« ヤングギター | トップページ | S・A・TUR・DAY! »

Player 10月号

ベースを弾いていた頃から馴染んでいるので、ギター再開後も迷わず選択。当時の記事としては山本恭司のインタビューと、竹田和夫、吾妻光良の連載が印象的。久しぶりに買ってみると、吾妻もリー・リトナーもラリー・カールトンもえらく歳をとったなぁと。世の中平等なので、自分も同じだけ歳とったんだけどね。

0510

月刊誌のもう一つのうれしい情報は新譜紹介。昨今、DVDの新譜情報はネットで比較的容易に把握できるのだけど、CDはどうも思うに任せないのだ、探し方が悪いのかも知れないけど。紹介記事には寸評も載っているが、これも参考になる。翻って拙Blogで、CD買った、と書くのはたやすいが、そのCDの感想となるとこれが非常にむずかしい。なぜなら私の聴き方は基本的に「ながら」だから。曲名をなかなか覚えないのもそのためだ。

「Days of Thunder」のサントラは、シンプルでストレートなロック・アルバム。この映画は多分見たと思うんだけど、ほとんど全く記憶に残っていないので、曲でシーンが想起されるということがない。よって純粋なロック・アルバムとして聞けたわけだが、最近こんな調子のアルバムってなかなかないかも知れない。1曲目なんか泣き入ってます。

...なんて程度しか書けないかな。

Arch Enemy来日だ!。Judas Priestに行きそびれて悔しい思いをしたので、これはぜひ行きたい。でも、確実なチケットの入手法がわからんぞ。

|

« ヤングギター | トップページ | S・A・TUR・DAY! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/5754369

この記事へのトラックバック一覧です: Player 10月号:

» Arch Enemy [-XEROism- Metal Zone]
最新アルバム"Doomsday Machine"(輸入盤1792円PC・携帯、国内盤2520円PC・携帯)を引っ提げて来日が決定です。 山口県出身のフロントマン=マット率いる新世代メタルの旗手、Triviumがゲスト出演。 10/22(土)【東京】新木場スタジオコースト 10/23(日)【大阪】ZEPP OSAKA 10/25(火)【名古屋】ZEPP NAGOYA 10/26(水)【広島】広島CLUB QUATTRO 10/27(木)【福岡】ZEPP FUKUOKA チケットは各7500円、一般発... [続きを読む]

受信: 2005.09.02 20:57

« ヤングギター | トップページ | S・A・TUR・DAY! »