« フェンダーストラトキャスターブック | トップページ | ギブソン・レスポール・ブック »

カード携帯

なんだよ〜、今夜はマクロスFの放送ないのかよ!(怒)。

毎年のように携帯を増やしているという現実。 常々「携帯端末は安すぎる」という批判的な立場を保持しつつ、しっかりその恩恵にあずかっていたりする。

頑丈さ優先で機能と重量を妥協したW42CA。
機能を優先して重量と形状を妥協したW44S。

そして今回は

薄さ軽量を優先して操作と機能を妥協したW55T。

W55t1

随所でキータッチ最悪とか持ちにくいとか開きにくいとか充電クレードルがないとか酷評されているけど、以前モックを触った限りではさほどの不満はなかった。
持ち歩くなら薄くて軽い方がいいという原点に戻り、「滅多に使わないから」操作も機能も妥協できるという、矛盾に満ちた選択である(爆)。

W55t2

これだけ厚さが違う。しかし、携帯=濃色という私のセオリーで黒を選んだら、表は鏡面加工、内側はグロス仕上げで指紋ベタベタ。SIM差し替えで使い分けられるけど、W44Sは寝室テレビ専用になってしまうのではないかという危惧も(笑)。

3x->4x->5xと一応正常進化しているが、導入はいつも発表の約一年遅れというのも、安く増設できる秘訣ではある。これは機種変¥0が当たり前のようだが、2年の縛りがイヤでオークション利用。来年の今頃はW62CAが有力だ(笑)。

|

« フェンダーストラトキャスターブック | トップページ | ギブソン・レスポール・ブック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/41479019

この記事へのトラックバック一覧です: カード携帯:

« フェンダーストラトキャスターブック | トップページ | ギブソン・レスポール・ブック »