« 1周年特別企画 「いったいどんなBlogやねん!?」 | トップページ | LEE MORGAN Vol.3 »

クリス・アモットのチューニングを試す

ドロップCなんて書いてしまったが。

うそ、間違い。LowCチューニング。ドロップ・チューニングは6弦だけ下げるが、Lowチューニングは全弦を下げる。

トレモロなしはレス・ポールしか持ってないので、必然的にこれで試す。クロマチック・チューナーのTU-12はとりあえず使える、プリセットはないけど。

当たり前だろうけど、当然チューニングが安定しない。それでもどうにかチューニングを終えたら。

弦を押さえる指の力だけで音程が変わってしまう。使い物にならない。

そもそもLowチューニングはヘヴィ・ゲージが前提らしい。ライト・トップ、レギュラー・ボトムの.09-.46なんて弦の手に負えるはずがない。

結果は分かりきっていたけど、こんな実験もまた楽し(笑)。

|

« 1周年特別企画 「いったいどんなBlogやねん!?」 | トップページ | LEE MORGAN Vol.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/11323464

この記事へのトラックバック一覧です: クリス・アモットのチューニングを試す:

« 1周年特別企画 「いったいどんなBlogやねん!?」 | トップページ | LEE MORGAN Vol.3 »