« ケーブル音比べ第二弾 | トップページ | 最近のなんだか »

DEATH NOTE

週明けから風邪に悩まされ、仕事から帰ると即寝を繰り返していたが、木曜は発熱で休まずを得ず、今日ようやく九割方回復。もちろん今週はギターに触れる余裕もなし。

休んだ木曜、ずっと寝ていると腰が痛くなってきたので、起き出して録画してあったこれを見る。

DEATH NOTE デスノート

レンタル店の店頭に並んでいたのは知っていたが、青春ドラマっぽくも感じられ(笑)、借りてまで見る気はなかった。たまたま放送予定に気づいたので、録画して見たら。

見事にハマる(笑)。

名前を書かれた者は死ぬノートを手に入れた天才。その彼を捕らえるべく警察の捜査を指揮する天才。天才同士の戦いは決着を見ぬまま後編へ続く。

DEATH NOTE デスノート the Last name

放送は二週連続だが、見たタイミングは二夜連続(笑)。ストーリーに触れるとネタバレになるのでこれ以上は控えるが、後編ではヒロインが出色の出来というかはまり役というかいかにもそれっぽいというか。天才の戦いは俗人の私の予想を遙かに超え、なおかつ納得できる結末。多少のご都合主義など気にもならない完成度の高さ。原作漫画があるが、あえて読むのは避けたいと思うほど。キャスティングも心憎い。

こちらはアニメ化され放送されている「しおんの王」、キャラデザインが多少萌え入っているが(笑)、将棋を横軸に、サスペンスを縦軸にした異色の作品。両作に共通するのは、ヒロインの背景設定の残虐さ。サスペンスとしてのスパイスではあるけれど、こうした設定が多用されるのは、殺伐とした現代社会を投射しているのか。

|

« ケーブル音比べ第二弾 | トップページ | 最近のなんだか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ケーブル音比べ第二弾 | トップページ | 最近のなんだか »