« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

ゴールイン

最後はもう意地だったのだが。

Gyozaclub

スタンプ集めの苦労の末、ぎょうざ倶楽部入会達成。

11月最終週、残り4日でスタンプ5個。レジはスタンプの気前のいいお兄ちゃんだったが、期待空しく2個しか押してくれない。残り日数を計算したのか。

翌日、残り3日でスタンプ3個。できれば連食は避けたいところだが、この日は餃子半額デーという、ありがたいのかありがたくないのかこの時ばかりはよくわからないサービス。持ち帰りもスタンプ対象と気づき、生餃子5枚お持ち帰り。

翌日、残り2日でスタンプ2個。レジで一気に押してくれることを期待したが規定通り1個。「あと1個ですね」と明るく言われても、だったら押してくれよというのが本音。

最終日、スタンプはあと1個。連食避けたいなんて言ってられない。前夜の酒が少々残っており、中華はちょっときつかったけど、ようやく成就。

レジでスタンプカードと引き換えに会員証をくれる時、店員が全員で「おめでとうございます!」と叫ぶのはちょっと気恥ずかしかったが(笑)。これで¥500の呪縛を解放され、お値打ちの単品メニューを楽しめるぞ、5%引きで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お楽しみは火曜日

基本的にテレビってあまり見ないのだが。

予約録画は月曜深夜に集中していたりする。
「きらきらアフロ」
「ROCK FUJIYAMA」
「HEAVYMETAL.TV」
「ケロロ軍曹」再放送(爆)
放送時間がダブるのもあるのが、Wレコはないので2台を駆使して。CM飛ばして見れば放送時間の2/3ぐらいで済むし。

今週の「ROCK FUJIYAMA」ROCKみつおせんだゲームは面白かった。あれぐらいギターが弾けるようになりたいものだ。勿論台本はあるんだろうけど(笑)。
「HEAVYMETAL.TV」でHELLOWEENのPVを見て、今更ながらCANDICE NIGHTとコラボしてたのを知るなんてお間抜けも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

B-CASがなんぼのもんじゃい

デジタル放送受信機器につきもののB-CASカードだが。

このカードはユーザー登録を任意ではあるが要求する。このカードがコピー制御や双方向サービスや有料放送に関係するという話だけど。

このカードが「貸与」されているものであり、機器を譲渡したら「有料で名変」、廃棄したら「返却」が必要だと認識しているユーザーがどれほどいるだろうか。

そんな仰々しいものなら、Woooで使っていたカードをDIGAに流用することにした。カードのチップには個人情報は記録されていないそうだし、登録情報に機種情報はないので可能だろうと判断。問題なく動いていると思ったら。

BS-hiで受信確認メッセージが表示された。国営放送にB-CASカードナンバーを連絡しないと、30日に一回「衛星契約しろ」という煩わしい画面が表示される仕組みだ。衛星契約を取る一助にしようという姑息な手段。登録済みのB-CASカードならこれはないと思っていただけに誤算。カードと受信機器の組み合わせで表示されるのだろう。

名目はいろいろあろうが、ユーザーに面倒を強いて利権を確保してるだけだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒲郡 日本モーターボート選手会会長杯争奪戦 優勝戦

丸亀 SG 競艇王チャレンジカップ優勝戦だったのだが。

あれこれ考えていたら不覚にも締め切りを過ぎてしまった。1三嶌の優勝だったが5中村の追い上げが凄かった。1-5を買い目から外していた天罰だな。

さらに不覚にも、蒲郡のオール女子戦開催をすっかり忘れていた。なんと今日の優勝戦、長嶋が優出してる!。ナイター開催だから十分間に合う。丸亀の反省を踏まえて、5長嶋から買わずばなるまい。

1126gam

予想もへったくれもない、思いをこめただけ。丸亀買ってないし。

進入は32/4156、展示の大外から一艇内に。ダッシュはお手のもんだろ。スタートわずかに凹むが。いけ〜!全速捲り差し!。

イッタコレ。僅かにトップに届かない。1周2M、全速捲り!、3鵜飼と4谷川に食らいつく。2周1M、全速で4谷川を飲み込む。2周2M、全速で差し!、も3鵜飼に届かずHSで伸びが劣る。3周1M、全速ツケマイ!、が届かず。3周2M、全速で外から捲るも力尽きたか大きく流れてここまで(泣)。

2着とはいえ、熱いレースを見せてくれたので、少しは思いが届いたか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無カ・イ・カ・ン

平成版セーラー服と機関銃が終わったが。

クライマックスで、あの名台詞がなかった。

実は原作もオリジナルも知らない。長澤まさみがかわいいからなんとなく見てただけ。それでもやっぱりなんか物足りなさが残る。

ま〜それにしても、いい加減リメイクで何匹もドジョウを狙うのはやめたらどうかね、テレビ局。見てて偉そうなこと言えないか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぁがんばっとくれ

高みの見物だが。

耐久鑑賞進行中

睡魔はリアルタイムで襲ってくる、んだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

果たしてゴールできるのか

某店で飲食代¥500毎に1個のスタンプを20個集めるキャンペーンなのだが。

私はランチの月間平均単価を¥500以下にするという、過酷(笑)なゲームを自らに課している。この店では¥500のメニューは(たぶん)なく、スタンプをもらうためには¥500以上の注文が必要。よってこの店以外での予算が当然削られる。また、この店はボリュームがあるので、一回で¥1,000以上食べるのも不可能。

しかもキャンペーン期間は3ヶ月だが、キャンペーンを知ったときは残り2ヶ月。その店を使うのは平日のランチのみ。ということは約9週間×週5日=45回のランチ中、20回ここで食べることが要求される。連日通えば当然飽きるし。

まぁ無理だろうと思ったのは当然のこと。

それから半月ぐらい経ったある日、精算時にせっかくだからとスタンプカードを提示したら。

¥500台の支払いにスタンプを2個押してくれた。

え、そうなの?。じゃあと9回食べたら達成?。俄然やる気になる(笑)。

それから数回通うが、押されたスタンプは規定通りの1個...。スタンプの気前がいいのはあるお兄ちゃんだけであると判明。残す期間は5週間。

この店では店員の持ち場はローテーションが組まれているので、レジにそのお兄ちゃんがたつのを入店前に確認することにした。

翌週、お兄ちゃんはスタンプを3個押してくれた。その翌週はなんと4個押してくれた。

あと2週間となった今週、お兄ちゃんがレジの日に食べて、いざ支払いに向かったら。

レジには別のお兄ちゃんが立っていた(泣)。

Stamp

残り5日でスタンプ6個、悲願は達成できるのか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HELLO AGAIN

Woooに替わってやって来たのはDIGAだが。

Heloagn

やっぱりHELLOかよ...。すぐに消えるけどな。

「記録機能がオマケについた地デジチューナー」であれば十分なので最廉価モデル。パイオニア、日立と使ってきた身には、リモコンやインターフェイスは違和感を覚える独特なもの。ま、慣れの問題だけど。

トレイが左端で開閉ボタンが右端って、不自然じゃないかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

堪忍袋の緒が切れた

我慢に我慢を重ねてきたのだが。

Hellobye

DVDレコーダーは起動時に「HELLO」という表示をするお茶目な仕様だが、時としてこの「HELLO」表示を延々と繰り返して起動しなくなる。今まで何度となくそういう状況になり、その都度リセットしたり、電源コードを抜いたり、もっと面倒な再セットアップを余儀なくされた。

それが、この前の土曜、ついに何をやっても起動しなくなった。

道具が道具として機能しなくなったとき、それは無用の長物以外のなにものでもない。この障害の元凶はソフトウェア・アップデートらしいが、もはや道具としての信頼性ゼロ。障害復旧の手間と時間、障害再発の危惧によるストレス、ほとほと愛想が尽きた。

不本意ではあるが、買い替えを決心、代替機を発注して発送通知が届いたら。

起動しやがった(怒)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

落下注意

一見何の脈絡もないAVアンプのリモコンとDVDだが。

Rimod1

リモコンが落ちたら、DVDのケースが砕けた。

Rimod2

単三4本入りのリモコンは立派な鈍器だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LOVE

全世界同時発売らしいが。

The Beatles「LOVE」

リミキシング?とか5.1ch収録とか、いろいろ趣向を凝らした珠玉の名曲集らしいけど。

これはそそらない。遺跡を修復ではなく、立て替えちゃった、みたいな。

「Let It Be Naked」はオリジナル音源という意義があったのよ。海賊盤で出回ってた気もするし。「Love」はGarageBandで作っちゃいました、みたいに感じてしまう。

食わず嫌いか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CROSSROADS

クラプトン来日中だが。

ブルースを扱った映画「クロスロード」を見たいと思うも、今回はうまくいかない。店頭在庫なし、レンタルなし、ネット通販なし。

ないとなると余計見たくなるが、プレミアム払う気はない。

廉価盤で出ていたらしいので、再販を待つしかなさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファームウェア・アップデート

何度やっても嫌なものなのだが。

ソフトウェア・アップデートでファームウェア・アップデートがあった。例によって不気味な警告音が鳴り響き、2基の光学ドライブがトレイを吐き出した。アップデート終了後、1基だけトレイを格納するという不可解な挙動。

Mpfwud11

無事にアップデートできたけど、もう少しさりげなくできないものか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

気のせい?

ST62のトレモロユニットを、ウッドブロックで固定したわけだが。

アンプを通さない素の音が、妙に響くようになった気がする。それも甘みの中に腰があるような、艶やかな音。

ウッドブロックの素材はたいした木材ではない。軽くて柔らかい半端材。さほど音に貢献しているとも思えないが、なんかレス・ポールにも負けてないような。

ギターの音は、構成物総体で成り立つけど、偶然に偶然が重なってよい結果になったのかも(笑)。もっとも、アンプを通してもいい音かというと、その辺は定かではないが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

見つけた!

既知の事実かも知れないのだが。

地上波テレビは深夜番組がコアで面白い。新聞の番組表で見つけた「ヘビメタ」の文字。月曜深夜、東京MXテレビで放映の「HEAVYMETAL.TV」。メタルなPVの番組だが。

HammerfallにTriviumにLacna Coilとご機嫌じゃないの。「ROCK CITY」よりストレートでいいかも。

テレ東のケロロ軍曹の再放送とかぶってるのが難(笑)。

今月はMTVでLOUD PARK 06もあるぜ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そしてST62に残された問題

かまぼこ板って滅多に家にないのだが。

半端材¥30を買ってきて、ウッドブロックを削り出す。

St6211

現物合わせで約1時間かけて作ったのが左。目算で作った右は見事に小さすぎ、打ち込む際の当て木となった。

トレモロ固定仕様なので意味はないのだが、スプリングパターンはこれにしてみた。

St6212

それより気になるのが

St6210

センター出てません...。力業で修正するも、限界あるみたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

かくしてST62復活

手をかけた愛着はもちろんだが。

ローズ指板が思いの外かっこいい(笑)。約1週間のリペア中は晴天が続き、空気が乾燥していたのはラッキーなのかな。

St6208 2CSと3CS揃い踏みの図

組み上げて、弦を張り、弦高調整、オクターブ調整、PU高さ調整、仕上げも念入りに。今回の経験は凍結中のベース復活にも大いに役に立ちそうだ。

ケースがないのはちょっと困るかな。でもギターより安いケースじゃないとやだな(笑)。
実はちょっと置き場所にも困ってたりして(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

滞りなく

ここまでは順調にきたのだが。

St6206

ギターらしくなってきたね。考えたけど、買ってきたブッシュは1個だけ使うことにした。光りすぎてるから(笑)。

電気系は半田を全てやり直そうかとも思ったけど、いきなり音が出ないとショック太いので、最小限にとどめた。で、動作チェックしたいところだが、弦を張らないと音が出ない<当たり前。でも、やり直しになると弦を無駄にしかねない。とりあえず弦なしでアンプに接続。ノイズのみ。弦の切れ端をピックアップ上ではじいても音なんかでない(笑)。以前余計に袋に入ってた1弦が余ってるのでとりあえず張ってみたら問題なさそう。よし、ゴールは見えてきた!。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Spinal Tap

「ROCK FUJIYAMA」で、ゲスト大槻ケンヂがさんざん推薦してきたと言っていたのだが。

ガイ鮎川同様、私もよっぽどそれに接することがなかったらしい。

Spinaltap 「Spinal Tap」

架空のハード・ロック・バンドのドキュメンタリーというコメディ。これは見ないわけにはいかない。TSUTAYAのレンタルにはないようだ。ネット通販で割引販売している在庫品はみな送料がかかって定価以上になる。これは足で探すしかあるまい。思い立ったが吉日で、大手量販店でポイントを使って確保。

随所で笑えるのは確かだが、本当の面白さは字幕では伝わらないようだ。でも、原語だと文化の違いがあるよね。どのみち、そんな英語力ないけど。

それにしてもこのタイトル、なかなか覚えられなかった(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着々と

次第にゴールが見えてきたのだが。

指板にたっぷりレモンオイルをくれてやり、数日おいてフレット磨き。

St6205

1,2弦辺りが割と減っているので、それなりに弾き込まれていたのか。とりあえずこのまま様子を見よう。仕上げにもう一度レモンオイルで拭いてやる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

レリックじゃないけど

気にしだすときりがないので割り切るのだが。

プラパーツは一緒に入浴して洗う(笑)。経験的に、黄ばんだプラスチックにはかんたんマイペットがいいのだが。

St6204

結構レリック入ってるな。あ、スプリングカバー洗うの忘れた。
ちなみにシリアルからたどると'93〜'94製らしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手間はかけても金かけず

材料が揃わないとリペアが完了しないので、調達にも尽力してるのだが。

St6203

ペグのブッシュは1個で十分だが、セット売りしかなかったのでやむなし。足で探せばそのうちジャンクパーツ1個売りが見つかるかも知れないけど。まぁ¥100/個だし、ヤフオクの中古セットより安かったのでよしとする。楽器リペアに推奨される半田ケスター44の切り売りがあったので確保。割高ではあろうけど、そんなに使うもんじゃないし。ダダリオの値上げ前の3セットパック最後の1個があったのでついでに確保、ラッキー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

やるからには徹底的に

一抹の不安はあるのだが。

St6202

バラすバラすバラす。パーツの小分けはメディアのスピンドルケースを流用。電装系で下手打って音が出ないこともありうるな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

慌てず騒がず

早く結果にたどり着きたくて、先を急いでよく失敗するのだが。

じっくりゆっくり確実に作業するのだと、自分に言い聞かせつつバラした。

St6201

ポリッシュで磨き上げると、輝きが戻ってきたぞ。金属パーツ磨きは忍の一字。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヴィンテージじゃないけど

近所のリサイクルショップで、次第にギターの在庫が増えているのだが。

たまにチェックはするものの、いかにも初心者用みたいなギターが増えるばかりだった。唯一まともで売れないアメストはお茶の水価格だし。リサイクルショップといえども、それなりに相場はわかっているのかなと。

まぁそれでもチェックは欠かさないわけで。査定の目をかいくぐった出物に一期一会する期待。今日、無造作に立てかけてあったストラト。フェンジャパのローズ指板。1弦は切れネジは錆び、メタルパーツはくすんでいるが、多少の傷はあるものの、目立った打痕は見あたらず。

中古に傷は仕方ないとは思っているが、こんな打痕でこの値段?って中古は結構多い。

錆、汚れは磨けばなんとかなるし。傷が気にならないなら、ちょっといいんじゃないか?、気軽に扱えるギターとして。アーム欠品なら、トレモロブロックするもよし。

じっくり観察してみると、1弦ペグのブッシュが欠落。これはなんとかなるだろ。全バラしてリフレッシュするには手頃かも。理屈でわかっていても、なかなか思い入れのあるギターをバラす勇気はないもので、いい教材にもなりそうだ。

観察してたら、店員が「音出せますよ」というので出させてもらう。せっかくのジャズコだが弾くという状態ではない(笑)。最初ノイズしかでなかったが、どうやらシールドが逝かれていたようで(苦笑)。とりあえずガリもないしピックアップもスイッチもコントロールも生きてる。

はい、今日は現状渡しご奉仕価格の1万円。なんか出会いを感じた。

Fjst62bf

じっくりとリフレッシュしてやろう。以前、ベージュMac.でも似たようなことやってたな(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Remember

秋のせいかもしれないとも思うのだが。

急に聴きたくなって、確か持っていたはずと発掘。

Middleman Boz Scaggs 「Middle Man」

期待してなかった割に音がいいと思ったら、デジタル・マスタリングだった。それにしても印刷されてる¥3,500の価格にちょっと驚く。

さらにこんなのまで発掘。

Seiten SADISTIC MICA BAND 「晴天」

こちらは忘却の彼方だったSadistic Mikaren Bandの1989ライヴ。カエラのようにはかれんに萌えないけど(笑)、SMB節は健在。って、今より昔だから当たり前か。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Jam Pack Rhythm Section

GarageBandをいろいろいじってみるも、メタルな機関銃ドラムパターンがない。.MacにJam Packがあるのでダウンロードしてみても見あたらない。単音のキック音があるので、半拍ずらして同時に鳴らしてみたりもしたが、微妙にリズムがずれる。やっぱりMIDI音源で打ち込まなきゃならないのか?、とも思ったが。

Jam Packって売り物だよな。

.Macにあるのはあくまでサンプル。つまり決定的にパーツが足りないのだ。

さっそくRhythm Sectionを購入。Appleにしてはめずらしくヤマト便で届いた。

Jprs

まだ使い方を把握しきれていないのだが、それでも音源の豊富さでなんとなく形になる。作成ファイルはiTunesのライブラリに追加されるので、自作アルバムの雰囲気まで味わえる(笑)。

「Jam Packがやってきた」

私は弾いてません(爆)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Adobe Lightroom pb4

RAWデータを扱うからには、現像ソフトを使いこなしてみたいのだが。

使いこなせないことには買っても意味がない。手頃で評判のいいSILKYPIXの試用版を試してみたものの、どうも何をどう操作するのかよくわからない(苦笑)。そこへ、Adobeの現像アプリのパブリックベータ版が公開された。しかし、英語版で余計にわけわかだった。ところへ日本語版公開。

Alr

それとて難しいことに変わりはないのだが(笑)。使用期限もあるのね、当たり前か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RSSリーダーの行き着く先は

紆余曲折を経てのことだが。

RSSリーダーを使うようになったものの、今ひとつ使い勝手がよくないのは、フリーウェアしか使わないからなのか、大抵はタグ・ブラウザ機能が無く、Safariと行ったり来たりが煩わしい。英語アプリは登録データを書き出すと文字化けする。まぁこんなものかと諦めかけていたのだよ。

ふと気づくと、いつの間にやらSafariにタグ機能が備わっている。使い勝手がいまいちと思っていたRSSリーダー機能を試すとなんかいい感じ。なんだ、これなら文句ないじゃん(笑)。

登録は辛抱して一回やれば済むので、ブックマークバーに専用フォルダを用意して、RSSフィードをせっせと登録。あとはそのフォルダをクリックして「すべてのRSS記事を表示」を選ぶだけ。Safariなら簡単にiDiskへバックアップできるし、それを介してサブ環境とのデータ共有も簡単。

唯一の難点は、アメブロのお気に入り某ブログを登録しようとすると、なぜかSafariが落ちる(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うすうす

なんともきわどいネーミングだが。

iPod 1Gはプロテクターなし、iPod miniはポリカーボネート製のクリアカバーを使っていた。さてさて、今度のiPod nano、クリアカバーが見た目はいいけどせっかくの軽さを犠牲にしたくない。のであえてシリコン製をチョイス。その名も

極うす

もちろん絞りもゼリーもついてないが。

nano購入と同時に導入したかったが、発表直後の購入だったので、プロテクターそのものの発売待ち状態。ようやく出たら直販価格の1/3ぐらいの送料がかかる。まぁ秋葉で(たぶん)定価で買えばいいんだけど歩いて探すのも億劫。で、検索したらAmazonでの値引き販売を発見、即クリック。

ところがこの極うす品薄、特に8GB Black用が。予定納期から約2週間後にようやく届いた。

Amhako

いつも思うが、こんな小さいものをこんなでかい箱で送るのはやめて欲しいぞ、Amazon。メール便で郵便受けに入れてくれれば十分。

数あるシリコンプロテクターの中で、数少ない黒く着色してあるものだが、それでも質感が損なわれるのは残念ではある。ドックコネクターカバーはありがたいが、なくしそうな予感。

Usu

関係ないけど、もう持ってるけど、カタログ確保(笑)。

Pronanocat

Appleの常で、グラフィックは美しいが、説明は素っ気ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »