« ghost reveries | トップページ | はやりもの »

TEN THOUSAND FISTS

こちらで見たNow Playingのジャケが気になっていたが、店頭で試聴する機会を得て、HMVに発注した輸入盤。

disturbed

全編これご機嫌なギターサウンドが満載。リードパートでギターのレベルが上がるのではなく、曲を通してギターがヴォーカルと対等に渡り合う感じ。印象的なリフを繰り返すのではなく、ギターも歌っているのだ。そのヴォーカルは例えて言えばJourneyの雰囲気で、デス声のような排他的な雰囲気は一切なく、メタルと言うよりはハードロックという方がしっくりくるかも。

|

« ghost reveries | トップページ | はやりもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/6446167

この記事へのトラックバック一覧です: TEN THOUSAND FISTS:

« ghost reveries | トップページ | はやりもの »