« W42CA その1 | トップページ | チューナーに惑う »

W42CA その2

機種変時に面倒なこともいろいろあるが。

当たり前と言えば当たり前なんだけど、今時の携帯はメモリーメディアを使えるわけで、アドレスやブックマークやメールはメディアにバックアップすれば新規に移行できる。ただし、メールは本体には取り込めなかった。

42ca2_1

そのメディアだが、また規格が変わってしまった。幸い256MBで(この容量に根拠はないが)¥千円ちょっとと安価なので調達。左の二つは変換アダプタで、こんなに小さい。幸か不幸かW42CAのメモリースロットは、防水上電池パック収納部内という、簡単に抜き差しできない場所にあるので、そうそうなくすことはないだろうけど。で、一番右はその電池パック脱着用専用ツール。一円玉ではうまくいかないようだ。

三洋製からカシオ製に変わったら、日本語入力がATOKになった。これは期待したい。定型文登録していた情報はバックアップを取れなかったので、やむなく手入力。時刻読み上げ機能って、三洋製独自だったのね、残念。

しかし、三洋製のMac.フレンドリーというか、裏技だまし技の数々はカシオ製では徹底的に拒絶されてしまった。オーディオプレイヤー機能は専用アプリを使わないと一切使用不可。これまで使っていた自作着うたもほぼ全滅。まぁ、これらに関しては切り捨てる覚悟があったけど。
せっかくのUSBマスストレージ機能は端末を認識しているもののマウントされない。同期アプリでは認識されるけど、これぐらいは使えて欲しかった。

お約束のカスタマイズ。

42ca4_1

左の待ち受け画面は、ちょっとわかりにくいが月齢時計(たまたま新月なのね)。右のメニュー画面は iTunes7風。

|

« W42CA その1 | トップページ | チューナーに惑う »

コメント

着メロ有料サイトと契約しておりましたが、
殆ど使わない・・・・・

今は昔ながらの電子音が呼び出し音です
年取りました~~~~(T^T)

投稿: Wolfey | 2007.01.25 06:19

Wolfey さん
着メロに凝ってもほとんどマナーモードでは
無意味と悟りました
聞けるのはほぼアラームのみ
今となっては電子音の方が
かえって差別化できて新鮮かも

投稿: 森田勝里 | 2007.01.25 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/13597867

この記事へのトラックバック一覧です: W42CA その2:

« W42CA その1 | トップページ | チューナーに惑う »