« Guitar magazine 06/05号 | トップページ | ROCK FUJIYAMA »

Joy of The Sound

ここのところ、小金をはたいてケーブルチューンをしてきたのだが。

手持ちのシステムの潜在能力を引き出すことに見事に成功して悦に入ると同時に、視聴環境の現状を考えると、機器のグレードアップを図ってもその良さを全て使い切れるのかという疑問が生じ、自制心が働くという我ながら奇妙な副作用があった。

分相応、とでもいうのだろうか。

さりとて、現状に永遠に満足できるとも思えないし、システムも劣化するわけだから、散財のネタは常に内包しているわけで。

なんてことを思っていたら。

音に対する貴重な考え方を拝見。かくいう私もソース・ダイレクト機能ばかり偏重していた。オリジナル以上には絶対再現できない、とはこれ、映像で嫌というほど体感してきたのに、こと音に関してはこのことを忘れていた、というか、CDを、換言すればデジタル音源を盲信していたというか。

この考え方は、与えられた環境の中で最善の音作りを目指すということにほかならない。すなわち自分にとっての「最善の音」を定義できなければ改悪にさえなりかねない、自分の能力と感性を試されるということでもある。

オーディオの崇高さを垣間見た気がした。

|

« Guitar magazine 06/05号 | トップページ | ROCK FUJIYAMA »

コメント

はじめましてこんばんは!

ブログ「Survival Fleet」のklimaxです。

かなりコアなブログで読む人を選びますが
また遊びにきてください。

良かったら相互リンクしましょう。

投稿: klimax | 2006.04.19 00:15

klimax さん
貴Blogでは多くを学ばせていただいており、勝手ながら当方からリンクをはらせていただいています。
支離滅裂な拙Blogと相互リンクしていただけるなんて光栄です。ぜひお願いします。

投稿: 森田勝里 | 2006.04.19 22:49

森田さん

こんばんは!

いえいえ小難しい理屈の多いブログを読んで頂いてありがとうございます。

今日からリンク貼らせて頂きました。

僕もROCK大好きなのでまた遊びにきます。

これからもよろしくです。

投稿: klimax | 2006.04.20 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/9654912

この記事へのトラックバック一覧です: Joy of The Sound:

« Guitar magazine 06/05号 | トップページ | ROCK FUJIYAMA »