« アンジェラ | トップページ | プチ浦島 »

千里眼 ミドリの猿

midorinosaru

千里眼シリーズ第2作。第1作の痛快さに引き込まれて読んだのだが、読み進むにつれて残り少なくなるページに、大どんでん返しで一気に解決かと思いきや...

次作に続く!。

なんだこりゃ〜!。蛇の生殺しやんけ!。

早く続き「千里眼 運命の暗示」を読みたいのだけれど、古本屋頼みなので、いつになることやら。

こちらは、たまたま手にしたホラー?小説短編集なのだが

kyofusho

室町伝奇小説と称される、朝松健の「荒墟(あれつか」が圧巻。そんじょそこいらのスプラッター・ムービーなんか足元にも及びませんぜ。こういう変なのも、好きなんだよね〜。

明日から、ネットも携帯もつながらない蓼科に監禁される身なので、金曜まで更新できません。ギターにさわれないのがつらい〜。

|

« アンジェラ | トップページ | プチ浦島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/5816573

この記事へのトラックバック一覧です: 千里眼 ミドリの猿:

« アンジェラ | トップページ | プチ浦島 »