« Peace Machine | トップページ | These Two Days »

The End of World Cup 2006

最近ココログが重たくて閉口しているのだが。

イタリアの優勝で幕を閉じた今W杯。これからマスコミがあることないこと書き立てるであろう、ジダンの行為は決して許されないものだが、ジダン退場後のイタリアに対するブーイングも興醒めだったのは確か。

スーパースターの競演を、前々回、前回以上に熱心にライヴで見た今大会だった。印象的だったのはポルトガル。シモンという選手を実況ではフルネームで呼ぶのだが、それが「下総三郎さん」と聞こえてならなかった。いや、それだけが理由ではないけれど。

これぐらいの時差が、かえってライヴ観戦しやすいかも。次の南アも似たようなものかな。切実な問題は、日本が出場できるか。まじ心配。

|

« Peace Machine | トップページ | These Two Days »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/10884538

この記事へのトラックバック一覧です: The End of World Cup 2006:

« Peace Machine | トップページ | These Two Days »