« Turandot | トップページ | DUEL »

INHUMAN RAMPAGE

PVがやたら気に入ったので、買ってみた。輸入盤は高いので、HMVでダブルポイントの邦盤。

inhumanrampageDRAGONFORCE「INHUMAN RAMPAGE」

PVで見たオープニング「THROUGH THE FIRE AND FLAMES」から疾走パワー炸裂。その勢いは7曲目まで続き、8曲目でようやく落ち着いた(それでもアップテンポ気味の)バラードに。そしてボーナストラックの9曲目でポップ調ではあるがスピード感復活。アルバム製作意図からすると、ボーナストラックは余計かも知れない。

私もそうだったが、彼らの疾走感はともすると敬遠要因になる。しかし、圧倒的なスピード感を裏付けるのは、確かなテクニックと、聴かせるメロディだ。速いだけではない、歌心がそこにある。デス声でなくシャウト系(と勝手に呼ぶが)のヴォーカルの味が、見事にスピードに満ちたアンサンブルと融和している。速さはともすると、薄っぺらな音になりがちだが、しっかり音の厚みも保っている。

聴いてるこっちの動悸が早まりそうなべードラ、こんなドラミングができる人間は、並みのアスリート以上の肉体の持ち主だろう。しかし、そんなリズムさえも快感に変わる、曲の完成度の高さ。

速過ぎるとDRAGONFORCEを敬遠している人も、先入観を捨てて聴いてみて欲しい。ただし、スポーツしながら聴いたら、間違いなくオーバーペースになりそう。

|

« Turandot | トップページ | DUEL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/8819650

この記事へのトラックバック一覧です: INHUMAN RAMPAGE:

« Turandot | トップページ | DUEL »