« Castles & Dreams | トップページ | iFM Dock has come »

iFM Dock

実際いつ使うのかというと疑問だが。

その昔、携帯キャリアをドコモからauに変えたのは、義理もあったけどFM携帯が切実に欲しかったわけで。出勤前の慌ただしいひとときにFMを聴くようになり、車の運転中もFMを一番よく聴くぐらい、FM放送は生活に溶け込んでいる。

携帯にも内蔵できるようなFMラジオ機能が、なぜiPodに搭載されないのか、不思議でもあり不満でもあったが、この1月頃(だったと思う)、フォーカルポイントからリモコン兼FMチューナーiFM Dockが発売された。

その直後、Apple Radio Remote発表、但し対応は現行機のみ。iFM Dockは特長に「Dock Connecter搭載機のほとんどに対応」の一文を追加する。

しかし、これ直販価格が異様に高いうえ、送料もかかる。送料無料のApple Storeで買おうにも一向に取り扱う気配がない。なくても困らないからいいかと思っていたのだが。

奇しくも車載機iPod 1Gのリモコンが接触不良で使用不可になった。代替リモコンを検索していたところ直販の半値近く送料無料のiFM Dockを発見。iPod nanoを導入すればRadio Remoteが使えるが、それより安いし、不要なイヤフォンの抱き合わせもないので発注することにした。

実は通勤の90%は地下鉄車内だったりする。当然FM受信不可。なのでiPod必須なのだが、シリコン・オーディオ・プレーヤー機能が携帯側にあればiPodが無くてもしのげる。W31SAがこの条件を満たしたのだが、残念ながらMac.ユーザーには誠に使い勝手が悪く、常用するには至っていない。

結局iPodも携帯も持ち歩くのだが、運悪くiPodがバッテリー切れになったとき、携帯でFMを聴こうとして、平型プラグ変換アダプターを忘れていたこと数回。もっともiFM Dockも持ち歩かなければ同じだが。

auの最近の機種はほとんどFM対応になったので、いよいよiFM Dockを使う理由が薄れているのだが、まぁ自分的には、iPodとFMが融合したことで納得したというか。これで携帯キャリアをauにこだわらなくても済むかというと、そう簡単には行かないのだが(不義理)。

インプレは次回。

|

« Castles & Dreams | トップページ | iFM Dock has come »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/9683976

この記事へのトラックバック一覧です: iFM Dock:

« Castles & Dreams | トップページ | iFM Dock has come »