« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

思案のしどころ

今回の旅打ちでは鳴門行きを予定しているのだけれど、明石を往復する場の無料バスは先着50名限り=1台ということらしい。関西の競艇好きの動向も傾向も皆目わからないので、これが意味する重要性も見当がつかなかったりする。大阪−明石間は\890かかるが乗れなかったらはいそれまでよ。大阪−鳴門の高速バスは往復\5,670かかるが、予約すれば確実に乗れるし、トイレ付きというのも片道2時間にはありがたい。さて、どうしたものか。高速バス代ぐらい場で取り戻す!といえないのが辛いね〜。
予想にまでは至らないけど、尼崎と鳴門の番組表は見ている。戸田も面白そうなのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラチャン覇者

MB記念の原田は、ドリーム戦の時からグラチャン優出を決めた時のようなきらめきが感じられなかったのだ、正直に感じたところでは。でも結果的には平均タイミング08、発順率1.0で優勝戦2着、立派に地元の、ファンの期待に応えたと言えよう。素晴らしいね!。
さて、来週月曜から大阪出張なのだが、この交通費を有効利用しない手はない(笑)ってことで、土曜出発にして尼崎、鳴門に旅打ち予定。残念ながらびわ湖は開催なし、住之江は場外発売なので、明石からの無料バスで鳴門まで遠征することにした。その尼崎、今日初日が台風で中止順延。今節は7日制で順調にいけば5日目を観戦することになる。今節は4日目までの成績で準優シード8艇を決め(シード戦で準優の好枠確保)、5日目までの成績で残り6艇を決める方式。準準優(?)と勝負駆けが見られるぞ!。一方の鳴門は優勝戦を見ることになるが、大村遠征でも見た中村有裕が今節も参戦。優出を期待したい。
が、しかし、来週末は大村や桐生で面白そうなGIがあったり、江戸川一般競争はポイントカードの加算が通常4ポイントのところ20ポイントのボーナス節。旅打ちに代償は必要なのね。
あ〜、それにしても録画して見たチームスプリントを消してしまったのは悔やまれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーターボート記念 最終日

最初に宮島優勝戦。1号艇阿波が6コースから捲り差しを決めたのも束の間、地元北川が差し返して優勝。2着玄馬、両者とも江戸川で走った姿は印象に残っている選手だ。阿波も是非この目で見たいもの。
さて、MB記念最終日。7R1-3-4が寺田へこんで1−4−5はずれ、8R2-4-6が市川ぽしゃって5−6−4はずれ、10R5-2-4が松井全然ダメで1−3−4はずれ、11R2-3-1が濱野谷お話にならず6−1−4はずれ、12R優勝戦5-1-2,5-1-4が田頭転覆寸前で3−6−2はずれ。今SGはGガールのみ楽しんだ一節だった...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の激走

青木治親の勇姿をデビュー戦以来久々に川口の中継で見る。試走タイムはダントツで一番人気、ぶっちぎりの独走で優勝。濡れ路面で大丈夫か、などといらぬ心配をしたが、考えたら雨のGPを戦ってきたんじゃないの。実績は伊達じゃない。
ついでに浜松の中継で森且行も見る。こちらは30ハンデの最後尾スタートで4着。1番車の団子にふさがれなかったら、トップに迫ったのでは、とはこれ素人見の感想。
MB記念最終日は7Rと9Rが面白そう。振り返ってみると熊谷は影が薄かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーターボート記念 5日目

雨らしい雨も降らなくて、涼しくて過ごしやすい週末。出かけるには好条件なれど、江戸川は場外発売だし、のんびりと録画しておいたオリンピックの自転車競技を見る。ケイリンは競輪とは雰囲気が違うのだけれど、それなりに迫力は楽しめた。圧巻はマディソン。250mトラックを200周計50kmを走って競う。この体力は何なんだ。
見終わるとMB記念中継へ。今日は米倉杏紀だ!。予想しつつ見るが、さっぱり当たらない。さて注目の11R、3-1-4,6-1-3-,4-3-5が1−2−3はずれ。12R、1-5,1-6,5-1が4−1はずれ。
さて、明日の優勝戦、辻が有力と思うが、田頭に期待したい。しかし、勢いは鳥飼か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーターボート記念 4日目

昼間の検討ではボーダー6.5とおいたのだけど、これはちょっと高すぎたみたい。10R、森の連勝に賭ける勝負駆けを期待して6-4-2が2−1−4はずれ。12R、瓜生に期待して4-1-5、山崎で押さえて1-4-5も3−1−5はずれ。準優は11Rに注目。大外から一発の平石、インに辻、中から濱野谷と菊地、これを挟んで吉川と今村。あ〜も〜どれを買えばいいんだか。
で、江戸川。10R2-5-1が1−3−4はずれ。11R2-1-5が1−2−6はずれ。12R3-5-1が3−2−4はずれ。出畑優勝おめでとう!。
こんなの買った。古本屋で\105。
k.jpg
ちょっと古いけど、本質は変わらないと思うので。なかなか勉強になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーターボート記念 3日目

12R、展示を見て2-4-6、江戸川ホームでは濱野谷をはずすわけにはいかないので1-2-4の二点買い。結果、1−5−6はずれ。気がつくと、もう明日は4日目、準優出の勝負駆けだ。勝率の計算に忙しくなりそう。出走表に表示してくれると助かるんだけど。
かたや、気がつくと江戸川は明日が優勝戦。もう願望で、3出畑−5渡辺−1眞田の一点買い。ついでに10Rは2本橋−5井芹−1川合、11Rは2高橋−1竹上−5片山。一つでも当たったら、ほめてやってくださいませ。
宮島の阿波、玄馬も気になってる。
関係ないけど、競輪ネット投票の手続きをした。ログインのテストをしたら、いきなり三回はねられてログイン不可になった。競艇ネット投票に比べて IDもパスワードも3個必要で非常に使い勝手が悪い。あげくのはて、原資の入金指示は有料。競輪への道は険しい。昨日のオリンピックは録画したまままだ見てないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Study

元気のいいJAZZを聞きたくなった。そういえばハードバップってのがあった。Clifford Brownが有名だった記憶がある。ので買ってみた。ハードロックとは意味が違ったみたいだが、トランペットが歌ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーターボート記念 2日目

田頭の勝利者インタビュー「スタートでいい枠の人が悪い枠の自分に譲ってくれると、いい仕事をしなければと思う」。なんか職人気質を感じるというか、新鮮な驚きを覚える言葉だった。
11R、展示で速く見えた森に期待して3-5-6。やはり吉川は強かった2−1−6。12R、さりげなく速く見えた西村から6-1-4。原田の気合いが上回って1−2−6。どちらも二着の選手を知らない私の未熟さを露呈か。
江戸川は渡辺千草の快進撃が小休止。森岡真希がようやく二着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーターボート記念 初日

ドリーム戦、濱野谷が捲るすきに原田か辻が差すか、とか私が知らない吉川が抜け出すのかとか、考えがさっぱりまとまらなかったけど、山崎はドリーム戦に勝てないし、1号艇1枠上瀧にすんなり勝たせたくないという、感情的な予想で5-4-1,2-5-1が1−3−2。ん〜、仕方ないのかな。
江戸川一般競争12R、渡辺千草が一着。これはもしかするともしかするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大村 一般戦 最終日

大村の優勝戦、中村と三角で一二着は固いと思っていたら、02スタートの1号艇1コース中村が四着、三角が辛うじて三着という結果。総じて今日の大村は万舟が連発したようで、競艇の難しさを思い知らされる。
かたや江戸川一般競争では3Rに10万の高配当。狙って取れるものではないだろうけど、一度は取ってみたいもの。
最近の自分を省みると、連日出走表から予想して、その節の有力選手を見極めようとする狙いはよかったと思うのだが、無意識に出走表の実績重視の予想になっていた気がする。その結果、本命筋しか的中していなくて、いざ場に足を運ぶと、本命筋に目がいく一方で、中穴程度の配当を期待してオッズを見て予想を最終決定していたのではないかと。展示重視なんていいながら、展示から感じるものを見逃していたのではないかと。ボックス買いや流し買いをしない、二点買いにおいて、これは致命的だったかなぁと、つまり当てたいのは当然として、当てることに固執するようになってしまって、平常心を失ったのではないかと、斯様に反省する次第。
では、元の気構えに戻れるかというと、知ってしまった功罪で、難しいかも知れないね。そんな気持ちを抱きつつ、明日からMB記念を迎えるのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 一般競争 初日

大村から帰る早々行くのもなにかなとは思ったけど、来週はMB記念場外だし、来節は由あって行けないので、とりあえず行っておこうかと。が、結局7Rまで買って全てはずれ。今までがビギナーズラックであったならば、それは否定しないけど、とりあえずどうもここのところ流れが悪いので、8R以降を捨てて退却。ここらで冷却期間をおくのもいいかも知れない、競艇に冷めるよりは。
いきがかり上、明日の大村最終日は要チェックだね。
見逃し録画し逃しのアテネ自転車チームスプリント、たまたま再放送を録画できた。メダル獲得もさることながら、競技の迫力に圧倒される。次はケイリンだ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大村 一般戦2日目

そんなにのんびりしたつもりはなかったけど、場についたらすでに1Rスタ展が始まっていた。じたばたしても仕方ないので、BoatBoyのクーポンを使ってロイヤル席へ。いやぁ、江戸川のエグゼに比べたらかなり快適。ついつい八レースも中で見てしまった。しかし、快適な思いと裏腹に、舟券は全てはずれ。く〜。
極めつけはペアボートに応募して、残り一人に確率1/2の三角くじまではずす。泣けるね〜。飛行機の時間もあったので、若松ナイター場外4Rだけ買うもはずれ。
ってことで帰着。いい思い出ができたことは断言できる!。もっといい思い出にしたかったけど...詳細は改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大村 一般戦1日目

はるばる来たぜ大村。場についたら4Rスタ展。場内探索もしなくちゃならないから、これは見送り。中村有裕がでる4Rから始める。1=4-2で4−1−2当たり\1,360。幸先いいぞ!、と意気込むもその後ははずれ。旅打ちに行って全敗だけは避けたかったのでよしとする。全レース終わって16:00過ぎは、宿に行くにはまだ早いので、リレー開催の若松ナイター場外でちょっと遊ぶことに。1〜3Rが6がらみなのでなんかいい感じ。しかし、感じだけで4,5Rと買ったけどはずれ。この辺が潮時と切り上げる。
しかし、うまく当てると遠征費ぐらい出るんだよね。と思って欲かくとはずれるんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三途競艇

競艇好きなら押さえておきたい漫画「モンキーターン」。原作も揃えておきたいが、今は旬なのか古本でも高めなので、これはほとぼりが冷めた頃に揃えることにして、もうしばらくはアニメで楽しむつもり。公営競技がテーマの漫画の一つで競輪テーマの「ギャンブルレーサー」はかなり前から知っていて、数巻は持っていたのだけど、これにはしばしば競艇シーンが登場する。この単行本第3巻に収録されている第29話で、地獄で開催されている三途競艇の描写がある。これが手漕ぎの舟で競われ、大時計は砂時計、審判員は閻魔大王、とまぁよくぞ考えついたと思えるほど見事で、競艇を知るとその本当の面白さがわかった気がする。
それにしても18日の平和島優勝戦不成立には驚いた。江戸川の中止打ち切りの比じゃないね。
さて、いよいよ明日から大村に旅打ち出陣!。今日は台風で中止順延だったけど、明日からの予報はそこそこよいようで。三角、中村、乙津、汐崎に期待か。いやいや、蓋を開けてみないとわからないのが競艇、とりあえず展示ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「さぁ7R、ここからが私の時間」

江戸川競艇場の予想屋の中で、一、二を争う(と思う)ぐらい目立つのがデーター社だ。何しろよく通る声で「この頭から高配当〜」「一枚余計に買いな〜」と叫ぶ。それにつられて見に行ったら、わりと若手で、同世代と思しきキヌタや勝艇社と仲がいいらしい。展示データの放送が終わると、各選手の特徴や、スタートから1マーク攻防までを解説してから予想を売り始める。もちろん予想に直結するようなことは一切漏らさないけれど、その情報だけでも十分参考になるし、勉強させてもらってる。荒れた水面の得手不得手なんて全く知らないわけだし。だから授業料のつもりで、一レースは必ず買うことにしてるのね。
さて、予想を売るときには枕詞があって、「よろしかったらこの一枚」と言いつつ「おまかせ特報」「頭不動」「勝負」「穴レース」等のタイトルを頭上のボードに表示する。なんとなく意味がわかるようなわからないような、一種の自信度表示みたいなもんかな。「穴レース」の時は「穴党の人だけいらっしゃい」と潔い。けど、その前口上が「俺が捲らせてやろうじゃないか」では、私の願望予想みたいじゃないの。もちろんそれなりの展開予想はあるんだろうけどさ。
予想が的中すれば、頭上のボードに的中の表示をして、ただでさえ通る声のテンションが上がってくる。連続的中しようものなら、もういけいけ状態。聞いてるだけで元気が出てくること請け合いだ。それはさておき、なにしろ予想を売らなきゃならないわけで、売り口上もいろいろある。展示重視の私には「朝練で見つけたこの男」という売り文句は魅力的、一般的には予想は前夜の内に固めているらしいけど。かと思えば「朝のレース見ろよ」「今度はメンバーが違うんだよ」「今度は賞金が高いんだよ」「この予想見て驚くなよ」とまぁ我々の不安を思いっきり煽ってくれる。実際買ってみると、言ってることと違うじゃないかぁってことも少なくないんだけど、買った予想は人には見せない不文律?もあるわけで、それが当たればいいんだから別に誰も文句は言わないわけだ。それにしても、責任はないけど、当てなきゃ誰も買ってくれなくなるから、シビアな商売なんだろうねぇ。
データー社は雷が大の苦手らしい。いつぞやは遠雷が聞こえて営業放棄する宣言していたくらい。そんなデーター社に、私は場で元気を分けてもらってると思ってる。会話したいなぁとも思うけど、所詮こっちはど素人、知ったかぶりはしたくないし、予想屋としても一般客とは距離を置きたいのではと思ったりもして、なかなか踏み切れない。ただ、先日の大江戸賞最終日に藁にもすがる思いで買ったデーター社の予想で二連単を当てたときは、感謝の気持ちを込めて「お見事でした!」と声をかけたら笑顔を返してくれた。
広島ダービー優勝戦は6−2−1で石田豪が制し、海野は2着。繰り返すけど市川のFが惜しまれる。桁違いの強さじゃないの。まぁ辻も優出できなかったんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三茶南通り商店街の星

今回のモンキーターンVで、笹川賞の裏開催で戸田一般競争の客がまばらという描写にひっかかる。これはSGに行けない選手の心理描写を補足するためのシーンと察するが、裏だろうが一般戦に来る客はそこそこ来ると思う。一般戦の替わりに遠方(設定は蒲郡)のSGまで足を伸ばすファンって、さほど多くないと思うのだが。って、ここまで書いて気づく。SGクラスがいないので遠のく客の数って江戸川の堤防スタンドでは目立たなくても、戸田の巨大スタンドではやはり目立つのかも。
浜岡と萩原ってできちゃうのかな。
宮島の広島ダービー、海野が優出している。期待してしまう。それにしても惜しまれるのは市川哲也のF。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆レース真っ盛り

盆で番組が多いだけに、15日はいろいろなことがあったようで。
福岡10Rは4千番台の選手を集めた特賞レース。江戸川でも一般戦初日1Rに女子レースを組んだのを見たことはあるが、10R特賞ってのは(私は)知らない。オッズは当然割れただろうし、予想のしがいもあるというもの。こういう施行者の茶目っ気、好きである。
常滑では大嶋一也が完全優勝。ベテラン(とは失礼か?)の活躍も、若手と違ってまた感慨深い。
丸亀の優勝戦、ピットアウト時に二艇転覆、出遅れ失格。こんなこともあるのかとびっくり。その瞬間を確認したくてレースダイジェストを録画したけど、省略されていたのが残念。
恒例になりつつある昼休み予想は小休止。最近邪念が多いのか、ストレートな予想ができなくなっている気がするので、こういうインターバルも大事だと自分に言い聞かせて、今週末の大村旅打ちに備える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸賞 最終日

朝からの雨がやまないので、ヤフオクで買ったエグゼ(指定席)のタダ券(ということはタダではない)を使うことにした。到着するとぎりぎり1Rのスタ展に間に合うタイミングだったが、自分で席を選べるとは思えず、とりあえず最前列の窓際に。堤防スタンドからは決して見えないピットが(堤防越しなのでまさに)垣間見えるので、これはこれで新鮮だったのだが、ビールもB級グルメも一般席まで行かないと買えないし、全席禁煙。なにより、ガラス越しでは場にいるのに迫力が伝わらない。無料のソフトドリンクを飲み過ぎて気分まで悪くなってきた。極めつけは昨日から通算十七Rはずして、気力まで萎えてきた。
出入り自由なので気分転換に一般席に降りる。予想屋が救世主に見えたので、データー社の予想を買って6Rを二連単で6-4,3-6と買ったら6−4当たり\3,600。やっぱり堤防スタンドで見てこそ江戸川と改めて実感。
きっぱりエグゼを引き払って、その後はいつもの堤防スタンドでがんばるも、すべてはずれ。優勝戦はスタ展を見ても昨日からの考えは変わらなかったので、5号艇濱野谷が好スタートで絞って4号艇川名の頭を押さえて捲り、その内で1号艇山田のイン逃げを2号艇石渡が差す、あわよくば昨日濱野谷に勝った3号艇中野が食い込むと読み2-5-1,2-5-3と買うも結果は差しも捲りも逃げに届かず、一番人気の1-2-5。それでもウィニングランはやはり感動する。
それよりも感動したのが11R。スタート後の1マーク攻防は、全艇が全速かと見まごうほど、引っかかる艇も目に見えてアジャストする艇もない、迫力満点のもので、純粋に感動してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸賞 5日目

オリンピックが始まったが、残念ながらモーターボートなる競技はない。最近ようやく競技の仕組みがわかった自転車は是非見てみたいが、今日は開会式の再放送もそこそこに場に出向く。
十二Rすべて買ったけどはずれ。一着該当八Rをはじめ、狙いは悪くないのだが詰めが甘い。10Rなんて二連三連すべて一番人気という結果では、当ててもつまらない、ってのも負け惜しみ。
で、明日の優勝戦、石渡の勝ちと見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸賞 4日目

競艇歴3ヶ月の身で言うのも何だけど、SGはやはり多すぎるのではないかと思う。選考基準は違っても、50人も集めればやはり同じ顔ぶれになろうかと。三ヶ月に一回ぐらいだとイベント的に盛り上がるのではないかと。選考基準は勝率、優勝回数、地区代表、賞金にして、ファン投票選出はGIでお祭り性強調。そうすれば自然と各場の一般競争も盛り上がる...なんて興行的にはうまくいかないか。
気がつくと今日は準優出勝負駆けの日。予想は一R返還、一着該当六R、全てはずれ。1R一号艇の江戸川未勝利長田は枠なり進入05スタートだったが2着。さぁ明日こそ場に見参。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸賞 3日目

江戸川で予想をする際、進入予想は無視しうる要因。枠なりは暗黙の了解、展示で動いてもレースでは枠なりってのも多い。それ故展示を見なくても予想しやすいが、これが他場となると、番組表だけで予想したら進入でそれがパー、なんてのも少なくない。競艇は奥深い。
本日の予想、一着該当七R、12R1=3-5で1−3−5当たり、\1,330。
桐生お盆レース、12Rドリーム戦を3-1-6買ってはずれ。山崎って、やっぱり初日は勝てないのか?。

旅打ちに行く大村競艇場のHPを見ると、ロイヤル席しかクロークがないので、一般席用クロークがあるか問い合わせたら、翌日に入り口付近にあるとの回答をいただいた。こういう対応の早さは嬉しいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川競艇場HPリニューアル

多分目玉と思われる動画配信を見ると、GI江戸川大賞の整備長説明会と熊谷直樹の優勝インタビューの聞き手は米倉杏紀ではないか!。嬉しいと同時に、もしかして、何気なく見ていた開会セレモニーの聞き手は誰だったのか、急に不安になったりして。
画的には前検日風景がモンキーターンを地でいっているようで面白い。各コンテンツの最後にTo Be Continuedってあるからには、きっちり更新して欲しいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Security

tamaruさんから得た情報でセキュリティチェックしてみた。しかし最近はどこからか流出してる名簿による?屑メールに辟易している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸賞 2日目

昨日、大江戸賞初日は無事開催と書いたけど、結果表を見ると終わり三Rは二周レースだった。きっとその前何Rかは安定板使用だったに違いない。その江戸川競艇場のオフィシャルサイトが模様替えした。今まで場のHP中、一、二を争うシンプルな構成だったのが、見た目はそれなりになっている。独自の動画配信もある。しか〜し、予想屋紹介がなくなってしまった。あれが一番面白かったのだが。
日々、番組表から予想してはそれを結果と照合しているのだが、レースダイジェストがあれば極力見るようにしている。競り合って連に絡んだ艇、惜しくも絡めなかった艇はダイジェストを見ないとわからない。レースは生もの、過去の実績のみならず、節間の調子が最重要。そういうガッツのある艇を覚えておいて、場で舟券を買うときの参考にすれば、的中率も上がると信じているし、気合いの入り方もまた違ってくるというもの。
で、本日の予想。一着該当四R、ボックス該当四R、返還一R、すべてはずれ。9R濱野谷は捲りきれず、11R山田の捲りと、12R石渡の一周2マーク抜きは見事だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸賞 初日

今日は無事に開催されたようで、HPのPDF出走表一面がカラーの女性には驚き。
さて、地道に予想のみしてみたが、初めてのお盆レースは地元ばかりで予想要因が一つ減る。当地勝率ブランクは4266長田のみ、本日は6号艇なので対象外。結果、一着該当六R、二連単該当二R、三連単11R4-1-2,4-5-3で4−1−2的中\4,460。この調子を保てれば、心安らかに楽しめるのだが。
打っ散りさんからいただいたコメントに心打たれ、MB記念ポスターの1-2-6を優勝戦で買うと幸運の女神に会えるか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Are Go!

目的物は確保したけど、ここまで重複しないと、残り2種もそろえたい。と思うと、多分墓穴掘るのであろう。
過去データを分析するに、一番重いのがMOLE、一番軽いのが意外にも2号。保証しないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Stratcaster

今年はストラト生誕50周年なのだそうな。ふらりと入ったCD屋に、これを記念した赤盤だの青盤だのがあって、その片方が日本のアーティストの曲を集めているのだけれど、四人囃子だの森園勝敏だのが収録されている。懐かしいと同時に、今時知ってる人間どれだけいるのだという、マニアックな感も否めず、ってわかる自分もか。
一緒に並んでいた、高中正義のSurf&Turfと、エディ・ヴァン・ヘイレンの2枚組みベストにはかなりそそられたが、安く買う方法を模索すべく見送り。あ~せこい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デイリースポーツ杯 最終日

JLCで実況していたので、優勝戦をちょっと買ってみる気に。オーシャンカップでも堂々の戦いっぷりだった海野の2号艇を頭にスタ展結果(展示は見逃した)を考慮して2-1-6。結果は1-2-4はずれ。
さー明日からお盆レースの大江戸賞。濱野谷の圧倒的強さは想像に難くないが、それはそれとして楽しもう。石渡、乙津、桑原、伯母、その他これから知ることになる選手にも期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1Rの妙味

一日の始まり、1Rは江戸川の予想屋も気合いが入らないレースなのだが、予想のしがいがあるレースだと思っている。たいていは未勝利の選手が組み合わされ、どんぐりの背比べ的レースで、展開次第では万舟券も出やすいのではないかと思う。だからスタ展の印象から予想するのが自分的にも納得できるのである。
今日は江戸川が中止打ち切りになってしまったので、JLCを見ながらちょっとネット投票一点買いで遊ぶ。徳山1Rをはずして平和島1R。先日江戸川で1号艇1コースから一着を決めた橋谷田が1号艇で1コースを主張。これは期待できるかなと1−3−5で当たり、\3,900。
その後平和島2R、徳山3R、津6R、蒲郡10Rと買うもはずれ。蒲郡は4-2-5が4−2−6万舟だった悔しい結果。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さわやか杯 最終日も中止

江戸川開催日はテレ東のレースガイドをチェックするのが必須となってしまった。まぁ遠路はるばる来る客もいるだろうから、朝の8時には開催の適否を判断せざるを得ないんだろうけど、裏目ることもあるんだろうなぁ。
明日は次節の前検日。従って順延不可。気になるのは優勝賞金。召し上げか棚ぼたか。そして今日はどうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さわやか杯 3日目

6日3R以降中止順延だったが、7日も強風高波浪で中止。なんと8日は3日目なしで最終日になるそうな。優勝戦は絶好調の汐崎が1号艇だが、中二日空いたことがどう影響するか。
しかし、8日も中止にならないとは限らないわけで、さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IJN

5個目にして目的物確保。重複1個。まぁまぁね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Next time

これは買う時に重さを吟味して一発的中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これぞ江戸川、それも江戸川

さわやか杯3日目、レース結果をWebで確認したら、3R以降が中止。前節初日も勇んで場に行ったら強風高波浪で中止。4日制でこれでは、あすの最終日、優勝戦は成立するのか?、って素人的疑問。
競艇オフィシャルWEBはようやくオーシャンカップからMB記念に衣替え。しかし、壁紙はあまりに俗っぽい、個人的には好みだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さわやか杯 2日目

一般戦はB2〜A1までが入り乱れてレースをするわけだが、出走表の当地勝率がブランクのB2選手なんかいるわけで。二十歳にもならない江戸川初斡旋の選手である。前節は4190長嶋万記がそうだったが、ゴンロクで迎えた最終日、1R1号艇で一番人気で一着。万舟券には貢献しないけど、江戸川水面での初勝利には拍手を送らずにはいられなかった。次代を担う若い力は応援したいもの。
今節、女子レーサーはいないが、初斡旋が4228吉田慎二郎、4265村上祐次。この二人、四日制と短い今節中に江戸川初勝利を飾れるか。土曜の最終日は、もちろんこの二人頭で舟券買うつもり。
4千番台では、田村隆信に先を越されてしまったけれど、中村有裕はデーター社のお墨付き?でもあり、応援している。
今日の予想は全てはずれ。三艇中二艇該当(的中とは言えない)が九R。
大村行きのチケットを新橋の代理店で確保。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tea Time2

こちらは選べるので、苦労はないけどコスト高。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tea Time

BOSSでNinjaに惨敗した後はこれ。「お~いお茶」の自販機で勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さわやか杯 1日目

身近にして基本の一般戦の始まり。私にとって初の四日制。1日目は3R3-1-5,3-1-6で3−1−5\1,730予想当たり。実データがない状況下では上出来か。しかし、今日も十一レース1号艇がらみ、二連対は十Rで一着二着半々。これが江戸川の常だとしたら、ちょっと面白味に欠ける。というか、予想が安易になりそう。
競艇発祥の地、大村へ初の旅打ち決定。勢いでいろいろ調べると、鳴門や丸亀は、神戸や岡山から橋経由で行く方が効率的なんて発見も。あぁ、これまたハマる前兆か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑中閑あり

久しぶりに、昼休みの予想をしない日だった。しかし、世の中は何事もなくモルツビール杯だのJLC杯だのやっているのが現実。あ〜、米倉杏紀には、次いつ会える?<なんのこっちゃ。
先日、2003年ダービーのプレイバックを見たのだけれど、さすがSGたる気迫を感じた。もちろん、もっと名レースと呼ばれるものはあるのだろうけど、今まで見た中では秀逸だった。一般戦の意外性はおもしろいけれど、いつも同じ顔ぶれ、と思いかけていたSGもやはりそれなりの格があるのだなぁと。
馬知らずでもハルウララぐらいは知っている。引退はそれなりに厳かに送ってやって欲しいもの。
初旅打ち計画、着々進行中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーシャンカップ 最終日

10R、2=4-3が1−6−5。このはずし方が一番悲しかったりして。11R、3=4-1で3−5−1はずれ。今垣よぉ、こんな時にがんばるなんて。12R、3-1-4,3-1-5で4−2−5はずれ。山崎、やっぱり信用しきれない。田村の捲りは見事だったけど、一瞬Fかと思った。
ってことで次のSG、MB記念まではお盆レースを挟んだ落ち着いた時期かと。江戸川は水曜から四日制の一般戦、とりあえずはこれに注力。ひそかにお盆明けの初旅打ちを画策中。
一般紙にも記事になっていたけれど、青木治親は五厘刈りでレースに臨んだとか。プライドをかなぐり捨てた、この姿勢には脱帽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーシャンカップ 5日目

偶然知ったのだが、今日の川口オートで元GPチャンプ青木治親がデビュー戦、4Rで一着。個人的には森且行より感慨深いものがある。
閑話休題。8R3=6,4-6はずれ。10R2-3,2-4、11R2-3,2-5返還。12R3-1-4,3-2-4,3-6-4はずれ。山崎はやる時やるんだかやらないんだか。はい、私が悪うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »