« 取らぬ狸の | トップページ | 通販に頼る »

MP-GT1

で、届いたと思ったら、ココログがメンテ突入だったのだが。

iPod 1Gと比べても、かなりでかい。底面と側面は金属仕上げだが、正面と上下のプラスチック仕上げはちと安っぽい。側面の電源スイッチも頼りない。

Mpgt1_1

詳しいマニュアルは、メモリ内のPDFファイルをHDDにコピーして使うという、いかにも今時の仕様。

ホイールはメニューに対応して、段階的にまわるタイプ。iPodのようなクリックホイールでないのが惜しい。

PBG4のUSB1.0で試しに約120MBほどファイル転送したら、約3分かかった。こりゃかなわんと、1GBのファイルをPBG4からMacProに転送して約5分、USB2.0経由で転送するのに約5分。手間かけた方が早いとは(苦笑)。フォルダ管理は2階層まで。”アーティストーアルバム”みたいな感じ。これらをまとめて一つのフォルダで、ってわけにはいかないが、用途から考えて十分かな。再生は最下層のフォルダかプレイリスト単位。iPodとほど融通は利かないけど、用途を考えたらこれも十分。部分的なリピート=ループの設定も楽、というか掌上でやるので操作性がよい。CD-GT1は液晶も小さく表示情報が限られるので、何かと不便なのだ。

さっそくノーマルテンポで二音下げチューニングの曲を二音上げてみる。お〜、レギュラーチューニングで弾けるぞ、アンジェラの声がドナルドダックみたいになるが(笑)。もちろん、これでテンポを半分まで下げられる。

接続したギターの音はというと、CD-GT1に比べると(あくまで比較だが)かなりよい。エフェクターも豊富だけど、プリセットはちょっと空間系使いすぎ(笑)。これは個々に調節できるらしい。CD-GT1で聴くギターの音はなんかこもったようで、うまく音が作れなかった。ある程度腕のある人なら脳内補正で十分だろうけど、へたっぴいな私にはそれだけで意欲が萎えるので、MP-GT1の音のよさはありがたい。

そして、これもCD-GT1になかった機能のギタカラ。完全にギターが消えるわけじゃないけど、これかなり面白い。チューナーもメトロノームもついてるし、充電式だからACアダプタなしでもなんとかなるし(ちなみにPC周辺機器然とした5Vなのだな)、かなりお値打ちなんじゃないかな。

これとギターがあれば、猿のように一日中ギター弾いてられるかも(爆)、そんなにバッテリー保たないか。それにしてもUSBケーブルがかなり増えたな。

|

« 取らぬ狸の | トップページ | 通販に頼る »

コメント

黒いベース用、発売求む!!

投稿: Wolfey | 2007.04.05 05:27

Wolfey さん
十分可能性あると思います!

投稿: 森田勝里 | 2007.04.05 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/14553856

この記事へのトラックバック一覧です: MP-GT1:

« 取らぬ狸の | トップページ | 通販に頼る »