やらレーサーの戦績なんかわからないわけで、枠色で買ったって、ビギナーズラックはなかったのだけど。季候がよければ手軽なレジャーと再認識。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Congraturations

女子バレー、アテネ出場決定!。近年は見ていても感情移入が容易なのである<意味不明(゜_゜)\バキ。大友~!、栗原~!、高橋~!、大山~!、杉山~!。
男子も奮起して欲しいものだが、さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Imported

坂本龍一氏のお説ごもっとも。私も輸入盤の恩恵にあずかっている一人。それよりなによりミュージシャンの主張をないがしろにしているところが本末転倒であろう。
それ以上に注目したのが最後の一節。これはまさにiTunes Storeに代表されるネット配信を予見しているに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Completed

安い中古を探していたけれど、なかなか見つからなかったし、あっても妙に高かった。内容がベストアルバムなので、探す目的は一つ、これで既発売のアルバムが全部(のはず)揃うという、コレクター精神だけ。ようやくブックオフで遭遇、\750也。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Honkin' on Bobo

仕事場の近所のCDショップには何台か試聴機があって、これで新譜を聴くのが昼休みの楽しみだったりする。で、しばしば店の術中にはまるわけだが、今日も見事にはまる。のっけからカッコいい音がほとばしり出る。ギターが、ベースが、ドラムが自己主張してる上に、あのヴォーカルが被さる。自然にからだがリズムを取り始める。かと思うと渋いブルースを奏でたり。おじさんはこういう音作りに弱いのだ。
輸入盤\1,780也。しまった、amazonの方が安いぢゃないか。衝動買いなんてそんなもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pioneer

こんなことがあって、パイオニアのサービス員が二人でやってきた。さすがに一人ではものを動かせないからであろう。ディスプレイの背面パネルをはずして、40cm×30cmぐらいの基板を交換。滅多に見ることができないであろう、内部を拝めたが、結構隙間だらけである。次にメディアレシーバー内の部品交換と半田付けなのだが、ラックから取り出すにはスパゲティ状の配線があるので、人任せにできず自分でやることにした。
作業自体は小一時間で済む。連絡したり、来るのを待機したり、事後の復旧等、まぁ面倒ではあったけれど、メーカーが不具合を公表し対策を講じるのであるから、ありがたいことではある、どこぞの自動車メーカーと違って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »