« 光輪モータース倒産 | トップページ | 先端技術も善し悪し »

SENNHEISER PMX200

久しくユーザーを見かけなかったので、存在すら忘れかけていたネック・バンド式のヘッドフォン。カナル式を愛用してオーテクのATH-CK3に収束したが、カナル式にしたのは音漏れ防止ただそれだけのため。性能を引き出すために必須の密着は、ときとして耳の穴の圧迫感が気になるのも事実。新しい解はネック・バンド式にあるのではないかとひらめいた。

音漏れしないことは必須の条件なので、密閉式が選択肢。デザイン的にも価格的にも手頃だったのはSENNHEISER PMX200。CX300は低音過多だったし、音はいいのにヴォーカルに不向きで半年前に玉砕したDENON AH-C350も、SENNHEISERと共通ドライバーだったのに一抹の不安も覚えたが。試聴したいところだが、自分の聴いている音源でないとあてにならないのも玉砕してわかったので、結局一発勝負することに(笑)。

Sennheiser クローズド型ダイナミックヘッドホン [PMX200]

ハウジングは密閉型とはいえ耳全体を覆うほど大きくなく、耳掛け併用、つまり耳掛け型がネックバンドで連結された形状である。単に耳に被せるのではなく、耳掛けのバーを装着するので、最適の位置を決めるには多少の慣れが必要。メガネ使用者はテンプルと干渉しないことも考慮しないとならない。ネック・バンドは折りたたみ不可だが、ハウジングが90度回転するので、平べったい形状での保管もできる。

一晩ピンク・ノイズでエージングしての音の印象は、可もなく不可もなしで全域にわたってフラット、危惧された低音過多はなし。しかし、形状が災いして密着が弱いため、その分低域が後退して中域がきつくなる傾向。ネック・バンドが頭を挟む力はそこそこありただでさえ圧迫感があるので、これ以上密着を高めたら頭痛を誘発すると思われ、この辺りが限界か。音像の定位は、当然のことながらカナル型よりかなり広がりを感じるが、音の再現性は繊細さが犠牲になった気も。そこそこの音量でも、周囲の音が聞こえるのはカナル型にない利点。

装着感は悪くはないので、エージングが進んで音質が向上することを期待したい。しかし、密閉式のパッドは夏場は暑苦しいだろう。

|

« 光輪モータース倒産 | トップページ | 先端技術も善し悪し »

コメント

僕も使ってましたが、LかRが断線してしまって以来
インナーイヤフォンに逆戻り。
新しいのが欲しいんですが、音漏れせずに外部の音が遮断され過ぎない、
でもって価格はそこそこ。と贅沢言って探してたので
これ!というものに出会ってません。

どうにも探すのが面倒に…(^-^;
BOSEとかやばかったですが、遮断性が高すぎて…
もとい、値段でOUTです。(笑)

投稿: clank | 2008.05.14 00:05

私も新しいヘッドフォン狙ってます
今使っているテクニカの物、イヤーパッドがボロボロなんですよ(苦笑)

外出時にMP3を聞くのはシュアーです


狙いは、これ
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=485%5E9900%2D52308%2D00%5E%5E

投稿: Wolfey | 2008.05.14 13:55

clank 君
おお、こんな身近にユーザーがいたとは!
用途から断線、破損は不可避なので
投資額はこの辺が上限です

Wolfey さん
M-AUDIOも興味はありますが
上記理由で却下(爆)
これも音家で買いました

投稿: 森田勝里 | 2008.05.14 20:52

以前は密閉型オンリー、今は耳掛け式を使ってますが
ヘッドフォンは難しいですね~

楽器の音圧で耳が痛まず、ヴォーカルの録りにも対応できて
掛けていて疲れない、臨場感のあるヘッドフォンっていうと
なかなか見当たらないっす(泪)
コードの長さにも不満が残るしな~(苦笑)

消耗品と割り切って使うのが一番いいのかな?とも思います。

投稿: 地味・・・偏 | 2008.05.14 23:24

地味・・・偏 さん
通勤に使うと正に消耗品で
1〜2年が更新の目安です
この価格帯だと
壊れなくても音質劣化は進むもんですねぇ

投稿: 森田勝里 | 2008.05.15 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/41190760

この記事へのトラックバック一覧です: SENNHEISER PMX200:

« 光輪モータース倒産 | トップページ | 先端技術も善し悪し »