« タダほど | トップページ | NANA2 »

トンマッコルへようこそ

なかなかタイトルを覚えられなかったのだが。

久しぶりに見る韓国映画。

トンマッコルへようこそ 「トンマッコルへようこそ」

朝鮮戦争下、戦いも争いもない村に迷い込んだ連合軍と人民軍の兵士が、次第に和解し、迫る危機から村を救うべく立ち上がる物語。

爆弾の爆発はそんなに小さくないだろ、ってツッコミはおいといて。

以前から感じていたのだが、同じような顔の俳優が演じているのに何故かえらく印象が違う韓国映画と日本映画。韓国映画はハリウッド映画を見るような印象なのだが、日本映画ははっきり言うと陰気くさい。ストーリー展開を別にしても、だ。その疑問がようやく解けた気がした。

画面のコントラストが明らかに違う。韓国映画の方が鮮明。本作のように、山中の村の情景や夜間の戦闘シーンでさえも、コントラストが強い。ハリウッド映画もその傾向が強い。邦画は、ともすれば意図的にソフト・フォーカスをかけたかのような、弱いコントラストが多い。構図のみならず、色遣いも重要な要素なんだなぁと。何が何でも強コントラストがいいってんじゃなくて、邦画のコントラストはそれがスタイルなのだ。

あ、本作に話を戻すと、なかなかいい話。って一言で片付けたら重みがないね(笑)。

|

« タダほど | トップページ | NANA2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/15754487

この記事へのトラックバック一覧です: トンマッコルへようこそ:

« タダほど | トップページ | NANA2 »