« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

表万座の変貌

西武の経営合理化により、営業譲渡された表万座スキー場は、表万座スノーパークとして再出発。廃止が危惧された嬬恋プリンスのスキーパックも存続して一安心。高いのはわかっているが、表万座の最寄りで宿泊するには他に選択肢がない。スキー場で呑むことを無上の喜びとしている身には(爆)、宿と表万座の送迎がないことには話にならないのである。

そろそろ常連扱いされるかと無意味な期待を抱いて到着した嬬恋プリンスの、ベテランドアマンは異動になり、あの笑顔で迎えられられないのは淋しい限りであった。もはやドアマンそのものが廃止されている。この夏、シェフも変わったとかで、食事も去年までと趣向が違う。好みに合う方に違うのは幸いだが。

これは今に始まったことではないが、ホテルの経営努力は痛いほどわかるが、それを無にするのはひとえに客質ではないかと。モラル、マナー、常識、これらの欠如はもはや経営側の責任ではない。

万座スキー場とは切り離され、送迎もなく、共通リフト券も廃止。万座スキー場まで足を伸ばす気はないので、これは実害なし。

さて、表万座スノーパークである。今回は積雪の関係でコースが限られていたが、謳い文句は全コースの復活である。これは期待したいところ。

様変わりしたのはレストハウス。外見は変化ないが、西武系でお約束のアリエスカにラーメンコーナーが集約されたようなメニュー構成のレストランに、餃子がないのが超残念。ラーメンコーナー跡は無料休憩所になったが、ここに限らず自販機にアルコールなし。売店がリフト券売り場兼レンタルショップになり、レンタルショップ跡はキッズルームとパトロールになり、元からあった無料休憩所には更衣室を増設。2ヶ所あったトイレのうち、レストラン下は封鎖され、ゲレンデからはやや遠い1ヶ所になってしまった。

決して積雪は多くなかったが、それにしてもシーズン・インの三連休にゲレンデもホテルも、こちらが心配するほど空いていた。客層は年寄りと家族連れが目立つ、自分もその範疇だが。空いているのは利用する側にはありがたいけれど、やはり行く末を案じてしまう。

Asm071223

これはゲレンデではなく、ホテルの窓から見る浅間山の夕景。

| | コメント (4)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
表万座

| | コメント (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
表万座

| | コメント (5)

Robot Guitar

へんちくりんなモノが出たと思ったが、実際に見るとやはり驚く。

その音はROBO COPを連想させ、絶妙のネーミングと思われ。もっとも最初に聞いた時は、勝手に演奏するのかと思ったが、それはGuitar Robotか。

こういうのを優れた機能というべきなのか、キワモノというべきなのか。そういう型にはめる考え方をやめて、別物というべきなのか。

でも、思ったより安いのね

| | コメント (2)

2007 The Best

はや今年も
アルバムベスト10発表の時期を迎えたのだが

なんと
今年買った新譜は20枚もないように思われ
ベスト10を選出すること自体が
無意味な状況である

旧譜はそこそこ買ったが
それとて後半は今までに比べて
かなり調達量が落ちたのは何故?

Rise of the Tyrant

とにもかくにも
私的に今年はこの一作に尽きる
iPod classicで全ライブラリを持ち歩いているのに
こればかり聴くのは憚るぐらいで
今日久々に聴いた

| | コメント (2)

一金六百円也

倒産品処分セールで、ヘヴィメタルなニット帽があったので買ってみた。

Hmcap

ちょっと違うか?。

| | コメント (2)

待ち望む?運命

定期購読で一日早く届くギタマガ。

テレキャス特集である。Hさんの記事にもある、ローズウッド・テレキャスが美しいが、ろくじゅうまんえんでは手が出ない。

いつかは欲しいテレキャス。いいと思う反面、思い入れが薄いのも確か。だから、手に入れる条件を勝手に設定している。

運命的な出会い(笑)

買おうと思って探したりせず、たまたま楽器店で見かけて手にとって、これは!、と思ったものを手に入れたいのだ。当然中古狙い。

そんな日が来る保証はないけどね。

| | コメント (4)

安易な休日

先週末は風邪で寝て過ごし、週明けからは一年で最も多忙な時期が始まり、今週末は来たるスキーシーズンに備えてスタッドレスを交換、その出費に放心。精神的に不安定なのか、ギターを弾いても気が晴れず。

TSUTAYAの誕生日クーポンで何でも半額なので、受け身に回って安易に鑑賞。

ロッキー・ザ・ファイナル
その歳でそれはないだろうって話だけど、そこはそれ、ロッキー風味に仕上げられ、それなりに楽しめる。

世界最速のインディアン スタンダード・エディション
こういう風に歳をとれればいいなという、バイク乗りの話。そうそううまくはいかないだろうという、つっこみどころは多々あれど、それがわざとらしく感じないところは、アンソニー・ホプキンスによるところが大きいかと。

墨攻
勧善懲悪の「正義は必ず勝つ」と思いきや、「正義といえども勝てない」結末に、ただただ悲哀を感じつつも感動を禁じ得ない、これは秀作である。吹替がてらそままさきに甲斐田裕子という、ER好きには堪えられないキャストでもある。

| | コメント (4)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »