« Guitar magazine 06/07号 | トップページ | Needless »

Purple Rain

今週のROCK FUJIYAMAのロックミーツ・ライジングサンで、「みずいろの雨」が取り上げられたのだが。

今まで演歌や民謡ばかりだっただけに、この意外性はインパクトがあった。が、インパクトは意外性だけではなく。

八神純子にはかなり思い入れた過去がある。「みずいろの雨」も盗作騒ぎがあった「パープル・タウン」も名曲だが、シングルカットされていないアルバム収録の数々も名曲揃い。彼女の音楽性には、かなり心引かれたし、こんな才女と生涯を共にできれば、とさえ思った時もある、少々太めだが(爆)。同期入社の友人が、高校時代、彼女の弟と同級生だったと聞いた時、理不尽な妄想を抱いたものだ(笑)。

ゲストが中学時代、マイケル・ジャクソンのスリラーをかけると他のクラスからゾンビが現れたというエピソードには爆笑したが、久々に聴いた「みずいろの雨」に感無量だった今回のROCK FUJIYAMAであった。

|

« Guitar magazine 06/07号 | トップページ | Needless »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/10611525

この記事へのトラックバック一覧です: Purple Rain:

« Guitar magazine 06/07号 | トップページ | Needless »