« Soundtrack | トップページ | Fantaisie-Impromptu »

Elegant Gypsy

いい音さんのBlogで取り上げられていたのだが。

Elegamtgypsy Al Di Meora 「Elegant Gypsy」

これ、持ってたよな




アナログ盤。

その昔、ベースを弾いていたのに、やたらとフュージョン系ギタリストのアルバムを買った時期があった。いわゆるテク至上主義(笑)。このアルバムは「超速弾き」の謳い文句で買う気になったと記憶するが、当時のロック一辺倒の身には、フュージョンというにはあまりにジプシー色?が強くて、落胆してほとんど聴かなかったっけ。なけなしの小遣いをはたいて買ったアルバムとしては、大ハズレだったわけで(笑)。

引っぱり出して聴いてみると、なんとも心地よいし、迫力もある。バックは錚々たるメンバー。ライナーノーツは竹田和夫。ジャケットに写るレス・ポール・カスタムはコントロール・ノブがトグル・スイッチにリプレイスされている。今見ると、どれもこれも新鮮(笑)。

だがしかし、アナログプレーヤーの調子がよろしくない。15年以上前に買ったフルオートDDプレーヤーは、滅多に使わないわけで、Startボタンをしばらく押し続けないと動き始めない。その後の挙動はまともだけど。

アナログ信号は微笑なのか、普段ありえないってぐらいボリュームレベルを上げないとまともな音量にならないし。アンプの為にはたまにアナログ鳴らすのがいいのかな、たまにはエンジンぶん回してやらなきゃ、みたいな(笑)。

|

« Soundtrack | トップページ | Fantaisie-Impromptu »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/9709546

この記事へのトラックバック一覧です: Elegant Gypsy:

» AL DI MEOLA 『Elegant Gypsy』('77)(SACD) [HR/HMを良い音で聴こう]
アル・ディ・メオラ 『エレガント・ジプシー』 <Review>  今日は、メタルではありませんが、メタル系の技巧派ギタリストが口を揃えて影響を受けたという、アル・ディ・メオラの代表作をご紹介。  名前くらいは聞いたことがある人が多いのではないでしょうか? ...... [続きを読む]

受信: 2006.04.28 23:45

« Soundtrack | トップページ | Fantaisie-Impromptu »