« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

ご意見賜りたく

通勤途上、いつも停めてあるバイクが気になっているのだが。

見ると久しく動かされた形跡がない。

路上に放置されたまま、車検も切れているバイクの持ち主を、個人が特定することは可能だろうか。

撤去したいのではなく、あわよくば持ち主からタダで譲り受けて、合法的に名変したいのだけど(笑)。

虫のいい考えかな、やっぱり(爆)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Forever

捨てられずにとっておいたのだが。

バイクに乗り始めた頃、仲間うちでオーダーしたスウェット。

Rtor2

もはや生地は伸びきり、すりきれ、ほつれ、着るに耐えない。天寿を全うしたものとして処分することにした。

Rtor1

デザインは不肖私めである。

当時、一人2着ずつ作ったのだが、今は1着しかないのは青春のほろ苦い思い出である(笑)。

革ツナギもまだ保管しているのだが、胴回りが苦しいことは間違いない(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レミーのおいしいレストラン

最近DVDはもっぱら借りて見るのだが。

これは久々に買いたいと思った。ファインディング・ニモでお馴染みピクサーによる「レミーのおいしいレストラン」。

Rmshfの物語である。

干支だからというわけではないが、主役のネズミが愛らしい。で、料理ネタを組み合わせる辺りツボを突いている。

今夏公開予定(笑)。DVD化はその数ヶ月後ね。人混み苦手は映画館も苦手なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZARD

ZARD
何もなかったかのように、日常は過ぎてゆくが。

ランチのBGMに流れる彼女の歌声。

もう坂井泉水には会えない。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Joast

Joastなるものがあったのだが。

一言でいえばストリーミング・テレビか。まだベータ・テストではあるが、試聴は可能。

Joast1

ネットで簡単な手続きをすると招待状が届く。一応人数限定らしい。

Joast2

インストールはアプリケーション・フォルダにドラッグするだけ。

Joast4

日本語番組はまだない、のかな。まぁ操作に英語力はほとんど不要だけど。

Joast5

画質はあまり大画面向きではないような。番組によって違うかも。

新聞のテレビ欄から見る番組を探すのも億劫な身には、将来ストリーミング配信が主流になったら、ほとんど見なくなるかも。それ以前に、見る時間を捻出するか、できるかどうかだけどね。いつも言ってるけど、映像でながらは不可能だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無駄が無駄を呼ぶ

こんなことに税金が使われていると思うと情けなくなるのだが。

ふるさと納税」なんてものを、真剣に議論しているそうな。住民税の一部をふるさとに納めるという。

「ふるさと」って、どう定義するの?。ふるさとが現在の自分に何をしてくれるの?。

税収が増える知事は賛成、減る知事は反対、至極もっともなご意見で。こんなことを検討するにも税金が使われていると思うと腹が立つ。

税源移譲だの、地方交付だの、ややこしいことばかり増やして、根本的な解決にはほど遠い。国税一本にして、一括地方交付、またはその逆にした方が、よっぽど納得する。払う方はどこに払っても同じなんだから、要は使い道だろ。

そのうち、ふるさと分増税すると言い出すんじゃないか(苦笑)。

「本日ダービー開催」ってニュースだろうか。あ、首相と皇太子が観戦するからなのね。平和な世の中だこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BOSE Companion2 II

毎度毎度のことなのだが。

Apple Storeで買い物をすると、「もっと買ったら値引いてやる」というクーポンを送ってくる。嫌味ったらしいので<負け惜しみ、いつも無効にしていたけれど。

長年使ったスピーカー、DIATONE(!) DS-51Pは横幅が大きく、カセット・デッキを移設したら、かなりレイアウトが狂ってしまった。発売当時、オーディオの音質をPC環境に、といっていたかどうかは定かではないが、音がよいのは確かで、買いそびれてオークションで手に入れた。

Dtn

歴史を物語る経年劣化である。

以前、リサイクル・ショップで買い逃したBOSE Media Mateをオークションで探していたが、みな私には信じられない値段で落札されている。デザインはMedia Mateが好きなのだが、さほど価格差がないならクーポンを使って現行品を買ってしまえ、とクリック。

Bscmpnn

BOSE Companion 2 II。Mac Proに合わせてシルバーにしたのだが、それは正面だけだった。まぁどうでもいいことだが。

BOSE特有の低音の効いた音はいいわるいは別として、好みからは少々過剰。しかし、近接聴取を前提に設計された音像の定位とトータルな音質はなかなかよい。この機種にはもう一つ特徴があって、入力が二系統ある。これがMP-GT1を鳴らすのに重宝するのだ。が、なぜか電源スイッチはない、私はタップの集中スイッチを使うので関係ないけど。

また一つ、音楽寄りになったMac.環境。

Mmr

| | コメント (7) | トラックバック (0)

連日

予定外に昨日CDを買ったのだが。

今日は今日とてHMVから届く。

Oopfjb

OZZY OSBOURNE 「BLACK RAIN」
JEFF BECK 「OFFICIAL BOOTLEG USA2006」
PINK FLOYD 「ATOM HEART MOTHER」
PINKFLOYD 「WISH YOU WERE HERE」

BECK以外は昨日届くはずだったのだが、何故か持ち帰りになった。

収納場所が手狭というより、ストックがなくなってきたので、CDソフトケースも発注。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブックオフで

iPodは通勤の友なのだが。

聴いていて、「このフレーズを弾いてみよう」と思うことは多々あるのだが、帰宅する頃には記憶がないのである(笑)。いちいちメモするわけにもいかないし。

今日も聴きながらブックオフに寄り道。店内を歩いていたら、腕を叩かれた気がした。

以前、店員に体当たりを喰らわされた経験があるので、警戒感たっぷりに振り向くと、女性店員がなんか言ってる。イヤフォンを外して問いただしたら。

「背中にガムが付いてるけど大丈夫ですか?」

まだ状況がわかってないので、大丈夫なわけないだろと心の中で毒づきつつ、確かニューヨークあたりでは、注意をそらせて盗みをはたらくケチャップ強盗なんて手口があったな、なんて懐疑心まで抱きつつ<いかに人間性が歪んでいるかを露見。

ここは日本、店内だよな、と多少冷静になる。上着を脱いで確かめると、確かにガムが付いてる(怒)。

「今ティッシュ持ってきます」と女性店員が走り去るのを、ティッシュ持ってるんだけど、と思いつつ見送る。

程なく戻ってきた女性店員、なにやらプラスチック・ボトルまで持って「レジの方にいらして下さい」と。

持っていたのはアルコール。きれいにガムを剥がしてくれた。「ベタつきは取れましたから、あとはクリーニングに出すといいと思います」と。

丁重に礼を言う。背中での出来事、知らぬ間の出来事、やり場のない怒り。それはそれとして。

何か買っていこうかと思うのが人情。

Bo4

SKID ROW 「SLAVE TO THE GRIND」
SKID ROW 「sUBHUMAN rACE」
MOTLEY CREE 「QUATERNARY」
ERIC CLAPTON 「PILGRIM」
全て¥250(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

iPodの夏

au夏モデルが発表されたのだが。

防水機能付きが昨今の流行りのようだが、G'z Oneの後継は現れず。一安心と同時に、W42CAの愛着が増した(笑)。Bluetooth搭載は相変わらず一機種のみ。グローバルパスポートも一新して健在。それにしても、見事に角張ったデザインばかりね、別に嫌いじゃないけど。

iPod 5Gを使い始めて約1ヶ月。nanoに比べて電池消耗が早いのは仕方がないか。電車内での動画鑑賞は、他人の目が気になるのと、酔いそうなので(苦笑)未だ試していない。今のところ、大きさ、重さとも十分許容なのだが、これから夏に向けて上着を着なくなる日が来る。するとシャツのポケットに入れることになろうが、その時はやっぱりnanoの方が具合がよさそうだ。でも、日中胸ポケットに入れてるW42CAよりiPod 5Gの方が軽いけど(笑)。

iPod Shuffle用リストバンドは権利放棄した。当面使い道なさそうだし。ヤフオクで売るってのも一瞬考えたけど、欲かくとろくなことないんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10th Anniversary Live

WOWOWの無料お試しは終わってしまったのだが。

加入しても見る時間はほとんど取れまいというのが正直なところではある。せいぜい録画がたまるだけかと。それにしても、SMBだけで終わるのはもったいないので録ったのをようやく見た。

Every Little Thing 10th Anniversary Special Live

10周年記念だけあって、ヒット曲が多いセットリストなので、知ってる曲が多い。一番好きな「Dear My Friend」はアンコールの一番最後だったが。持田香織の最高音がぎりぎりでちょっと痛々しい。疲労や不調によるものか、長年にわたる変化なのか、もともとなのかは不明だが。

つい目がいってしまった伊藤一朗のギターはKiller。鋭角な形状のヘッドに1弦のチューナーだけ逆側という配列がかっこいい。H-S-Hの構成でコントロールもシンプル。トラ杢やバーズアイがふんだんなネックも美しい。

ちょろっと「Dear My Friend」のリードをコピーし始めて、すぐ挫折(爆)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

The Others

7年ぶりに社内旅行が復活したのだが。

参加するのは10年ぶりぐらいか。週末をつぶされるのがいやで参加しなくなったが、復活した今回は金曜夜に熱海に移動して宴会、土曜朝に解散という宴会旅行というか終電無用の呑み会形式だったので参加してみた。

宿酔は辛うじて免れたものの、睡眠不足は否めず。帰宅後、昼寝がてらザッピングすると丁度はじまったのがこれ。

アザーズ 「アザーズ」

何を隠そう(隠してないけど)、ニコール・キッドマンは好きなのである。うつらうつらしながらも見ていて、クライマックスにさしかかったその時に。

書留が届いて肝腎の所を見逃す(怒)。

しかしこういう結末だったとは。センスは洒落てるけど地味な舞台設定がちょっと損してるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ニッポンのRock Guitar History』

ザッピングしていたのだが。

いきなり画面にCharの姿。なんだこれは!?。そのうちスタジオ・ライヴも始まった。

MUSIC:S -HIT SONG MAKERSスペシャル-『ニッポンのRock Guitar History』なる番組だった。完全にノーチェック。

急いで録画にしたのだが、時既に遅し、前半は見逃した。

再放送があったら必見ですぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヤンギにPlus

スコア譜目当てに買ったヤンギがたまってきたのだが。

他の記事を読み直すことはあり得ないと思うので、スコア譜だけを切り取ってスクラップしていたら、こんな写真があるのを発見。

Youngui1

1991年のヤンギだが、真ん中に鎮座ましますのは。

Youngui2

Macintosh Plusではないか!。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あやかりたい

某ブログを見てその感動を分かち合おうと思ったのだが。

ラストコンサート 「ラストコンサート」

本来ドンパチ専門で、ラヴ・ストーリーは苦手なんだけど、たまには涙を流してみるのもいいかと(笑)。ソフト・フォーカスに軽いBGMも苦手パターンだが、見ていくうちに、それなりに入り込んでいった。

ところが。

私は洋画は字幕で見るのが常だが、拙い英語のヒアリング力でも、余命幾ばくもない可憐なヒロインが「ふぁっきゅー」「さのばびっち」「ばすたーど」と宣ったのがわかった。舞台がフランスなので、アホな英語の吹き替えかとさえおもったが、読唇術を以てしても(笑)、確かに宣っておる。そんな言葉を口にするのはリプリーぐらいかと思ってたので。

涙を流すどころではなくなった(爆)。

最近こんなのも見たのだけど。

ナイロビの蜂 「ナイロビの蜂」

両作に共通するのは、ぱっとしない中年男が、うら若い美女に誘われるまま結ばれること。ありえね〜!!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Korpiklaani

月曜と火曜の通勤時に、録音した「Power Rock Today」を聞いているのだが。

ラジオ番組なので、当然喋りの部分があるわけで。だからこそ気楽に聞けるのだけど。

その中の一節。

Marty Freedmanがその存在が許せないと公言さえした、バイキング・メタルの雄Korpiklaaniの新譜紹介で。

「朝まで飲もうぜ」「吐くまで飲もうぜ」と飲もうぜ三部作を成す「朝から飲もうぜ」収録!。

というのを聞いて、思わず吹き出しそうになってしまった。

イヤフォンで聞いてる内容に笑うと、傍から見たら非常に怪しい(笑)。要注意だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W44T

そして手に入れたW44Tだが。

東芝製の端末は初めて。W42CAより薄いが、角張ってる分0.5回りぐらい大きく感じる。

44t1

auショップで増設手続きをして、さっそくBluetooth設定。

W44t2

Mac Pro側でもBluetoothデバイスとして追加。さて同期とiSyncに装置を追加しようとしたら

44cant

アイコンも違うし、追加も出来ない。さんざん調べたあげく、

iSyncがBluetoothで同期できるのはごく限られた機種(泣)。なんで事前に調べなかったかね〜、使えると信じて疑わなかった。で、併用している携帯シンク for Mac 3の付属機能で、ケーブル経由なら同期できるしアイコンも表示されるようになる。どっちも所有機と色違いだが(笑)。

44sync

じゃあこのBluetooth、なんの役に立つかというと、ハンズフリーとワイヤレス・イヤフォンと写真印刷ぐらい。どれも対応機器を所有せず(爆)。

この端末、サブディスプレイを持たない代わりに二軸回転ディスプレイ。

W44t3

しかし、この状態で通話は不可。カメラとして使うときぐらいしか役に立たない。この機能のために、カメラのレンズはテン・キーの裏側にあるので、指がかかりやすい。キー・タッチは柔らかめで、W42CAのかっちり感に慣れた身には心許ない。

iTunesのAACファイルはサウンドファイルとして再生可だが、au Music Playerでは認識不可。EZ FM対応だけど、アプリをダウンロードしないと使えない。こりゃあメイン使用の座にはほど遠いな。あ〜あ...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

安くなったもんだ

安くなったもんだ
\1,397

| | コメント (4) | トラックバック (1)

歯の話

目に青葉、歯といえばいろいろあるのだが。

かなり前に治療した、歯に被せた樹脂が欠けたので、歯医者に行った。樹脂を取り除いたところ、神経を抜いた跡に詰めた薬品が劣化しているということで、その穴を掃除してくれた。で、除去したものを見せてくれたのだが、神経を抜くときに使用したと思われる、針金状のヤスリの破片まで入っていた。そんなものをず〜っと顎に抱えていたのね。

鮫歯。シャークティース。戦闘機なんかの機首に描かれる、鮫の頭を模したペイント。ベタなデザインだし、到底迷彩の機能を有するとも思えないが、何故かそそるデザイン。F4ファントムにこれがあるとベストマッチである。

青歯。Bluetooth。主役になりきれない無線規格。Mac.のワイヤレス・キーボード&マウスはこの規格。後付けUSBユニットでも使用できるが、標準搭載でなければ内蔵するにはBTOにするしかない。携帯のハンズフリーもこの規格だが、au春モデルでは対応機種は一つしかない。ハンズフリーのみならず、データ転送にも使えるので、便利なことこの上ないと思うのだが、防水機能には必須と思われる我がW42CAも非搭載。かといってこの機能のために高価なビジネスモデルのE03CAにしようとは思わなかったが。

でも気になる、使ってみたいBluetooth。W4x以降のモデルはICカード差し替えで複数端末の使い分けができるのね。

ヤフオクで、Bluetooth搭載のW44T本体のみを安く落札(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プログレの波

波はいろいろ来るものだが。

Dream Theaterの新譜発売が近いからでもなかろうが、店頭で試聴したところMegadethより気に入った。

Snakes & Arrows Rush 「Snakes & Arrows」

そしたら無性に聴きたくなった風呂愚劣渋(爆)。三大プログレバンドといえば、Pink Floyd,YesにKing CrimsonかEL&Pなのかな、Beck,ClaptonにPageかJimiかってのと似てる。ま、それはいいいんだけど、わたし的にはPink Floydが一番だったが、Yesに惚れ込めなかった最大の理由は、おそらくアコースティックな音が多用されてるからだと、今になって思うわけで、逆にそれが今は心地よくもあったりする。

で、勢いは大切(笑)。買ったり借りたり。

Atom Heart Mother Wish You Were Here Animals
Yessongs Relayer Going for the One
90125 Brain Salad Surgery




4時間録音とどう両立するんだ?。

あ、5/23発売だとか。

LIVE in Tokyo Sadistic Mikaela Band LIVE in Tokyo

DVDは出ないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

困った

いや、困るようなことじゃないのだが。

希少性があるかなと思って、冷やかしで応募したら権利獲得。

REMAKE WRIST BAND for iPod shuffle G2 REMAKE WRIST BAND for iPod shuffle G2

もちろんiPod shuffleは付属しない。応募当時は、まかり間違って当選したら、shuffle買ってみるのもいいかも、なんて思ったけど、応募後、iPod 5Gだのradio SHARK 2だのPowerMateだの散財を繰り返してしまった。当たるとも思ってなかったし。

権利放棄は出来るけど、さてどうしたものか(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

めぞん復刻

ドラマで「めぞん一刻」をやるらしいのだが。

ヒロインは伊東美咲。雰囲気は合ってるけど、ちょっと細すぎるかも。スピリッツは創刊から読んでいたので、原作も知っているけど、完結する前にスピリッツは読まなくなったっけ。最終話はコミックスで読んだような気が。歳とると、思い入れがないと漫画読むのが活字よりしんどくなるのよ。これってたぶん、漫画だとネームと画の両方を把握しないとならないのが面倒になったんだと思う。いくら漫画でも、画だけ見ててもわけわかんないでしょ。だから読むのもものすごく時間がかかるのね。

で、ちょっと思い入れがあって久しぶりに漫画を買った。

Dmc123

| | コメント (3) | トラックバック (0)

昼飯

今日はとりたててネタがないのだが。

平均¥500/食のランチゲームをやっていて思うのは、例えば¥850のランチが必ずしも¥500より美味いわけではないということ。多分にこれは主観だけど、同じレベルの食事なら、安い方がいいし、短時間に食事するだけなので、場所代を余計に払うつもりもない。

そんな¥500ランチの救世主の一つが、おかず以外食べ放題の「さくら水産」である。野菜不足気味なのは否めないが、連日でなければさほど影響もあるまい。日替わりのおかずが2種類あって、一つは必ず魚。まあこの値段なので、ほっけの開きはそれなりって感じだが、ここのさんまは何故か一年中あるけどハズレがないと思う。

ある日気づいたのは、そのさんまの表記が「さんまの塩焼き」と「塩さんま焼き」の二種類あることで、「塩焼き」の日が圧倒的に少ないし、格段に美味い。おそらく「塩さんま」というのは、塩で保存加工したものだろうと想像する。さりとて、味は及第のありがたいメニューに変わりない。

で、今日は「塩焼き」の日だった。この季節ではあるが、適度に脂がのって美味。いつもワタから味わって、前半はそれに夢中(笑)。後半はもはやオマケ同然の身と玉子かけご飯で締める。

ちなみに旬になると「生さんまの塩焼き」の日がある。この日は出遅れると売り切れ必至である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POWER ROCK TODAY

radio SHARK 2で録音して聴いてみたのだが。

伊藤政則のPOWER ROCK TODAY<-携帯サイトってのがいかにも今風。iTunesに取り込むと、オーディオブックとして認識される。拡張子は.m4b。当然聴くのに実時間の4時間かかるわけで、通勤と昼休みに聴いても2日がかりである。

それでも貴重な番組、情報源であることは間違いない。J-WAVEではあり得ない選曲で、新譜を中心にフルコーラスで聴かせてくれる。ネットの試聴ってどうもしっくりこないだけに、これはありがたい。エアチェック(完全に死語)時代を思い出したりして。

毎週4時間聴く根性が続くかどうかは疑問だが(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Griffin PowerMate

Mac.にジョグダイヤルが欲しいと思ったのだが。

見かけと違い単なるボリューム・コントロールではないGriffin PowerMate

Permt

丁寧な作りで質感も高く、回転の感触も重過ぎず軽過ぎず良好。「右/左回転」以外に、「押す」「長押し」「押しながら右/左回転」と操作も多彩。ドライバをインストールすると、システム環境設定から各アプリでこれらの操作にキーボード・ショートカットを割り当て可能。限界はあるようだが、大抵のことは出来る。「押す」にイジェクトを割り当てると、イジェクト・キーで強いられるようになった長押しから解放された。

青く光るギミックは、スリープ時ゆっくり点滅するというおまけ付き(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Griffin radio SHARK 2

ありそうでなかったのだが。

Mac.でAM/FMラジオが聴けるGriffin radio SHARK 2

Raply Rsply2

何故こんなデザインになったかは定かではない。以前、白鮫もあったのだが、FMが日本の周波数帯に対応していなかった。この青く光る黒鮫、

Rsrec Rsrec2_1

録音時は赤く光る。録音フォーマットはAACかAIFFでタイマー録音可、iTunesにも自動的に取り込める。これで伊藤政則のPOWER ROCK TODAYを聴ける。LP07の第一報がこの番組だったので興味があるのだが、深夜放送のリアルタイムはもう無理。iKaraokeも思う存分使える(笑)。

しかし、リビングにパソコンを取り込むこのご時世に、Mac.に地デジやラジオを取り込むとは見事に逆行している(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぷんぷん

待ちに待ったサディスティック・ミカ・バンド Live in Tokyoだが。

せっかくのデジタル画質も、DVDにムーヴすると劣化するので、D-VHSで残すことにした。残念ながら音声は2ch。

Dvhs

ランダム・アクセスできないのはやはり不便なので、ディスクにもしておくことにした。我がD-VHSデッキはMPEGデコーダー非搭載という素晴らしい仕様なので、デジタル・チューナーを経由しないとデジタル録画を再生できない。従って、デジタル・チューナーのアナログ出力をDVDに録画すべく、想定外のダビングなので、苦労してオーディオ・ラック内の配線を変更したのに。

アナログ出力の信号にもコピーガードがかかってる(号泣)。

ワンセグ・チューナーの録画もチューナーを経由しないと再生できないし。全くデジタル放送ってのは、ユーザーの利便を無視してる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

PB is back

かねてより懸案だったのだが。

PB1979は比較的綺麗な状態で保存してあったが、ネックが順反ってやたらと弦高が高く、まともに弾けない。このまとまった休みに手を入れてやろうと思っていた。

よく見ればフレットもガビガビ。コンパウンドで磨きあげ、手に入れて初めて(笑)指板をレモンオイルで潤す。反りと弦高を調整して新しい弦を張る。以前適当に買っておいたのはダダリオだった。

Pbreb

あ、オクターブ調整忘れてた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

念願の

近々とある研修会に参加予定なのだが。

参加証が届いた。

Sbobst

この研修会、選りすぐられた参加者が全国津々浦々から集まって、日頃の研鑽を披露して感動を分かち合う(笑)、参加を望んでもなかなか叶わない貴重な場、らしいが。

参加しても酒呑むだけで終わるかも(爆)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

THE DA VINCI CODE

敷居の高い話題作であったが。

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション

前評判は、わかりにくいとか、宗教色が濃くて背景を知らないと難しいとか言われていたけれど、見始めると目を離せないサスペンスドラマ。宗教的な部分は、限られた時間の中で簡潔にわかりやすく織り込まれている。2時間以上の長編だが、中だるみもなく一気に見せるテンポのよさ。

せっかくだから、これはぜひ原作を読んでみたい。モナリザは強調しすぎだね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

UNITED93

もう6年も経つのだが。

ユナイテッド93

9.11テロの犠牲になった、ユナイテッド航空93便の機内の物語。特撮は一切無く、物語は淡々と進むが、ドキュメンタリーを見ているかのような緊迫感がある。あのアメリカにして、軍という巨大な組織ゆえのお役所ぶりも描写されていて、地味ながら佳作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵出し

TFTモニタの座布団に退役したビデオデッキを置いていたのだが。

DVD-HDDレコーダーがあれば、ビデオ・ライブラリのDVD化は簡単にできるので、もはやMac.でやることはないし、そもそもビデオデッキが壊れてる(苦笑)。

一方で、オーディオ・ラックの中で全く使われていないカセット・デッキ。膨大なカセット・ライブラリをMac.でCD化する方が、よほど理にかなっている。ので、配置換え。

Tftcet

CD化といっても、現在CDが手に入るものはCDを買えばいいわけで、全てをCD化する必要はない。むしろ、気になっていたのは、秘蔵の未公開資料、学生時代のライヴ音源である(笑)。

音質が悪いのはご愛敬。ちなみに私はベースで参加している。

しかし、一番聴きたかった、ツェッペリンを演じた音源は未発掘...。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »