« その名は「ANGUS」 | トップページ | 船橋オート民間委託へ »

BOSS GS-10

コンパクト・エフェクターをいくつも接続した様は憧れだ。カラフルだし、見ていても楽しい(本質的に違うか)。家でアンプをフル・ヴォリュームで鳴らすなんて不可能なので、ディストーションは必須だけれど、しかし2個目以降となるとなかなかむずかしい。用途的にどうしても部分的味付け、本来のエフェクター的になるからね。

「ヘビメタさん」を見ていたら、マーティがGS-10を使っているのに気づいた。都合よく手元にあるカタログを見ると、ギター、ベース共用でUSBオーディオ・インターフェイスも兼ねるマルチ・エフェクターでモニターも可能だ。なんともおあつらえ向き。そもそもミーハーなので、プロが使っていると決め手になりやすい。プロならいろいろ試す機会が多いだろうし、聞き分ける耳も持っているだろうという言い訳も用意してある。もちろん、自分でツールを探し出すのも楽しみだけどね。

GS-10

よし、いつかはGS-10だ。と思っていたら、ミュージックランドKEY渋谷店のバーゲン日替わり特価品の広告に発見してしまった。相場の6掛けぐらい。これ安い、欲しい、でも平日、早朝から行列できるのかな、仕事休めないな、あきらめるか、今すぐ必要じゃないし。なんて自分に言い聞かせた。

けど、台風も通過したので(意味不明)、昼休みを利用して行ってみることにした。どうせ売れてるだろうから、自分を納得させる為に。駅から走りたい気持ちも、汗だくになるので抑えて店舗へ。人だかりがあるわけでもない、至って平穏な店頭。売り場は2階らしい。レイアウトを把握してないけど、通常商品があった。やっぱりいつもの値付け。ぐるっと回ってやっぱりないな、もう一回、とさっきの場所に行くと、手提げまでかけてあるビニールで密封された箱入りGS-10発見!。北北北
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!

そそくさとレジへ。
「どうしてこんなに安いの」
「バーゲンですから」
「(それは知ってる)展示品とかワケあり品とか?」
「新品です、一年保証つきます」
(心の中でガッツポーズ!)

本体に比べてかなり大ぶりの箱をお持ち帰り。昼休み時間をちょいオーバーしたが、オーバーついでに立ち食いソバをかき込んで空腹を抑えた。

さぁ精進精進。

|

« その名は「ANGUS」 | トップページ | 船橋オート民間委託へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/5648648

この記事へのトラックバック一覧です: BOSS GS-10:

« その名は「ANGUS」 | トップページ | 船橋オート民間委託へ »