« test | トップページ | TUBBS »

Coltrane and Dolphy

情報は有り余るほどあるのだが。

自分にとって有用な情報を収集するのは結構苦労する。その一つが新譜情報。手段として、ショップのメルマガを利用しているが、大抵はゴミ箱行き。

そんな中で、見逃せなかった情報。ColtraneとDolphyの名演と紹介されたアルバム。いてもたってもいられなくなり、昼休みにお茶の水のディスクユニオンまで小走った((c)ぢぃ)。

Coldolparis
JOHN COLTRANE QUINTET Featuring Eric Dolphy
「The Complete November 18,1961 Paris Concerts」

「劣悪な音質で少数が出回った」「圧倒的名演」のリマスターってことなのだが、元が劣悪ではリマスターでもAMラジオのような音質(泣)。演奏はエネルギッシュなのだけど、音質を抜きにして感動できるほどジャズの神髄がわかっていない自分がもどかしい。

|

« test | トップページ | TUBBS »

コメント

はじめまして、かつと申します。ちょくちょく見させていただいております。
ちょうど今日、自分も録音が×なCDを買いました(^^; まぁ昔一度アナログ盤買ったCDなので懐かしさの方が勝っていますが。
現代は再生機器のレベルが上がっていますので、余計に古い録音のものは厳しいように感じます。

話は変わりますが、自分はジョー・リン・ターナーの声も結構好きだったりします。

ではでは。

投稿: かつ | 2006.06.18 02:19

かつ さん
こんにちは。貴Blog楽しく拝見してます。
今回は「リマスター」を誤解したのが原因だったりします。アナログ盤のよさって確かにあるんですが、つい手軽なCDに走ってしまいます。
「THE TOUR OF misia 2003」は大好きなDVDの一枚です。

投稿: 森田勝里 | 2006.06.18 11:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/10553703

この記事へのトラックバック一覧です: Coltrane and Dolphy:

« test | トップページ | TUBBS »