« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

今日のゲレ食

今日のゲレ食
表万座

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
表万座

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
表万座

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RadRemote Radio

以前惨敗したiFM Dock。惨敗しただけあって、結局使わないままだった。FM携帯使えばいいんだし、なくても困らないんだけど、やっぱりiPodでも実用的に聴けた方が便利。

待てば海路の日和あり。

RadRemote Radio

純正にはない黒がお洒落。イヤフォンの抱き合わせもなく、安い。

で、届いた現物は、第一印象、ちゃっちい(´・ω・`)。質感というか、仕上げというか、とりあえずバリだけ除いて組んだ古いプラモのようである。 あまり電波状態のよくない我が家では、オートスキャンはほとんど使い物にならないが、マニュアルでセットすると、実用に耐える受信感度。 し・か・し!、iPod本体の音は明らかに劣化する。トゥルー・バイパスではないようだ(苦笑)。 やはり、Apple製品は、純正に勝る周辺機器はないのか?<まだ学習してないのか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

整理整頓

一見何も整理がついてないかに見えるだろうが。

Actap

これでもかなりスッキリしたのである。左上奥に常時通電タップ。左上にMac.周辺機器タップ。左下にギター関連タップ。その右に常時通電タップ、主に携帯等の充電用。後者二つが本日導入したもの。

これに加えてMac.本体やアンプへの常時通電タップが足許にあり、これらが全て壁コンセント二口から分岐しているという現実。全てに同時に通電することはないものの、いやはやなんとも。

先日、ネット接続不能に陥った原因がハブの不調だったのだが、現環境で有線LAN接続しているのはMac Proのみであり、Time Capsuleに3ポートあるので、通電が必要なハブが不要になったのを機に、電源供給状態を見直した結果、整理に踏み切った。やはりACアダプタがネックになるが、最近はそれ対応の3列×2形式タップもあるのね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

激情ギターラ!

職場の近所のCD屋兼本屋が、近隣にオープンする新店舗に統合されることになった。

徒歩圏ではあるが、ランチのついでに寄るような立地ではない。新譜の試聴に重宝していたが、その利便が失われることになる。そう、試聴だけして買ってはいなかったのだが(笑)。

店頭リサーチの利点は、ジャンルを問わないこと。そして目を引いたのがこれ。

激情ギターラ!(初回生産限定盤)(DVD付) rodrigo y gabriela 「激情ギターラ!」

この邦題がなんともそそった。試聴してみると、確かに激しいギター・デュオ、それもガット・ギター。限定盤のDVDで、演奏を目の当たりにできる。そのテクに目が釘付け。

そして、これは完全にジャケ買い。

Symphony Sarah Brightman 「Symphony」

これ、CDDBによるとクラシックなのね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

チューチュー

KORGから出るトゥルー・バイパスのチューナー。

 KORG pitchblack

チューニング・モードはストロボやらミラーやら4種類から選べて、なかなか目に楽しそうである。

片や内蔵型のトゥルー・バイパスのチューナー。


 N-TUNE ギターチューナー

ロボット・ギターのようにチューニングまではしてくれないが、なんかこういうギミックには惹かれる。

決してチューナー・フェチではありませぬ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ER XIII(13thシーズン)は秋から

アントラーズ・サポーターを自称するのに、サッカー中継はめっきり見なくなったが、F1中継は見ている。

しかし、春の訪れは「ER-緊急救命室-」とともに始まる。4月から9月にかけて、月曜23時は、何はなくともERなのである。今年はいつから始まるのかな〜と、国営放送のHPを見たら。

ない!?、ない!。放送枠にERの文字がない。

放送やめたのか?、受信料払うのやめたろか!、と怒りに震えつつHP内検索したら。

スタッフ・ブログみたいなページに秋からの告知。昨秋から放送しているドラマが3クールで枠を増やせず従来のER枠にはめたあおりだとか。ERのページを設けているなら、それぐらい告知せんかい!、これまでの放送で獲得したERファンをなめとんのか!。

必然的にDVDの発売も半年遅れということは、来春なのね。次シーズンからは秋放送開始が定着するのだろうか...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ARCH ENEMY JAPAN TOUR 2008

5日間スキーに行っても、体力は3日分しかないという情けない現実を認めざるを得なかったのだが。

オール・スタンディングもかなり体力的にきつかったりする。

LOUD PARK 07を見送っただけに、待ちに待ったARCH ENEMYのライヴ。整理番号は500番台だし、4時開演だし、ARCH ENEMYはトリに違いないので、3時半頃到着。

会場でTシャツを買って着ようと思って行ったら、欲しいデザインは品切れ(´・ω・`)。なんとも間抜けな出だしである。

ドリンク代別という、未だに理解不能なシステムで、ビールを飲みながら開演を待つ。そのうち、ステージから音が聞こえてくる。トリ以外に興味がない状況が顕著である。ロビーにいても仕方ないしとホールへ向かう。

今回は(も?)ホール1Fへのアプローチは2F経由なので、すでに階段まで人で埋め尽くされ、2Fで足止め。音は相変わらずブーミーである。JOB FOR A COWBOYが終わって1Fに移動。

インターミッションにもかかわらず、結構な人の数。中列左PAやや内側に陣取る。マイケル・アモットの立ち位置に合わせたつもり。ステージ奥にはダニエルのドラム・セットがベールに覆われている。

SHADOWS FALL開演。アルバムを聴き込んでいないので、ブーミーな音の前に脳内補正不可でノリきれない。ともするうちに、異常事態発生。最前列のモッシュ・ピットは想定の範囲内だが、その後ろで祭りの御輿のごとく、グルグル走り回る集団。その周りにいると体当たりを喰らう。それが私の3列ぐらい前で展開されたのだ。身の危険を感じ、ずるずる後退。

「後にARCH ENEMYが控えてるからこれで終わるぞ」とかなんとかいって最後の曲へ。耐えに耐えた時間がようやく終わると、ステージ変更にこれまた時間がかかる。今回は90分超のキラーセットという前情報もあり、そのせいかと期待しつつひたすら待つ、待つ、待つ。待ち続けて体力がかなり消耗しているのを感じる。

そして真打ち登場。マイケルは黒の新NINJAだ。思惑通り立ち位置もばっちり。姐さんは白基調に「PURE F○CKING METAL」のロゴをあしらったコスチュームでこれまたすげーかっこいい。と・こ・ろ・が!、ギターの音がほとんど聴こえず、脳内補正もままならない音。この状態が3曲目ぐらいまで続く。

今回はステージ上になんとお立ち台を設置。スタンディングだと前にでかい奴がいたらほとんどステージ上が見えないが、お立ち台の上ならマイケルのフィンガリングまでバッチリである。幸いなことに、今回の立ち位置は比較的視界が開けていたが、それでもこれは嬉しかった。最新作からの選曲中心だが、当然それなりに聴き込んでいるので、体力を振り絞ってはしゃぐ。

それにしても姐さん、一切の贅肉がない。美しい、実際。他のメンバーのダイエットを指導したというのもうなずける。黒装束のマイケル、クリス、シャーリーが付けていた赤の腕章はAIDS撲滅の意?。

ちょっと違和感があったのは、ギター・リフをサッカーの応援のように口ずさむノリ。それだけメジャーになった証拠か、楽しみ方に文句を言う筋合いではないが、純粋にギターを聴きたい身にはかなり耳障りだったのは確か。

旧作をもう少し聴きたいと思っているうちに演奏終了。これはアンコール期待と思ったらその通り「Enemy Within」から。次が「Silent Wars」だったライヴDVDまんまだが、さすがにそうは行かず。3曲演ってひっこむ。が、まだアンコールはあった。

なにやらメンバーがトロフィーをもって再登場。「なんちゃらリーダーズポールもらった」とかいってるのだが、実はこの頃持病の坐骨神経痛まで痛み出し(爆)かなり体力的にきつい状態。MC中になんとか痛みを克服したら「Nemesis」!。感動も束の間、例のグルグルが再発生。あとはあれで締め、と思ったとおり、「Fields Of Desolation」で終了。

待ちくたびれたが、ライヴはなかなかの出来かと。思えば生クリスを見たのは初めてだし。減点対象はPAとグルグル。

感動に酔いしれて会場を出ると、さっき品切れだったTシャツが入荷していたので確保。

Aesc081

ジャケ画とメンバー写真を避けての選択。

会場外の露天で、以前見送って後悔していたキーホルダーを確保。

Aesc082

う〜む、それにしても基礎体力を付けなければ、今後の参戦が危ういと再認識したライヴであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
高天ヶ原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
高天ヶ原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
焼額山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
焼額山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
焼額山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
横手山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
西館山

| | コメント (2) | トラックバック (0)

The National Flag of Sweeden

学生時代にやっていた青春ドラマで。

中村雅俊が確か星条旗に教科書を包んで通学しているシーンがあった。

星条旗柄の風呂敷だったかは定かではないが、真似してみたかった、当時ブリティッシュ・ロックに傾倒していた自分としてはユニオンジャックで。

しかし、そんな風呂敷どこで売ってるか見当も付かなかったし、国旗ならアメ横辺りに売っていそうだと足を運んだが、当時の懐具合にはえらく高かったので、あっさり諦めた。

今は楽天で安く買えるのである。

Nfswdn

なぜこれかって、ライヴDVDでアンジェラ姐さんが持っていたのが、やけにかっこよかったから。

Nfswdnae

これにArch Enemyのメンバーのサインをもらえたら至福である。

| | コメント (3)

宴の始まり

宴の始まり
新木場STUDIO COAST

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Time Capsule

ファイルメーカー社から「Bento」が発売されたが。

弁当箱届く。饅頭は退役。

Tc1

設定中にエラーになって、リセットして手動設定してようやく稼働。MacBookのTime Machineに設定。

Tc2

Finderからも見えるが、NASとして機能するのか?。

Tc3

検証は追々。なにしろ今日は接続設定で手一杯。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

侮り難し

MacBookのセットアップ。FireWire接続なのに多少時間はかかるものの、ターゲット・モードで環境移行も楽々。

CPUパワーに違わない、サクサクした動き。PowerBook G4上位機種への興味など消し飛んでしまうぐらい。グレア液晶も映り込みが少なく美しい。

Boot Campもセットアップ中。

Mbbcxp

そして、予定より3週間ぐらい早まった。

Tcshk

米国で出荷開始だし、当然といえば当然。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

薄い

MacBook Airを弄らせてもらう機会があったのだが。

MacBook Airはすごい。薄くて軽いのは承知していたが、薄くて軽いのに感動する。キーボードはMacBookPro並みにバックライト付きである。薄さの不安など払拭させる十分な剛性。PowerBook12"よりでかいのは事実だが、縦横の大きくなった分を補って余りある薄さである。現状、持ち歩きが目的なら間違いなくベストの選択である。かつてのPowerBook Duoを彷彿とさせる潔さ。

そして我が家にキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!のは薄くはないMacBook

Mb24

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の徒然

自転車の三人乗り、母親の抗議に屈して再検討、とか。

抗議するからには、責任と義務を果たす覚悟はあるんだろうな。三人乗りの自転車を擁護するつもりはこれっぽっちもない。どころか、道路上において最優先されるのは歩行者であり、勝手に突っ込んできて歩行者が悪いような態度を示すのは言語道断。歩行者と接触して子供が怪我したとしても、被害者は歩行者であり、自転車は加害者。その辺の覚悟があるなら三人でも四人でも乗ってくれ。

パイオニア、プラズマパネル生産撤退。パイオニア・ユーザーとしては至極残念。パイオニアのプラズマ品質に惚れ込んで選択したのに、買い換えを検討する頃にはKUROという選択肢はないのだろう。さらに驚いたのは、液晶パネルの供給を受けて、液晶テレビに進出するという。プラズマの将来は暗いのか。

「将棋界の一番長い日」A級順位戦最終局終わる。数年前から囲碁を覚えたいと思い、本を読んだりテレビを見たりしているが、一向に覚えない。実際に打たないから当然ではあるのだが、それ以前に、どうも感覚的に理解できないのである、面白いと思うのに。最近、子供の頃に覚えた将棋の方が、感覚的には理解できる気がして、囲碁とともに興味を持っているが、覚えられない決定的な難点は、いずれにも割く時間がない。やはり老後の楽しみにせざるを得ないのか。

| | コメント (0)

転調顛末記

弾き語りといえば、歌本である。我々の年代では色気づく年頃になると買うようになった「明星」の付録である。「平凡」は好きじゃなかった。

そんなものはとうに廃刊になり、今はネット社会である。

カラオケ対策なら、iTunes用のwidgetで歌詞表示できるが、コードは無理。耳コピするほどの技術も根性もない。しかし、検索してみるとあるのだなこれが、まんま歌本のようなサイトが。

ところが、である。著作権保護によりブラウザの印刷機能が使えない。

そんなことでへこたれるMac.使いではない(笑)。

画面をキャプチャして画像として印刷すれば可能。しかし、転調しようにもコードを書き込むスペースが不足。

我がプリンタは複合機である。絶対使わないと思っていたOCRアプリが付属していた。

早速起動するもエラー。バージョンが古いので、アップデータをダウンロード。

読み込もうと思ったら、複合機を認識しない。スキャナ機能を使ったのはかなり以前のことだった。最新のドライバをダウンロード。

ようやく読み込んでテキスト・データに落とす。テキスト・エディタの置換機能で転調する。いやあ楽ちん、のはずが、全角半角入り交じり、Bは8や日になっていたり、#が妙な漢字になっていたりと、一筋縄ではいかない。置換の順序を考えないと、せっかく置換したものが再度置換されてしまうし。

ま〜そんなこんなで、Mac.使いの技術を駆使?して、Mac.使いの根性全開でようやく1曲コード付き歌詞カード完成。

地道にベタ打ちした方が早かったのか?(爆)。

| | コメント (2)

春近し、か?

古本屋で表紙がAC/DCのヤンギを見つけ、奏法解説記事を期待して買ったら、インタビューしか載ってなくて落胆。スコア譜が一曲あって救われる。

5〜7F辺りでビビりがひどかったLP BBは最近ビビりが収束に向かいつつある。季節的な要因かとも思われ、保管状態を一考すると共に、いずれはプロに調整依頼しないと。

最近仕事に一区切りつき、お茶の水巡回を再開。初めて入ったBLUE-G。いいですな〜ここは。見てるだけ〜(笑)。G'CLUBも初めて入ったが、こちらはなんというか、面白味を感じない。にしてもだ、イシバシを初め、アコギの弦の扱いが淋しく感じるのは気のせいか?。結局買わず(買えず)。

次回は6月と想定される研修会(最近は支店長会議とも呼ばれる)に向け、まだ時間があると思っていると去年と同じことしかできないことが想像に難くないので、目標を絞って練習開始...するつもりなのだが、どこまで実践できるか?(爆)。

| | コメント (2)

甦る記憶

アコギを弾いてみると、かつての記憶が甦る。

弾き語り。できればいいなぁと。最大の難関は、大抵の曲でキーが声に合わない。

なら転調しよう、なんかカポって気分じゃないので。指折り数えるのも面倒なので、転調表を作ってみた。

Cdcnvrt

お入り用の方はこちらからどうぞ。.xlsファイルっす。使い方は一目瞭然だね。

数少ない、転調不要の曲を歌うのが、エリック・クラプトン。久しぶりにスコア譜なんぞ買ってしまった。

Ecscr

| | コメント (0)

TU-12の復権

ラック・チューナーDTR-2000に主役の座を明け渡したコンパクト・チューナーTU-12。

隠居状態で、スタジオや研修会の時だけに活躍の場を求めていたが。

ここに来て、OOO-28のチューニングでは主役の座を奪回。DTR-2000でもチューニングは出来るけど、当たり前だが固定設置なので、その前でしか使えないのである。

今まで、ソリッド・ギターでしか使っていなかったので、マイクを使った用途は初めてなわけだが。

これ、当然だろうが人間の声にも反応するわけで。

宴席に持ち込んで「人間チューニング」をやったら面白いんじゃないだろか(笑)。

| | コメント (2)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »