« MASTERPLAN | トップページ | Shizuka Arakawa »

HDD TRANSPORT

我が家のオーディオ環境は、生活環境と併存しているので、幸か不幸かオーディオを極めようにも限界が見えている状況。そんな中で少しずつ改善を図ってはいるのだが。

HDDトランスポートなるものが、CD音質の究極らしい。これって、おそらくiTunesが先鞭をつけたに違いないと察する。なら、Mac.だって実践可能ではないだろうか。

もちろん、素のMac.では、音質的にもノイズ対策もオーディオ的には検討の余地大ありなんだろうけど、聴き比べてみるのは面白そう。例えば、現在休眠中のPower Macintosh 8600/250なんか使って。これはiTunesを使えるOS9起動可で、音質が優れたCD-Rを作成できるドライブといつかどこかのHPで見たCDU948Sも搭載済み。再生ソース(データというべきか)をメモリにバッファする術はなさそうだけどね。

残念ながら、生活環境内のオーディオ環境に、8600を常設するスペースはないのだが。

|

« MASTERPLAN | トップページ | Shizuka Arakawa »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/8789882

この記事へのトラックバック一覧です: HDD TRANSPORT:

« MASTERPLAN | トップページ | Shizuka Arakawa »