« 表万座の変貌 | トップページ | 都電回帰 »

Schenker & Rhoads

正月に、実家で呑み過ぎて宿酔いになるのが、半ば恒例化している情けなさ。

今年も弟と他愛のないギター談義。弟はアコギもビートルズもブルースも全くと言っていいほど接点がないので、私とはかなりルーツが違う。この一年もなかなか充実したギターライフだったらしいのだが、へべれけの私には宴席の話題程度の印象でしかなかった(笑)。

帰宅すると、弟からの年賀状が届いていた。それも例年とはかなり趣向が違い、家族の写真ではない。

Mrbw

目の当たりにすると、なんとも素晴らしいというか徹底しているというか。弟にとってMichaelとRandyは神なのである。


さて、半年以上、待ちに待った再放送が今宵ついに!。『ニッポンのRock Guitar History』1/3BSフジで21:00から。その後には木村カエラもあるでよ。

|

« 表万座の変貌 | トップページ | 都電回帰 »

コメント

弟さん、かなぁ~~~~りコアですね(笑)

投稿: Wolfey | 2008.01.03 10:28

正月早々良いもの見せていただきましたv(^_^)v


なはりこれですね♪


拘りは大切です。高校の頃彼女より大切だった音楽!


これぞ男のロマンですv(^_^)v

投稿: わたなべ | 2008.01.03 10:39

Wolfey さん
これは血ですね(きっぱり)

わたなべ さん
負けない自信があったのですが
大きく揺らぎました(笑)

投稿: 森田勝里 | 2008.01.03 15:01

こりゃまた徹底してますね~
シェンカーVもランディV(ドット)も
リアルで持ってる人、初めて見ました(驚)!

投稿: 地味・・・偏 | 2008.01.04 22:34

地味・・・偏 さん
シェンカーVは一度店頭で中古を見かけましたが
私の神ではないので見送りました

投稿: 森田勝里 | 2008.01.05 08:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 表万座の変貌 | トップページ | 都電回帰 »