« 今日のゲレ食 | トップページ | 無限連鎖 »

国家の品格

本は大抵ブックオフで¥105になってから買って読むので、今更ながらに読んだのだが。

常々感じ、思っていたことを、見事に的確な言葉で説明してあって、大いに感銘を受けた。

国家の品格 (新潮新書)

今の世の中、どこかおかしんじゃない?、日本という国はこんなはずじゃなかったんじゃない?と感じる理由をうまく説明できないもやもやが、この本で晴れる。論理は重要だが、論理が全てではない。自由、平等は幻想。情緒と形は論理以前の土台を形成し、武士道とは卑怯を憎む心。欧米の論理に毒されていない、日本の特異性こそが品格であると。リーダーたる天才を生むのは、読み書き算盤で培われる土壌であり、英語はツールに過ぎないのだと。

再生紙の偽装は確かに責めを受けるべきだが、食品と違って命に関わる問題ではないので、表示を改めればいいだけ。官庁が再生紙がなくて困っているというニュースが、何を意味するのか理解に苦しんだのだが、官庁では再生紙を使うべしというばかばかしい法律があるそうで、そんなものが何故必要なのか、なぜ法律で定めなければならないのか。そんなものを税金を使って決めたと思うと、腹が立つのを通り越して呆れるばかり。

本書のタイトルは「国家」の品格であるが、そこに書かれているのは「日本人」の品格であり、「人間」の品格である。

|

« 今日のゲレ食 | トップページ | 無限連鎖 »

コメント

藤原さんの文章は好きです。
内容だけでなく文章にも品がありますね。

官庁が再生紙を使用しなければいけないという
法律の規定そのものに歪な感があります。
大臣が変わるたびにおかしな法律が制定されますが
トータルバランスを考えるとその意義も価値も
極めて低いような気がするのは僕だけ・・・?

議員の品格から直していかなければいけないような
国家に未来は・・・あるのかな?
とは言いすぎっすかね?(苦笑)

投稿: 地味・・・偏 | 2008.01.30 22:40

地味・・・偏 さん
そうなんです
上品さがさらに説得力を生む

何でもかんでも法律で決めるから
法律になければなんでもあり
みたいな風潮が生まれるんですね
昨今は

投稿: 森田勝里 | 2008.01.31 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日のゲレ食 | トップページ | 無限連鎖 »