« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

うまたせ

この季節、テレビは特番ばかりで見るものがない。ので、昨夜、MXTVのTCKを見ていた。東京杯(GII)なる格の高いレースらしい。騎乗、武豊?。へ〜、なんか江戸川一般戦に行ったら山崎智也が出ていた気分(注:競馬知らずの戯れ言)。ならマイネルセレクトが一着ね、せっかく三連単があるから、買うならーカセギガシラーエビスファイターかな(注:競馬知らずなので名前で選ぶ)。あ、やっぱりマイネルセレクトが勝った。二着以下は固い決着だったみたい。
で、今日も見ていたらカイジンクンとかダイタクリムジンとか、気になる名前(注:馬ではない)がでてくる。そして三連単の配当は60万(注:だったかな?)とか100万とか、三連単の醍醐味十分。
というわけで?、SPAT4電当会員申し込んでみることにした。けど、これも口座新規開設なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こらあかん

オートレースの電当申込書類が届いた。決済口座はみずほかりそなのつもりだった(ひらがなばかりで読みにくい)。と・こ・ろ・が!である。みずほはみずほでも、旧第一勧銀口座しか指定できない。私の口座は旧富士銀。りそなはりそなでも、旧大和銀口座しか指定できない。私の口座は旧あさひ銀。JNBは指定外だし、このために口座開設するのも億劫。これは見送るかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 日刊スポーツ杯 最終日

優勝戦。枠なり進入から逃げを決めた1森に3星野、4吉本が追走。1周2マーク、3,4が競り合う内を6繁野谷が差して1−6−3。終わってみると、もっともな展開。予想できない難しさ。あぁ。
丸亀京極賞優勝戦。3木村が1枠奪取で逃げ切る。中村は2着3着。
馬には手を出していないけど、高崎競馬廃止報道は競艇にもあり得ることかと厳粛に受け止める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 日刊スポーツ杯 5日目

準優のない6日制の5日目。1と2の連対率がやけに高かった本日。星野が勝負駆け成功で1着。今節好調は森秋光。ぱっとしない印象だった繁野谷も優出。明日優勝戦は3星野ー1森ー2小松/5伊藤と予想。繁野谷は4着かな。
丸亀京極賞では中村が1着二本。ちょっと遅かったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸亀 京極賞 4日目

天気が雨、自分が風邪気味なので、江戸川へ行くのは断念。
丸亀、勝負駆けの4日目。3中村有裕は一回走りの二着条件。スタ展は125/346。5鳥飼が一着条件。中村の一着を信じて3中村ー5鳥飼ー2瓜生、3中村ー4浅見ー6三嶌。どっこい進入は146/235。中村のスタートはダッシュではトップの.18だったが捲り差したところで浅見に引っかかる。1平尾が逃げ切って1−6−5。中村は4着で準優に一歩届かず。金子龍介が1着2着で滑り込み。
江戸川は人気筋での決着が多かったようで。仕方ないけど、やっぱり盛り上がらなかったろうなぁ。

こんな拙いBlogでも千ヒット突破。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武園 オールスター競輪 最終日

競輪の見方が少しわかってきたこともあって、せっかくのGIも開催されていることだし、チームスプリントトリオを見に、西武園に行くことにした。が、長塚智広は3日目に失格お帰りだったのね。あぁ。さらにさらに、競艇と違って競輪は全員が毎日走るわけでもなかったのね。今日は十文字貴信も吉岡稔真も出ないのね。あぁ。
1R出走直前に到着。建物の色が白っぽいせいか、花月園より明るく感じる。でもGIなのに、投票所が少ないんじゃないだろか。食堂メニューに牛炊があるのに売り切れ。あぁ。西武園には試走を先導する女の子はいないのね。
さて、4Rから買ってみた。最近覚えたのは、ラインを無視しては買えない、ってこと。花月園視察からは格段の進歩?。身の程知らずで三連単を買ったけど、当たらずとも多少はかする。7-9-3/5が2−7−8。5R、6-7-3,3-6-7が9−7−5。7R、7-8-3,9-5-7が5−9−2。8R、5-1-2/7が2−7−6。9Rお話にならず。10R、5-1-3,3-7-5が3−5−7!。
そして決勝。東北ライン1956と関東ライン27を迷って1伏見=9佐藤-3市田が2神山−7後閑−3市田。当たらなければ、どんなに惜しくてもはずれ。でも今日はレースの醍醐味を満喫できた気がする。
それにしても、途中の展開が無に帰しかねないゴールの瞬間は、見慣れてる人には見分けられるみたいだけど、決定のアナウンスまでさっぱりわからなかったのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一押しは誰?

昨日、過去の書き込み参照、なんて書いたけど、これじゃ説明不足。へこんでた時にデーター社にすがって買った舟券が6号艇6枠の三角で捲りを決めて一着だったわけ。
その三角を昨日の優勝戦で買えなかったのは、かつて江戸川で予選圧勝で優出した金子龍介が勝てなかったのを目の当たりにしたから(って別人の話だけど)。そのとき優勝したのが川添英正で、競艇祭も制したことから一目置いている。
で、負け続けつつも、自分自身の中で選手データベースは蓄積されていているのは事実なんだけど、さて、自分はどの選手のファンなんだっけ?、って自問したら、すぐ答えがでなくて、少し考えたら大村、鳴門での活躍を見た中村有裕って宣言したのを思い出した。気になる選手、期待する選手はいっぱいいるんだけど、今あえて誰のファンかと聞かれたら、やはり中村ということになるかな。最初は強いから何でもさまになった山崎智也、次に江戸川で華麗に走った濱野谷憲吾を経てのことだけど。
競艇をたしなむ諸先輩方は、誰がご贔屓選手なのか、それとも特定の選手じゃなくて競艇そのものがご贔屓なのか、ちょっと気になるところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩川 ウェイキーカップ 最終日

JLCのレースダイジェストが始まるのと時を同じくして、激しい雷雨。受信できない。うがぁ〜。
優勝戦は1三角ー5濱村ー4須藤で決着。予想は大はずれだが、三角の優勝には心から拍手。なんといっても三角は私の救世主(過去の書き込み参照)。あぁ海野もだめだったのね。
オフシャルHPではダービーがオープンした。しばらくはこの壁紙で楽しもう。
明日からの飛び石連休。江戸川一般戦も始まるが、小遠征にもいい季節、さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩川 ウェイキーカップ 5日目

初めて見たGI江戸川大賞は、ただただ山崎智也を見ることしか考えていなかったので、誰が出ていたのかとんと印象に残っていなかったし、熊谷の優勝を認識したのもずっとあと。だから多摩川にGIを見に行ったのは前回と違ってすごく意味があるのだけど、では、江戸川で誰を見たのか気になった。江戸川競艇場オフィシャルHPでは過去の出走表PDFファイルを取れるので、早速確認。え、阿波も田頭も須藤も見てたの?、みたいな浦島状態。知らないって恐ろしいというか幸せというか。
さて準優戦。優出を決めたのは三角、西村、熊谷、須藤、濱村、辻。昨日の勝負駆けを決めた辻、熊谷の勢いは伊達じゃなさそう。三角の安定的強さは抜群だが、優勝戦でこける例はいやと言うほど見てきたし。西村須藤は同郷。辻は勢いあるも6号艇。ってことで、予想。進入は枠なり。2=3-1/6。これじゃあ四点買いか。では、インがスタート優勢なら3-1-2。スタート横一線でインがつぶし合うと6-4-2。さて。
面白そうなのは8R。配当のうまみはないだろうけど、1海野ー2吉川ー3斉藤/4市川を期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩川 ウェイキーカップ 4日目

せっかくの連休でもあるし、勝負駆けの4日目を見に行くことにした。早めに家を出たら、1Rスタ展にも間に合った。が、いきなり返還。以後、いつになく真剣に予想したのだけれど、結局はずれ。誰が買うんだ状態の\10万超万舟も見せつけられたけど、今回は冷静さは失わずに済んだようだ。でも、勝負駆けは9Rで終わったと感じたので、10Rの上瀧を見て場を後にした。
考えてみるとGIの観戦は江戸川大賞に続いてまだ2度目。前回はほとんど選手も知らなかったので、今回は記念レーサーを見る意味も多少はわかっているつもり。水面際でとなりのおじさんに話しかけられても、それなりに会話できたりして。
勝負駆けで明暗を分けた辻と海野。届かなかった川添。お話にならなかった新地、玄馬。勢いが出てきた熊谷。強さが光る三角。やっぱり強いのか濱野谷。そして明日の準優は12Rに注目。
Road To The Waterに多摩川を追加しましたので、これもよろしかったらおつきあいくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルメット

今週のモンキーターンVにあった回想シーンは、10年ぐらい前と察せられるが、そのころの競艇はというと(いや、数年前までは)アメフットのようなヘルメットを着用していたはず。ストーリー上、そこまで解説するのは面倒だろうから、それはそれでいいけれど、私が競艇に感じた魅力の一つに、現行のフルフェイス・ヘルメットがあったのは確かである。スピードを極めるモータースポーツらしさを演出しているのは、たとえ安全面を優先したとしても、ヘルメットにあることは紛れもない事実だと思う。それは、形状のみならず、デザインにもあることは言うまでもない。フレアデザインの山崎、クロームメタリックの瓜生、マルボロカラーの今村、濱野谷のグラフィクス、枚挙にいとまはないけれど、個人的に目をひくのはライムグリーンをあしらったデザイン。女子レーサーらしさを演出できるのも、ヘルメットのデザインだ。ヘルメットで舟券買ったこともある(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SMOKING KILLS

オーストラリアの煙草をもらった。「健康を損なうおそれがある」なんて生やさしいもんじゃない。「煙草はあなたを殺す」とある。喫煙の害は認める。それを承知で喫煙している。禁じるつもりがあるなら、一箱、あるいは一本千円ぐらいにすればいいだけ。できないのは利権があるから、ただそれだけだろう。一本千円にすれば、タバコバーが商売として成り立つのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武園 オールスター競輪 2日目

花月園視察で十分と思っていたが、オリンピック以来競輪にも少し興味が湧いた。ただ、うちからだとどこも一時間以上かかるのが面倒(無精?)。グレードレースは混んでいそうだし、テレビ中継もあるので、ここはひとつ、ドリーム戦で手続き済みのネット投票のテストをしてみることに。
とはいえ、選手を知らないから、予想の立てようがない。ので、知っている2吉岡=3伏見=6小嶋のボックスを買うことに。ところが、Mac環境なので安全策のつもりでIEを使って投票したら、何度やっても投票枚数が受け付けられずエラーになる。それがSafariだとあっさりクリア。ようやく買えたと思ったら、はずれた。
Road To The Waterに江戸川を追加しましたので、よろしかったらおつきあいくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Road To The Water

旅打ち(やられ)の記録Road To The Waterを公開しました。よろしかったらおつきあいくださいませ。
Blogのメンテを行ったら、Mac.のIEでは右にあるはずのサイドバーが下になってしまいました。原因と対策がよくわからないんで(なんでこうなるの?)、しばしご容赦くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩川 ウェイキーカップ 2日目

以下の内容なので、いつもと文調を変えます。自戒を込めた、お詫びというか。
短い競艇歴ですが、常々「予想を楽しむ」故のショボ買いを貫いていました。と同時に、負けが一定額に達したら、F休みならぬはずれ休みを自分に課していました。来月にダービーを控え、江戸川であと一日負けると一回目のはずれ休みという、リーチ状態になりました。自分で決めたこととはいえ、ダービーを観戦するだけで終わるのは、あまりに悔しいのです。そこで信念を曲げてしまいました。
はずれ休み近くまで積もった負けを挽回するため、買い方を変えました。一R4艇のボックス買い\2,400。よく考えると、確率的には二連複予想と同じですが。ここ数日のシミュレーションを経て、今日の1R、当たり\10,600。ここでやめればいいものを、愚かにも続けます。2R、\3,850当たり。調子に乗って3R、\2,280当たりなれどマイナス。以後、4〜6Rはずれ。10R、\4,850当たりで若干挽回。通算\5,180のプラスで終えました。
大やけどを負わずに済みましたが、これ、何も予想してないに等しいのではないかと思います。単に当てるだけの手法ではないかと。これって、蛭子買いに近いのかな。自分的にもなんか納得できないので、常用はあえて慎みたいと思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No Interest

「プロ野球という国技には興味がない。サッカーが好き」と公言して久しいのだけど、今回の事態は、プロ野球ファンには申し訳ないが、傍観者としては面白い。選手会の主張が明確に伝わってくる。「たかが選手」といわれ、「個人事業者の集合体」といわれても、屈することなく戦っている。一方、経営者の経営判断を声高に言っている輩、経営努力が何も伝わってこない。そして、もっと伝わってきそうなのにあまり感じられないのが、ファンあっての、といわれている当事者であるファンの主張。これってつまり、ファンも「何球団でもいい」派と「12球団にこだわる」派に二分されているからなのかな?。
スト決行が歴史上の汚点として、報道のトップを飾るのは、平和の証というか、なんとも滑稽ではあるけれど、それはそれとして、私はストを支持するね。そうでもしなきゃ何も変わらないんでしょ。文句なんて誰でも言える。行動と結果が大事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩川 ウェイキーカップ 1日目

新地、川添、北川、三角、玄馬、そして濱野谷、市川、熊谷、列挙するときりがないけど、江戸川で印象深い選手、そしてSGで活躍している選手、様々な顔ぶれで豪華なGIの始まり。特に注目の三角は4R6号艇4コースから1着、川添は6R4号艇5コースから2着と上々の滑り出し。一方、ドリーム戦の濱野谷は1号艇1コースから5着とつまづく。今垣の勢いは続いているか。あ、あと海野の活躍にも期待したい。
JLCによると大村一般戦2R、4−3−5が\325,720で史上四番目の高配当。115番人気で的中3本。投票者は一人だったそうで、もしこの人が1本投票だったら\90万超で高配当記録更新だったとのこと。また、もし3−5−4(だったかな?)だったら的中なしだったとのこと。6桁万舟なんてロマンだね。これが一般戦の醍醐味!。
びわこ一般戦を制した井川の次の斡旋は江戸川次節。繁野谷、池上、森、そして星野あたりとどう絡むか、期待したいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡 ダイヤモンドカップ 最終日

出畑は6着4着と尻すぼみだったけど、まだまだこれからの選手、今後に期待。
さて優勝戦、またも山崎はスタートで遅れる。準優までの勢いはどこに行ったのか。江戸川GIで見た時の、絶大の信頼をおけるあの強さはどこに行ったのか。ここ一番での弱さがここのところ目について仕方がない。で、結果1瓜生ー3田村ー6山田。田村はオーシャンカップがフロックでないことを十分アピールしたと思うし、山田も大江戸賞を制した時に送った拍手に十分応えてくれたと思う。勝てそうで勝てなかった瓜生もきっちり結果を出してくれた。舟券勝ってたらはずしてたけどね。
それにしても江戸川鉄平、SGの舞台ではまだ力不足の感否めず。やはり今後に期待。
オフィシャルHPに掲載されてるダービー観戦ツアー、これはお得、行きたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡 ダイヤモンドカップ 5日目

金子の優出を期待していたのだけど、届かず。出畑は4着1着。優勝戦は1=2−3かなぁと思ってしまうが、それでは何も面白くないし。もう一人の期待(って、江戸川で優勝して印象に残っているだけなのだが)、山田竜一は6号艇。6コースから全速捲り、なんてSGではそうそう決まるまい。夢を買うなら6-3-2とか。1-6-5/2ぐらいだとそこそこの配当期待できるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 報知新聞社杯 最終日

1R、ゴンロクの4170西坂香松(注:女子)が2号艇2コースから1着今節初勝利。この前の長嶋万記も最終日1Rが初勝利だったような。常に6コースの松浦は6R今節初勝利、9R3着。佐竹は2着3着。
優勝戦は3574大神康司が1号艇1コースから逃げ切って優勝、3177宮本紀美が地元の意地?で3着。大神の強さは、大村旅打ち時、レース終了後に若松場外が始まる時のレースで見て印象に残っていた。
気がつけば、明日は福岡ダイヤモンドカップ準優。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡 ダイヤモンドカップ 3日目

12R、5号艇に出畑がいる。進入は12346/5。5−1山崎ー2池田で決まったりすると面白いなぁと思ったら、出畑の捲り差し。決まるか!?と思ったら、SGレーサーはそんなに優しくはなかった。差し場は悪くなかったものの、池田が見事に行く手を阻み、残念ながらここまで。
江戸川では、今日も松浦が9R6コースのスタートで連に絡んで7万近い万舟。10Rも10万近い万舟、4Rも6万近い万舟。こういうのが続くと、さらに平常心を失いそう。佐竹は残念ながら3着4着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 報知新聞社杯 4日目

久しぶりの江戸川の水面で、目にとまった二人。4201佐竹友樹B1埼玉。55311と調子を上げ、今日は6号艇5コースから捲りを決めての一着。3424松浦努A2岡山。今節だけかどうか定かでないが、全レース6コース選択で34332。奇しくも今日は佐竹と同レース共に一回走りで、こちらは残念ながら6コースから6着。
3Rで12万なんて配当を目の当たりにすると、まともな予想ができなくなって、今日も全てはずれ。11Rは配当に期待できそうもなかったので、買わずに引き上げ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 報知新聞社杯 1日目

圧倒的実力を誇る野長瀬が転覆、負傷帰郷してしまった。本心は斡旋拒否したかったのでは、などと勘ぐってもしまうが、それはそれ。大本命がいなくなった分、今後のレースで高配当を期待したい。順延がなければ4日目勝負駆けが日曜、と思ったら、準優制じゃないのね。
注目は大神、高沖。いぶし銀の加藤、陶山、角川も侮りがたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大村 海の王者決定戦 最終日

そんなこんなで東京に帰着。いろいろあったけど、何も影響がなかったのはラッキー。そのラッキーの何分の一かでも舟券に反映したかったのだけど。
大村優勝戦は市川を軸に予想したのに結果は2−3−1。今垣のってるか。
蒲郡初日ドリーム戦、2-1=4が2−6−3はずれ。直感もあてにならないもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大村 海の王者決定戦 最終日

旅打ち兼出張は、台風と地震のオンパレードだったが、直接的影響なし、ラッキーだった。
大村優勝戦12R、進入1523「46、市川を見込んで4-1-2,4-1-6と予想。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴門 オロナミンCカップ 最終日

旅打ち二日目。大阪から鳴門までの高速バスは所要二時間も景色を見ていて退屈せず。高速鳴門バス停直前で水面が見えるといやが上にも気分は高まる。
場はスタンド下がやたらと広い。水面は高いフェンスに囲まれているせいかやけに狭く感じる。さっそく評判の天ぷらを賞味している内に1Rスタ展が始まる。その後は指定席と水面際を行ったり来たり。で、12Rすべてはずれ。どんなに惜しくてもはずれははずれ。旅打ち先での連続的中は早くも途絶える。
優勝戦は中村有裕が決める。はずしはしたが、中村のウィニングランを見ることができたので満足。SG取るまで、優出の中村は買うぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尼崎 琴浦賞 5日目

旅打ち初日、尼崎。平和島を一回り小さくした感じのメインスタンドがある小ぎれいな場。場内を一通り巡ったあと、BoatBoyのクーポンを使って指定席に入り名物多幸焼き\100をつまみつつ4Rから投票。準優出をかけた勝負駆けが続くが、読み切れずにレースは進む。ついつい居心地がよかったので長居してしまったが、9Rから水面際で観戦。尼崎はピットの様子もよく見えるのでなかなか新鮮。その9R、2-1-4,2-1-5で5号艇新地ががんばってくれて2−1−5当たり、\3,120。旅打ち先で万舟は無理でも、一R当てることは継続中。天気もどうにか保ったのは幸い。
あ、尼崎ではキャラクターグッズを販売していた。センプル君の携帯ストラップはかわいくなかったので買わなかったけど。
一方、江戸川一般戦9R、なんと3着が同着で当たりが二本。実際にこういうこともあるんだね。それにしても旅打ちして感じるのは、江戸川の観客は行儀が悪いというか、場にごみが散乱しているなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海の王者決定戦 2日目

個人的に注目した12R男女ガチンコドリーム。一周目1マークで2号艇寺田が転覆、スタートで1号艇今村がF。一気に興醒め。6海野ー3市川ー5中嶋-4日高のままレース終了。このレースに限らず、転覆失格はやむを得ないとしても、救助艇が出るからその次点で順位が決まるというのはなんともつまらないものだ。
赤城雷神杯では昨日のドリーム戦で吉川がF、今日12Rで仲口が転覆。仕方ないとはいえ、盛り下がるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤城雷神杯 初日

桐生GIに大村GI 、江戸川一般戦が初日、旅打ち先の尼崎に鳴門、女子リーグの戸田ともうどこを見ればいいのってとっちらかってる状態。その中で実況を見ていた桐生12R、地元で4江口-3橋本-1山崎と買うと 1山崎ー2濱野谷ー4江口-5-3-6ではずれ。濱野谷を切ったのは仕方ないとしても、ここんとこず〜〜〜っとドリーム戦で裏切られた山崎、やっぱり地元では強いのか。
明日の大村12R、男女ガチンコドリームは個人的に注目。
テレビ埼玉で毎晩放送している番組「BACHプラザ」(ばっはぷらざ、と読む)。バロック音楽とは全く関係なく、Boat,Auto,Cycle,Horseの頭文字ね。埼玉県内の公営競技のダイジェスト番組。で、次の土曜9/4は青木治親がゲスト出演するらしい。旅打ち遠征中なので、録画予約しなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思案の結果

滅多に行けない旅打ち、やはり確実かつ快適に移動すべきと思い、鳴門往復の高速バスを予約。したら、週末の空模様が怪しい。く〜。
各競艇場にはキャラクターがいるけれど、私の知る限り、キャラクターグッズというのは発売されていない。唯一あるのは選手紹介等で選手が投げるぬいぐるみ。レースに勝ってインタビューを受ける選手だけが手に入れられる、貴重なものなのか、やっぱり。携帯ストラップぐらい売ればいいと思うのは私だけなのかな。ちなみに江戸川はうさぎのラリーとかめのバディ。でも、私が好きなのは尼崎のかえるのセンプル君と平和島のくじら(名称不明)。福岡のキャラクター募集、密かに応募してみようと思っていたら、すでに締め切り。あ〜。
平和島初日12R、枠なり進入で三角が抜け出して3-1-4と予想するも4−5−1。金子を甘く見すぎたか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »