« New Cocolog | トップページ | American Deluxe Stratocaster »

Load of War

RoadじゃなくLoadってのが重要なのだが。

Load_of_war

武器商人の生き様を描いた作品。兵器産業という、およそ日本で生活している者の大部分は接することのない、いわば裏社会の物語なので、印象的には任侠映画のようだ。取り扱うのは武器だが、主役は商人なので、派手なアクションシーンはない。レンタルで見たのだが、R指定のステッカー付き。何故この作品が?、と思ったが、見ると納得した。全編どぎつい描写になる寸前で場面が変わるのだが、その先を想像してしまうとかなりショッキングなはず、しかし子供にそれが可能かというとそれは疑問。むしろ、問題なのは舞台が現在進行形の戦争であり、武器商人は必要悪と描かれている状況なのではないかと。それが理解できないと、この武器商人は、芸能界で一発当てるのとさほど変わらない存在になってしまう。って深読み過ぎだろうか。

主演はニコラス・ケイジ。風貌も声質もどちらかというと地味に感じるが、どんな役でもこなす芸達者で、今や押しも押されもせぬトップクラス。彼の作品は安心して見ることができるが、その中でも異色の作品。「武器」に期待すると拍子抜けする「商人」のドラマである。これ、褒め言葉のつもり。

|

« New Cocolog | トップページ | American Deluxe Stratocaster »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/10945722

この記事へのトラックバック一覧です: Load of War:

« New Cocolog | トップページ | American Deluxe Stratocaster »