« COB ライヴ 振り返り | トップページ | TEN THOUSAND FISTS »

ghost reveries

こちらこちらこちらで絶賛されていたので、どうしても聴いてみたくなったアルバム。HMVでは輸入盤と国内盤の価格差がほとんどなかったので、試聴もしないで買うことだし、理解の手助けにと国内版をチョイス。だったらなにもHMVで買うことないんだけど、店頭在庫が見つからなかった。

opeth

のっけから、もろプログレだ。私の三大プログレバンドといえば、Pink Floyd、Yes、King Crimsonなのだが、イメージ的にはYesとかぶった。この重さはメタルじゃなくてプログレだ。ってのが聴いて一回目の感想。

二回目。完成度の高い音作りに気づいた。緻密にして計算され尽くした構成。そしてメタルのつぼも押さえている。これはもしかして、当たりだったかな、と。

三回目。プログレッシブ・デス・メタルと分類してしまうのは簡単だけど、決してそれだけではない、音の密度がそこにある。逆に、ちょっと敬遠気味であったプログレッシブ・メタルへの興味を抱かせてくれた秀作だ。

「さぁ聴くぞ」って意気込みがないと、ちょっと聴くのが辛いかも(笑)。

|

« COB ライヴ 振り返り | トップページ | TEN THOUSAND FISTS »

コメント

TBありがとうございました。
曲が長くて複雑、展開も急なので、私もすんなりと入れませんでした(苦笑)
多少なりともプログレに免疫のある私でこれですから、あんまりない方には、何のことやら?となるかもしれませんね。

でも、日本人の好きそうなメロディが散りばめられてますので、聴きごたえのあるアルバムだと思いますよ。
秋の夜長に、ぴったりです(笑)

投稿: いい音 | 2005.10.16 21:41

こんばんは。TBありがとうございました。
私は一発で気に入ったクチですが、確かに聴くのに意気込みは必要かもしれませんね。購入から一ヶ月経っても未だにヘヴィ・ローテーションです。

投稿: ファラン | 2005.10.16 23:08

はじめまして。TBありがとうございました。
私の場合、最初は何気なく聴いていたのですが、いつの間にか耳が吸い寄せられてしまって・・・展開の一つ一つを、ついつい耳で追ってしまうので単なるBGMにはできない、という意味では意気込みは必要ですね。

投稿: BarRamEwe | 2005.10.16 23:47

コメントいただいた皆さんのBlogを拝見しなければ、このアルバムにはめぐりあえなかったと思います。感謝です。

Opethの輪が広がると嬉しいですね(笑)。

いい音 さま
聴き込むということを、思い出させてくれたアルバムです。最近は第一印象で取捨選択する傾向がありますので(苦笑)。

ファラン さま
ローテ間隔は開きそうですが、聴く度に発見がありそうで楽しみでもあります。クリアヴォイスとアコースティックな音が、最近は新鮮です(笑) 。

BarRamEwe さま
気軽なBGMにできる境地には、まだまだ到達できそうもありません。というか、展開を追うとBGMにするのがもったいないような。

投稿: 森田勝里 | 2005.10.17 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/6427299

この記事へのトラックバック一覧です: ghost reveries:

» OPETH 「GHOST REVERIES」 [MY HOBBY ファラン]
 OPETH・・・それはHM/HRの革命と言ってもいいのではないだろうか。彼らの音楽をはじめて体験しましたが、メタルの無限の可能性について考えさせられたアルバムです。 Ghost Reveriesアーティスト: Opeth出版社/メーカー: Roadrunner発売日: 2005/08/30メディア: CD  数語で彼らの音楽を説明するとしたら、やはり「プログレッシヴ・デス・メタル」ということになるでしょうか。70年代のプログレッシヴ・ロックやヘヴィ・ロックとデス・メタルの融合とい... [続きを読む]

受信: 2005.10.16 23:03

« COB ライヴ 振り返り | トップページ | TEN THOUSAND FISTS »