« 突撃そして玉砕 | トップページ | あぁタワレコ »

COB at SHIBUYA-AX

いよいよチルボドのライヴ。満を持して?SHIBUYA-AXへ。スーツ姿は目視できた限り3人。さすがに浮いている気がしたが、んなこといってても始まらないので、ビールでのどを潤して開演を待つ。

1階オールスタンディングのほぼ中央、ミキシングコンソール前あたりに陣取る。ほぼ定刻にスタート。と同時に前に進出する連中をやり過ごしたので、周りには適当なスペースができた。

付け焼き刃の予習なので、セットリストは作成できず。でもめいっぱい楽しんできた。


と書くのが普通なんだろうけれど


不満が残るライヴだった。

そんなものといわれれば、それまでなんだけど。ギターが聞こえないのだ。最初べードラかと思ったのだが、ベースがやたらにでかくて、しかも音に締まりがないのでベースラインも追えない。強力な低周波治療器が心臓を直撃している感じ。その結果、リズム隊をバックにAlexiが歌ってるような状況。リフが聞こえないから、曲の判別さえもむずかしい、
ロックのライヴって、耳をつんざくようなギターのおかげで、終わった後は耳鳴りが続く、ってのがイメージなんだけどなぁ。COBビギナーのせいもあるけど。CDクオリティを期待していたわけじゃないけど、バランスのよいサウンドを聴きたかった。

使用しているギターもベースもESPだった。当たり前か。

|

« 突撃そして玉砕 | トップページ | あぁタワレコ »

コメント

たまにTBいただきありがとうございます。
私はZepp Fukuokaでしたが、同じ様にPAコンソール前にいました。そして低周波音も気になっていました。普通、ああいったブーミーサウンドが出たらPAエンジニア反応するもんなんですけど、ピクリとも動こうとはしてませんでした。他会場でも同じ様な音を出しているということは、彼の好みなんでしょう(笑)なかなかのハンサム野郎でしたけど。
ちなみにそのエンジニア、ライブをMDに卓録してましたけど、アンコール2曲目DownfallのイントロでMDが終わったのにも気付いてませんでした(笑)

投稿: tomosang | 2005.10.12 17:54

tomosang さま
トラバとコメントありがとうございます。耳に自信がなかったので、こちらからのトラバは控えていたのですが、同じ印象の方がいらっしゃったのに、ちょっと安心したりして(笑)。しかし、おっしゃる通り、これが彼らの音作りなのでしょうね。それについては文句を付ける筋合いではないのでしょうね。次回参戦のArch Enemyに期待したいと思っています。
それにしても、メンバーと遭遇したなんて、羨ましい限りです。

投稿: 森田勝里 | 2005.10.12 20:32

「彼ら」というより「エンジニア」の音だと思いますよ。
それと、客席へ向けられてる照明が眩しすぎ(笑)

投稿: tomosang | 2005.10.13 15:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/6355676

この記事へのトラックバック一覧です: COB at SHIBUYA-AX:

» children of bodom [-XEROism- Metal Zone]
またサインもらって一緒に写真撮らせてもらいました。Alexiのサインってボールペンの試し書きみたいなんだけど…それにしても腰が痛い。 [続きを読む]

受信: 2005.10.12 17:45

« 突撃そして玉砕 | トップページ | あぁタワレコ »