« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

びわこ 秩父宮妃記念杯 1日目

競艇も競輪も(オートも?競馬も?)6枠は不遇である。しかし、私の好きな色は緑。競艇や競輪のなんたるかも知らずに場に行った時、緑の6を頭に女子レーサーををからめたりして舟券や車券を買って、あたらないむずかしいと嘆いたものである。捲りの波多野憲司はフィクションとしても阿波勝哉なんかが勝つと無性に嬉しかったりする。まぁ競艇に関しては進入次第で6号艇もインを取るけれど、実質進入固定の江戸川ではやはり6号艇は不遇のまま。
びわこ12Rドリーム戦、1守田-2仲口ー6魚谷で決着かに見えた3周目2M、仲口がつっぱりきって2−1−6。5中村有裕は4倉谷との接戦を制して4着。山室は妨害失格。
平和島12R選抜戦、当地勝率7.92の小野は1藤丸に3秒近い大差をつけられて2着。柾田は1着5着。
岸和田GIIは市田、荒井が決勝へ。鈴木、十文字、會田は届かず。名前が偏っているのは、それしか選手を知らないから。
川口市営、青木治親は初日6着昨日2着。そろそろ常勝とはいかなくなってきたか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・ピスタ新橋

チャレンジカップが終わり、賞金王まではネタ切れになるかも?。
江戸川の次節は12/1からのJLC杯。今日はラリーズクラブからカレンダー引換ハガキが届いた。これってJLCがくれるのと同じかな(申込済)。ハガキに入場券付きポイントカード点増しは、やはり行かねばなるまいか。
先送りしても仕方ないので、ラ・ピスタ新橋に会員証を取りに行った。受付の壁面を見ると、12/4から車券は一口\100からに変更とある(現状\200)。確認してみたら、合計\1,000以上の縛りはなく、\100でも買えるとか。HPに告知はないけれど、私のようなショボ買いでも利用可能ということになる。ネット投票なら原資の振替手数料だけで済むところを、交通費を払って行く価値があるかといえば、最寄りの競輪場よりは近いのと、やはり賭場ならではの雰囲気を楽しめることを考えれば、たまには利用してみたいと思う。で、もらった会員証のテストを兼ねて?、入場してみたら、出走表はちゃんとあった。出入り自由、飲食物持ち込み(たぶん)可ならそこそこ楽しめそうだけど、週末だと椅子には座れないかも。当日空きがあれば、一般会員でも指定席利用可ということだが、\3,000はちと高い。会員なら今は一般席は予約なしでも入れるけど、混雑時は予約優先で入場制限するそうだ。会費半額キャンペーンは明日までだが、明日ネット申込まで有効かは不明。
多摩川競艇場と東京競馬場は徒歩圏と初めて知った愚かな私に競馬場デビューはあるのか?。明日のびわこGIIドリーム戦はおもしろそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

児島 チャレンジカップ 最終日

優勝戦は枠なり進入で角受け4田村が差し抜けて1着。濱野谷2着、松井を抑えた山崎が3着で4−3−1。その山崎はまたもスタートどか遅れ。ドリーム戦も優勝戦も、この山崎が刷り込まれた感じ。最近なんとなく勢いを感じさせる今垣は5着に終わる。
ぎりぎりまで考えていたわけではないのだけれど、ネット投票を始めたら締め切り間近。さんざん待ち画面表示の末、時間切れエラー。結果オーライだったのは喜んでいいのか悪いのか。中村は1着で終える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

児島 チャレンジカップ 5日目

午前中、スカパー282chで岐阜競輪若鮎賞を見ながらネット投票を五Rほど。そのうち、もう十分と思ったのあの味が、また恋しくなって一之江二郎を食べに行く。満腹になると同時にもう十分と思ったが、また同じことを繰り返すだろう。その足で江戸川場外に行こうか迷ったが、徳増が出るのは11Rで少し間があるし、満腹のせいか家でごろごろJLCを見ても同じかと今日は帰ることにした。
準優を終えて明日の優勝戦1号艇は山崎智也。笹川賞、グラチャン、オーシャンカップ、ダービーに続く今年5回目の優出。今まで優勝がなかったのが、最近の山崎の印象が薄い一因だったかも知れない。
...って、なんか文調がちょっとラリーズクラブさん風。でも、行動力では足元にも及ばない。徳増は準優6着敗退。中村は1着6着、海野は6着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

児島 チャレンジカップ 4日目

ネットで申し込んでおいたラ・ピスタ新橋に入会手続きに行った。ふ〜ん、今時顔写真はデジカメで撮るのね、なんてうちに手続き終了。「会員証の発行は二日後になります」って、また来るのかよ〜、と思ったが、皆来たいから入会するのであって、とりあえず入会の私が特別なのね。申込書類提示で入場できるということなので、場内視察。フロアは思ったより狭い。食事場所はなく、飲食販売も寂しい。本場の場外発売とはかなり雰囲気が違う。まぁ、場所の性格上、こんなもんなんだろう。出走表の配布がない気がしたのだが、はて。
児島では徳増は尻すぼみだったが、準優出。中村は5着で準優出ならず。海野は3着4着で一回希望賞除。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

児島 チャレンジカップ 3日目

今節の女子レーサーは海野ひとり。勝負の世界なので、仕方ないとは思うけど、レースを終えて宿舎に戻って、女子ひとりで過ごすのって、なんかすごく寂しそうだと思う。もちろん、海野はこれが初めてではないし、勝負の世界での振る舞いも身につけているとは思うけど。海野も周りの選手も、性別を意識しないさせないつきあい方を心得ているのだろうけど、やっぱり素人は心配してしまうのね。もっとも、女子レーサーが二人だけの時、必ずしも仲のよい二人とは限らないわけで。まぁいらぬ心配とは思うけど、ちょっと気になったもので、はい。
徳増は1着で得点率トップに。中村は3着二本、海野は2着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

児島 チャレンジカップ 2日目

競艇をテーマに始めたこのBlogだけど、最近競輪への興味を抑えきれない。江戸川至近の環境にあっては競輪場はどこも少々距離がある。新橋に場外車券売り場があるのは知っていたが、有料会員制なので躊躇していたところ、ラリーズクラブさんの情報で、会費半額キャンペーンを知り、入会することにした。ギャンブルレーサーは古本屋で27巻まで確保。\105/冊を探すので、そろそろ確保ペースが落ちるか。
児島では徳増にちょっと注目したい。山崎は今度こそ好調なのか?。中村、海野はともに5着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 ラリーズカップ 最終日

11R優勝戦はネット投票で2-1=6。2白井−1三品−5藤井で決着。白井シリーズと呼んでよいであろう今節は、三品が健闘したものの、田中、折下が物足りなかった感あり。万舟も少なかった感あり。
気がつけば「また」SG、チャレンジカップ初日。12Rドリーム戦は4-6-1/5と予想するも1今垣−2原田−4松井。中村は1着、海野は6着2本。
大垣11R決勝はネット投票で5-2-3と1-3-2。最終バックで4車落車、その中に1山田と5佐藤。3着入線の2伏見が失格。8−9−6で決着、ってもうどうでもいい、く〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 ラリーズカップ 5日目

優出したのはオール二連対の1三品、以下2白井3吉村4折下5藤井6茶谷。1=2=4あたりが人気かと。2-1=6と予想。はい、私のラッキーナンバー。
大垣11R、スタート後牽制し合って誰も出て行かないまま再出走に。茶飯事かも知れないけど、私には新鮮な驚き。加藤慎平は勝ち上がれず6着。明日の決勝は2伏見=3小嶋=5佐藤と予想。はい、それしか選手を知りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 ラリーズカップ 4日目

大垣全日本選抜や川口優勝戦の中継も見たかったので、2回走りの白井を4Rで見ることもできるから、前半戦の場へ。これが本命筋の決着で低配当の連続。配当にはこだわらなかったつもりだが、それを全てはずすって、なんだかなぁ。しかし、帰ったあとの11Rは白井が4着で7万超の万舟だった。三品は今日までオール二連対。
川口優勝戦は、10ハンの7青木がゼロハンの同期8高橋と競り合う間に後続が差を詰め、5−3−7の3着で初優勝を飾れず。
大垣12Rは4車落車の波乱。小嶋は逃げ切れず4着。加藤慎平に注目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川口 一般開催 2日目

9Rに間に合えばいいので、のんびり出発。場に着いたら7R発売中。とりあえず場内を巡って腹ごしらえ。同じ煮込み定食でも微妙に値段が違うので、一番安いであろう\600の店で食べたら、多めのお新香とレンコン煮もついてお得感あり。この店はタンメンを頼む客が多かった。全般にB級グルメは充実。もっと早く来て楽しめばよかった。
9R、森の頭から勘で2-5-6,2-6-1の2点買い。序盤の森は後方に位置したが、終盤きっちり巻き返して2森−3−4。
10R、予想したのは本命筋のようで、配当は望めず、所詮勘という名の当てずっぽうだから、青木の単勝に切替。レースはぶっちぎりのトップで8青木−4−1。青木は3連続優出だそうで。
単純比較はできないだろうけど、寂れた感のある船橋に比べて、活気を感じる川口だった。
江戸川は、白井が安定的に強いようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

期待通り

1.4倍だけど

041120_150101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の賭場

治親を見ておかなくっちゃ

041120_133602.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Polonaises

今年面白かったドラマの一つ、「オレンジデイズ」を見直した。まぁ平たく言えば、ヒロインの柴咲コウが好きなのだけど。聴覚にハンデのあるヒロイン萩尾沙絵が、得意のバイオリンをピアノに変えて弾いていたのが「英雄ポロネーゼ」。聞き覚えはあったが、曲名は初めて知った。ドイツグラモフォンのCDを中古で\680。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 ラリーズカップ 2日目

競艇オフィシャルWebのリレーエッセイで阿波勝哉が登場。捲りの影に苦労あり。
江戸川2日目、本命筋はほぼ順当。当地勝率なしの4193郷原はすでに初日に1着獲得。最年長2223山下は未だ連に絡めず。
予想は今まで通り一R2点に戻すも、やはり当たらない。でも、惜しいところもあり、はずれてもなんとなく納得できるから不思議なもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 ラリーズカップ 1日目

注目は最近グレードレースで活躍が光る白井と、迎え撃つ地元田中、折下、三品、柳田、そして茶谷、中辻。しかし、1Rあたりの予想点数を増やしてみても、二連単はともかく、三連単はなかなか的中しない。どこか微妙に歯車がかみ合わない予想。う〜ん、くじけそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳山 女子リーグ第13戦 最終日

優勝戦、1海野のイン逃げで1着は安泰の展開。3向井と4倉田の2着争いが熾烈。わずかにリードする4倉田に、ターンごとに3向井が全速でツケマイをしかけるも、わずかに届かず1−4−3。しかし、3向井の全速ターンは見事だった。
江戸川一般戦は本命村田の優勝で終わったが、4−3、4−3−1とも高配当。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 一般競争 2日目

7Rで村田を抑えて1着の中尾も好調。総じて上位安泰だったようだ。明日は勝負駆け。
明日から浜名湖GI。山崎智也はまたも欠場。腰痛の大事を取って、チャレンジカップに備えるのか。ドリーム戦は1-2-3じゃおもしろくないので、4-3-1/6と予想。大村は準優戦だが、4〜6Rで組み合わせを変えて準優前哨戦という番組。趣向を凝らしてがんばる大村の番組だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 一般競争 1日目

江戸川競艇オリジナル動画が更新された。前検の様子や阿波勝哉の優勝戦、江戸川B級グルメ等が紹介されている。いつも思うのだけれど、前検や朝練を公開することはできないのだろうか。
さて、江戸川の本領発揮?一般競争初日。本命村田修次は1着2本と安定した滑り出し。対抗は滝沢、白井、今坂晃、汐崎、注意奥平といったところか。
恒例江戸川ルーキーはB2福岡の4268和合。過去1年95走のうち、6コーススタートが83本(うち1着1本)、最内が4コースである。今日は3枠5着5枠4着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BoatBoy 12月号

公称発売日は明日だけど、今日店頭に並んでいた。買って帰って見ようとしたら、なんか硬い。付録の児島競艇CDだった。聞いてるとちょっと赤面するチャレンジカップテーマ曲や、過去のSG実況等が収録されているが、その中にあって、SG予選&優勝戦ファンファーレがあるのはちょっと嬉しい。これをサンプリングして、Mac.で何か使えたらうれしいかも?。
本誌はこれから読むのでコメントできず。江戸川のクーポンは今月もなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小道具

公営競技場といえば、片手に予想紙、片手に赤鉛筆がお約束、と思っていた。初めて江戸川競艇場に行く時も、無料送迎バス乗り場でこの二つを買った。短い赤鉛筆に\100も払うのか、と思ったものだ。が、場に行くと赤鉛筆なんて使ってる人はほとんどいない。もっぱらサインペンを使っている人がほとんど。実際に赤鉛筆を使ってわかった。ボールペンもそうだが、書く時は筆圧が必要、固い面の上でないと書けないのだ。だからサインペン使用者が多いのだと。しかし、サインペンは使用の都度キャップのはめはずしを余儀なくされるのが煩わしい。そこで見つけたのがこれ。
pen.jpg
ジェルボールペンとでもいうのだろうか、外見はまんまボールペン。しかし、サインペンと同様筆圧不要、ノック式でキャップ不要。重宝している。
常滑GI優勝戦。進入で5原田が動いて152/346。しかし、08スタートから1植木が逃げで決めて1−5−2。植木の生涯獲得賞金は\20億を突破。
下関GI優勝戦。。進入は124/6/35。2今村が差しを決めて2−6−3。今垣は通算1000勝達成。
大村の番組がさりげなく面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 日本財団会長杯 最終日

先日、初めてモブログを使ったが、悲しいかな私の携帯は今時30万画素。画像の粗さは如何ともしがたい。加えて、ニフティのBlogは画像サイズがこの320×240か、1/4の160×120しか選べない。中間の240×180ぐらいが使えるといいのだけれど。
さて、江戸川優勝戦。ダブル金子に裏切られた1号艇をはずし、2大西=3市橋ー4石渡と予想。レースは5中井が好スタートからツケマイを決め5−1−2ー463で決着。ただ一人格下B1の中井が優勝という、夢のあるレースだった、夢を追いきれなかったけど。
常滑GI準優は松井、山崎が優出ならず。優勝戦は菊池の勢いを買って6菊池ー1植木ー3赤岩/5原田と予想。
下関GI準優は中村3着、瓜生F。優勝戦は3寺田ー2今村ー1三嶌/6今坂と予想。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 日本財団会長杯 5日目

ここのデザインを変えてみた。ニフティのBlogは選択肢が豊富とは言えず、しかもカスタマイズができない。デザインと配色とフォントの組み合わせが固定なので、何かしら妥協せざるを得ない。ほんとは前のデザインでフォントだけ変えたかったのだけど。
7Rから江戸川へ。本吉は4R5着で脱落。7R、3池田−2加藤ー6、加藤は一回走りで結果待ち。8R、前走1着の2榊原は2着で当確。9R、前走1着の6大西は2着で当確。10R、前走3着で1着条件の6上平は6着で脱落。そして11R、勝負駆けは前走2着の1市橋、前走2着の3石渡、7R1着の4池田、前走3着の5中井がそろい踏み。しかし、1345ボックスで決着するほど競艇は甘くないとは思った。展示で目についた2号艇2718石井がベテランの腕で絡むと読む。得点率から一番不利な池田が意地を見せて4-3-2、B1なれど若さの勢いで5-1-2と予想。レースは1市橋が逃げを決め、3石渡が2石井との接戦を制して1−3−2。池田4着、中井5着。この結果、池田はわずかに届かず、加藤が優出。優勝戦は1榊原2大西3市橋4石渡5中井6加藤となった。今節開始早々は石渡に対抗馬なし、なんて書いてしまったが、石渡が思いの外1着を取れなかったので、なかなか面白くなったと思う。
下関GIは中村有裕は準優出、阿波勝哉はならず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 日本財団会長杯 4日目

競艇オフィシャルWebにチャレンジカップのページができたけど、今回の壁紙はなんとベタなことか。ちょっと使う気になれない。
江戸川は榊原2着、中井1着、大西2着1着、石渡3着、市橋1着、池田1着、上平1着、本吉1着、加藤2着3着。この得点率順位でいよいよ明日は勝負駆け。広次は6着4着でまだピンなし。今垣父は5着2本、小林一生は2着5着。
千葉競輪場は、3コーナースタンドを閉鎖していて、場内一周できないという貴重な体験。よくわかってなかったので、再入場券もらって裏門から正門まで場外を歩くはめに。距離は同じなのに4周でレースが終わる500バンクって、ちょっと雰囲気が違うね。車券はすべてはずれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の賭場

500バンクの視察に来た

041106_121301.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 日本財団会長杯 3日目

そろそろオートレースの電投手続きをしようと思ったら、締め切りは既に約一ヶ月前に過ぎていた。改めて手続きしようと思ったら、次回募集は未定とのこと、あ〜。南関4競馬は利用銀行を変更したいので、再度申込に、あ〜。
今日の江戸川は石渡が2着3着。中井1着2本、榊原1着2着、大西2着、加藤1着、市橋5着2着、堤3着2本(初日からオール3着)、池田2着4着。対抗馬になりそうなのはこの辺りか。広次は2着、今垣父は1着。
下関GIは阿波が1着3着で得点率2位に浮上。12Rでは1濱野谷、2原田富が転覆。中村は4着3着。一方、常滑GIは山崎智6着で得点率は11位に後退。川添が1着2着で11位に上昇。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 日本財団会長杯 2日目

光太郎の父、2664今垣武志は初日2着、今日3着5着。今節最年長の1843小林一生は初日4着、今日3着6着。最年少にして当地勝率なしの4179広次修は初日3着、今日2着4着と、ゴンロクよりかなりいい成績。過去3年ではあるが、当地勝率7.25と石渡をしのぐ3400樋江井は初日4着、今日2着3着。期待している4063市橋卓士はピンロクピン。石渡は当然のように今日も1着。対抗馬不在かも。8Rは3増田、5原、6廣町の3艇がF。
今日から常滑と下関でGIMB大賞ダブル開催。常滑ドリーム戦は原田が制し、−山崎智−田中信。でも得点率では山崎智がトップ。あくまで初日だけど。一方の下関ドリーム戦は今村−濱野谷−瓜生。中村有裕、阿波勝哉は1着。多摩川GIを制した三角は5着3着。
山室はやはり児島に斡旋拒否されてしまった。繰り上げは馬袋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川 日本財団会長杯 1日目

近頃のJLCはとんと江戸川に冷たく、レースダイジェストすらない。天気もよくなったので午後から場へ。7R投票中に到着。運試しに私のラッキーナンバー2-1=6を買ったら1−6−3はずれ。しかも8Rが2−6−1の3万近い万舟。ちょっと着くのが早すぎた。
今日は6号艇が3着六R、2着一Rという、江戸川にしては珍しい出目。11R江戸川選抜は1号艇石渡が危なげなく逃げを決めて1−2−5。濱野谷シリーズ、重成シリーズのように石渡シリーズが展開されるのか。
船橋オート全日本選手権では、8R2位スタートの2森は5着。11R優勝戦は2池田にぴたり追走した8高橋が最終週に逆転して勝利。8−2、8−2−3とも3番人気で決着。
児島の山室展弘に関するエトセトラの謎がやっと解けた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋 全日本選手権 4日目

8R準決勝戦は、3岩田と8伊藤のマッチレース状態を、8伊藤が制して8−3の1番人気で決着。2森はいいところなく8着。
若松女子リーグ戦初日12Rファン選抜は、A1海野濱村淺田対A2大瀧西村池。外枠4西村5淺田6池が好スタートを切るも、1海野2濱村が抜けだし、2−1−4で決着。5淺田は転覆。前走3枠1着の大瀧は4着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸川場外にて

ダービー最終日、江戸川に着いたのは、ちょうど10R福岡選抜出走の頃だった。いきなり今垣が失速。場内にどよめきが起きた中で大画面を見ていた。日高が抜け出たのを見て、そばにいた若いカップルが言うに「おばさんが持ってっちゃった」。いや、そりゃ日高は43歳、若くはないけど。レーサーに似合わずかわいらしいと思うのよ、選手紹介なんか見ていても。おばさんと呼ぶのはあんまりじゃないかい。そう思うこと自体、私がおじさんの証拠か?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »