« ブライト艦長、安らかに | トップページ | 競艇の夏、江戸川の夏 »

東京大停電の弊害

影響は軽微と思ったのだが。

一昔前は、AV機器内蔵のデジタル時計は停電即リセットだったが、昨今は少々の停電では設定を保持する。実害は古いビデオデッキと安いミニコンポだけだった。その他の家電も冷蔵庫と給湯器のみ。

かと思ったら、USEN440のチューナーが電源すら入らなくなった。これは直させればいいけど。

のみならず、AVアンプの設定が吹っ飛んだ。使用中の停電だったためだろう、電源ケーブルを抜いても、設定はしばらく保持されるから。

Pioneer製では、マルチ・チャンネルの設定はMCACCなる自動設定で5分程度かければ済むけど、入力ソースのリネームや、デジタル入力のアサインは手作業。バックアップなんかする術もないので、記憶頼みの再設定と動作確認を余儀なくされた。

滅多にやることじゃないので、負担というか煩わしいのは確か。

|

« ブライト艦長、安らかに | トップページ | 競艇の夏、江戸川の夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/11467651

この記事へのトラックバック一覧です: 東京大停電の弊害:

« ブライト艦長、安らかに | トップページ | 競艇の夏、江戸川の夏 »