« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

Judas Priest 2008 at 武道館

それは波乱から始まる。

チケットに指定してある2階北西スタンドの入り口がない。案内の兄ちゃんに聞いたら。

「北西スタンドは急遽使用しないことになったので振り替えます」

Frk

振替先は1階南西スタンド。ステージに向かって左45度あたり、悪くはない。

周りを見ても、アリーナを見ても、メタルのライヴにしては観客が黒っぽくない(笑)。平日ということを差し引いても、これはJudasのファン層が幅広いせいかね。

19:00に「間もなく開演」のアナウンス。Judasみたいな大物が、そんな時間通りに開演したらロックじゃないだろ、と思ったら5分過ぎぐらいに場内暗転。変に気を回してゆっくり来なくてよかった(笑)。

ネット上のセットリストはあえてチェックしないで臨んだ。「Prophecy」でスタート。俄然ヒートアップ、なんだけど、皆さん非常にお行儀がよい(笑)。今までオール・スタンディングしか行ってなかったのだけど、武道館はアリーナも含め全席椅子がある。ので、モッシュピットなんか発生しないし(もっともJudasでは無縁かも知れないけど)、周囲を見ても座ったままの人も散見される。

だからゆっくり座って聴いたかというと、思わず立ち上がったけど(笑)。でも、ミドルテンポの曲は座って聴いたし、すこぶる快適。武道館のライヴっていいね<違(爆)。Arch Enemyも武道館でやってくれないかな。音も変にブーミーじゃないし。

新曲よりも定番曲の方が盛り上がった感があるのは若干Judasに気の毒ではあるが、メタル・オペラは完全再現しないと良さが伝わらないだろうし、これはこれでありでしょ。実際ロブとの掛け合いもとても楽しかったし。

あ、以前「Nostradamus」は好みじゃないなんて言ったけど、撤回。聴き込むと、通して聴くと、良さがわかる大作と実感。毛色が違うのは確かだけど。

ま〜やっぱり個人的には、生Braking The Lawと生Electric Eyeと生Painkillerが最高だったな〜。

ステージではもっぱらK.K.に注目。ステージ左で一人Vを弾きまくる姿は最高!。K.K.もグレンもほぼ毎曲ギターを持ちかえる、って数本をとっかえひっかえだけど。グレンがエクスプローラーを抱く姿は新鮮だった。K.K.のVはボディが小振りでかっこいいよね。構えるポジションもしっかりチェック。でも、ステージにアンプの壁が少ないのはちょっと淋しい。そんなの今時流行らないのか。

約100分のステージ、ホントにかっこいいオヤジ達だぜ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見参

かれこれもう5回ぐらい見てるんだが。スロー再生しまくり。


Mnstrbtrd

ケーニッヒ・モンスターもバトロイドで登場!。

興が乗ってプラモ屋に走ったが。

マクロスF(フロンティア) 1/72 VF-25F メサイアバルキリー アルト機

一週間も出遅れてたのね(´・ω・`)。まぁいずれ出るであろうアーマード仕様を待つのが得策ではあるが。

しかし、月曜のJudas Priestに向けて、気持ちの切替ができるんかいな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終わらないマクロスF

Fshd


恐れ入りました。ま〜まだネタはいっぱい残してはいるが。


黄金のメドレー、O.S.T.2に収録して欲しいな〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今回の特典

マクロスF2 BD届く。ちなみに再生環境はまだない。

Mcrssfbd2

特典は缶ピンバッジ。どうせならSMSの布ワッペンの方がいいな。


Vf25hnk

ライナーノートにはVF-25の変形が図解されている。そろそろプラモやフィギアも発売だな。


Amznhk

別発注したインクカートリッジも同時に届く。発注が別だと発送をまとめられないのはやむを得ないとしても、この大きさの商品をこんな箱に梱包するのもコストダウンのうちなのか。一瞬、BDの特典はランカ愛用のバルキリー・バッグかと思ったぞ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ER XIII いよいよ

中途半端に長い韓国ドラマのあおりを受けて、この春におあずけを食ったER XIII

番組編成期で10月放送開始と思って当然だが、来週9/29放送開始である(´・ω・`)。この辺もファンはないがしろにされてるな。XIIがとんでもない終わり方をしているだけに、第1回を見逃したら激怒もんだぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が愛しのゴジラ

史上最強のハイビジョン ゴジラ完全放送

かつてDVDボックスをその高価格ゆえ見送っただけに、非常にそそる企画であるが。

ハイビジョンを保存できる手段は限られる。D-VHSでは、テープ1本に1〜2作しか録画できない(はず)。このためにブルーレイを導入しても、片面一層では1枚にやはり1〜2作しか録画できない(はず)。何しろ全28作である(´・ω・`)。

ハイビジョン化されたとはいえ、元はハイビジョンではないので、画面の鮮明さには自ずと限界があろう。なら、DVD画質で録画するか。手間を省いて地道にボックスの中古を探すか。

放送までにはまだ間があるので、ゆっくり考えよう(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく到着

Death Magnetic METALLICA「Death Magnetic」(US)

安さ優先でUS盤を予約したら、発売日を過ぎても一向に届かず、土曜に納期一ヶ月遅れの連絡が。

職場の近所のディスカウント・ショップでSHM-CDを約20%オフで売っていたのは確認している。これだとUK盤やINT盤と大差ないので、キャンセルして週明けに買おうかと思っていたところ。

日曜に発送通知が届く(´・ω・`)。まぁ届くんならいいけど、気を揉ませないでくれぇ。

届いたのは最廉価盤にもかかわらずデジパック。スリムケース化できないから、ありがたくないんだよな。さぁて今週は、これとノストラダムスを集中的に聴くとするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のデジカメ感

一定の周期で更新したくなる(笑)デジカメ。

コンパクトはCASIO EX-Z50を使って3年チョイ。今やコンパクトも10メガピクセルの時代だが、5メガだって何も不自由はない。光学式ファインダーにこだわって選択したモデルだし、広角側が35mmだけど、それ以上の広角はデジ一眼を使えばいいわけだし、最新式がこれより格段にコンパクトになるわけじゃなし。型落ちしたリコーGX-100には格安感に心惹かれるものもあるけど、コンパクトにRAWデータを求めるわけじゃなし。

デジ一眼はといえば、銀塩の資産有効利用から選択したNikon。中古で入手したD70sでも十分すぎるスペックなわけで、これまた10メガピクセルを必要としているわけじゃなし。D700に始まるフルサイズも、逆にD70s専用レンズが生かせなくなる(のか?)。

というわけで、もうしばらく自制できる理由は十分すぎるほどある(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝手に起動病完治

邦文の公式発表もあり、アップデート後に検証。暫定的解決時に削除したRadioShark2関連ファイルを再インストールして、午前9時を迎えたが。

勝手に起動することはなかった。

しかし、「初めて聞いたように思う」ってぐらいのマイノリティだったから、解決に1年近くかかったんだろうか(´・ω・`)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブルーレイは来るのか

決して買い急ぐつもりはないんだけど、ブルーレイ。巷では今回の新モデル発表を機に導入決定された方がちら ほら

S-VHSデッキ退役後のオーディオ・ラック内スペースの空きは埋めたくなるのが性。BDレコーダーが順当な選択だけど、オリンピック終了後、値下がりが反転したりして、機が熟していない感はある。それにも増して、「レコーダー」機能にさほど興味がないのである。テレビの画質は向上しても、中身はアナログと変わらない。CM、テロップ入り放題のソースを録画して残そうという気は滅多に起こらない。

メーカーはレコーダーの開発に全力を注いでおり、プレーヤーは高級機ばかり。従って価格はレコーダー<プレーヤーの式が定理化しつつある。もちろん再生重視ならそれは全く構わないんだけど、現環境はHDMIにも新音声フォーマットにも未対応なので、とりあえずBDを再生できればいい程度の気持ちの方が強い。ゲームはやらないので、PS3という選択肢もなし。ならWチューナーも不要で、BDレコーダーのローエンド機がもう一段値下がるのを待つのが得策か。

と思っていたところ。

型落ちしたBDプレーヤーの投げ売りに遭遇。現在のBDレコーダーローエンド機並みの売値である。単機能なら再生能力は上回る、と考えてもよかろう、通販なので店頭で確認というわけにもいかないが。高級機を謳っているとはいえ、これは一種の賭なのは承知(笑)。

SACD再生不可だが、現プレーヤーの共存は可能、第一滅多に聴かないし(笑)。この滅多に使わない環境を確保しておかないと気が済まない性格は、いー加減なんとかなしないとな(´・ω・`)。HDMIや新フォーマットに対応するには、システムへの大規模投資が必要なのであと何年もかかると思われ、最低それまでのつなぎにもなるし、対応できた後もしばらくは使えるなら、コスパは高いと判断。

意を決してクリックしたら。

メーカー完売(号泣)。

そうこうするうちに、Wチューナーローエンド旧モデルが再反転、値下がり始めた。と同時に年末発売のBDプレーヤーも発表される。同程度の価格なら、再生性能はプレーヤーの方が上だろう。なら、やはりもうしばらく待ちか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Octopus Guitar?

8弦ギター Ibanez RG2228登場。






1音下げチューニングで、ロー側に2弦追加。24Fなので、上6弦は2Fずらせば22Fと同じってことか。

実売18万強らしい。発売予定は来年2月だから約半年待ちの期間本数限定受注生産。弾けやしないけど、非常に興味はある(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Mac OSX 10.5.5 アップデート

Addresses an issue in which some Macs could unexpectedly power on at the same time each day.

勝手に起動病にようやく対処したのか。でも検証もめんどくさいぞ、再発するとやっかいだし(´・ω・`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式?発表

Arch Enemy オフィシャル・サイトによれば、

この3月の日本のライヴがDVD化!。これは待ち遠しい。

一方で、

マイケル・アモットはESPと8年間に渡る袂を分かったという。円満な決別とのことだが。もうNinja-Vは市販されなくなるのか?。いや、それより、次のマイケルのウェポンはどこが作るのか?、これこそ興味津々だ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちゅーんちゅーん

私の彼〜は〜チューナー好き〜<ばき。

ハノンの教本に、メトロノーム使用が推奨されている。機械式メトロノームが実家にあるはずだ、約30年物の。小遣い2ヶ月分ぐらいを投入して入手したものだが、買ってそんなに嬉しい物ではなかったっけ。それでも、ベース上達のためには必要と考え、「ちーんかっちかっちかっち」に合わせて練習した。

重要性は十分認識している。そろそろ新調してもバチは当たるまい。Garage Bandにもメトローム機能はあるが、その都度Mac.の起動も煩わしいしな。

そういえば、メトロノーム内蔵のチューナーってあったよな。

KORG TM-40 メトロチューナー KORG TM-40

サイズも小さいし、液晶のも欲しかったし、電池は単四だし、なかなかお手頃。

発注して気付いたんだが、GT-MP1にもメトロームとチューナーが内蔵されてたな(笑)。まぁこっちはスピーカー内蔵が利点、「かっこっこっこっ」って音はかなり違和感あるけど。

届いてから気付いたが、暗譜しないとメトロノームに合わせて弾けないな(爆)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

色いろ

相変わらず事前リークがあるのは、それだけ注目されてる現れ。

touch。デザインがより洗練され(あまり目立たないかも?)、前年比100%増量。音量調節ボタンは評価したい。
classic。前年比50%増量。1モデルに集約。
shuffle。カラー変更のみ。

やはり目玉はnano。100%増量。やっぱり縦長デザインはいいね。色もきれいだけど、全色揃えて眺める酔狂ではない。

Genius機能はいいアイディアだけど、ランダム再生を多用しない身にはオマケ感覚。classicユーザーとしては、1モデルに集約されたことに今後の存続に若干不安あり。操作性のよい大容量モデルはデザイン変わってもいいから継続して欲しい。shuffle以外全機種Nike +に対応したけど、nanoより重いモデルは使いたくない。

touchは操作性の難点に目をつぶるにはさらなる100%増量=64GBになるまで食指が動かない。nanoはデザイン的にはそそるものの、夏の通勤用のつもりだった現有nano3G 8GBではやはり容量不足を痛感し、結局classicを多用。ランニング使用がメインになったこのnanoは専用アームバンドなので、新nano流用不可。新nanoを軽さ優先でメインに使用するにはせめてもう100%増量=32GBは欲しい。

と冷静に分析してみる(笑)。新モデルを発表直後に手に入れてもモテないのはtouchでよくわかったし(爆)、nanoの整備済み品が出たらまた考えるとしよう。

整備済み品といえば、MacBook ProのUSキーボードが出てる。タイミングが合えば、これはお値打ち品。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

133%増量

200%増量してから1年半近く経つが、コスト単価は66%低下。FB-DIMMの値下がりはほとんど期待してなかったんだけど、ゆっくりとはいえ、この流れに乗らない手はないかと(笑)。

7gb

動画編集するわけでもないのに。

1GB -> +2GB -> +4GBと来たから、次は+8GBなのかな(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハノン

コメントで練習素材としてハノンをご推薦いただいた。ツェルニーと並ぶ課題曲集。エヴァンゲリオンにはまれば知っているカノンとは別物。自慢じゃないが、遠い昔、バイエルの上巻の半分で投げ出した実績あり。

おあつらえ向きのものを発見、藁にもすがる思いで早速確保。

 「ギター・ハノン」

ついでにこれも。

速弾きハノン ギタリストのためのフィンガリングトレーニング(CD付) 「速弾きハノン」

悲しいことに、ホントに物覚えが悪くなった。コピーする端から忘れる。弾ける=コピーできてる、ではないと割り切ることにして久しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

順当

出るべくして出た第三弾。

ムック フェンダーテレキャスターブック (シンコー・ミュージックMOOK) 「フェンダーテレキャスターブック」

極私的にいえば、三大ギターで一番馴染みがないのがテレキャスター。理由は単純に造形だったけど。でも、今は一番ブルースが似合うのはテレキャスターだと思っている。

とはいえ、テレキャス使いとして思い浮かぶプレイヤーがいない。ペイジがZep.の1stでテレキャスを使っていた、なんて話は後で知ったけど、長らく思い入れがなかったモデルなので、印象が残っていない。

そんな穴を埋めてくれる、テレキャス使い情報も豊富なムック本。ここまでは誰でも予想可。

さて、次が出るとしたら。

◎SG
○Flying-V & Explorer
▲PRS
×Jackson

| | コメント (4) | トラックバック (0)

胸一杯

北京オリンピックの閉会式を見て以来、記憶から甦って耳に焼きついたフレーズ。

恥ずかしながら、今でも「趣味はギター」というのが憚る、「弾いてみて」といわれてもまともに一曲弾けないから。

自分が楽しければいいので、さしたる問題ではないが、これはやっぱり悔しくて、少しずつ少しずつ鍛錬しているつもりだが、遅々として進まない。

で、この週末はそのフレーズをコピーしてみる。ギター・トレーナーを駆使して少しずつ。今までもいろんな曲で何度となく挑戦したが、その都度挫折。まぁ高望みもあったんだろうけど。

今回はなんとなく形になった。と同時に気付いた。

今まで曲は弾けなくとも、気ままに弾きつつも、スケールはそれなりに練習していたわけで。

スケールとフレーズを重ねてみると、なんかそれらしく弾ける。スケールを知らずに耳コピしたら、それこそとんでもないことになりかねないなと。

ちょっとだけ、今までやって来たことが報われた気がした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

隠し絵

Kkshrnk

今回のは見つけやすかったな。

キャシー、カットによって顔変わり過ぎ。

「大人じゃなくて漢なんだよ!」けだし名言。

造形としてはやっぱりVF-171EXよりVF-25。

勇気あげちゃったのね<ばき。


ほとんどの人、わけわからんな(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Time Machineにお願いした

KASIMO Viewerなる素敵なiTunes プラグインを知った。歌詞を表示するウィジェットは入れていたが、こっちの方がスマート。早速インストールしたら。

日本語フォントが全て「□」になってしまう(´・ω・`)。

どのバージョンからか、iTunesはジャンルを勝手に日本語に書き換える病に罹患したので、英語表示にして回避していたのだが、そのせいかと思い日本語表示に戻しても同じ(´・ω・`)。

iTunesとKASIMOを再インストールしても同じ(´・ω・`)。

適当に初期設定ファイルを削除したら、ライブラリの再構築やらアートワークの再建策やらが始まった(´・ω・`)。挙げ句の果て、曲を選択しただけではアートワークが表示されず、曲を再生しなければそのアートワークが表示されない(´・ω・`)。

KASIMOは諦めるとしても、今までなら、あ〜あ、で終わるところだが。

こんな時こそTime Machineにお願い、ぢゃないかと気付く。

ライブラリの追加以外、iTunesに変更はないし、この1週間は追加もしてないし、そもそもTime Machineは環境丸ごとではなく復元するファイルを選べる。

Time Machineで選べた直近の環境の1週間前の初期設定ファイルを復元。見事にアートワークの障害は解決。

Time Machineすごい。でも、KASIMOの根本的解決ではない(´・ω・`)。どーせ滅多に使わないと思って諦める、ウィジェットの方がカバーする歌詞は多いしな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

唐突

「(私が)他人事のよう(に話す)とのことだが、私は自分を客観的に見ることができる。(質問している)あなたとは違う。」

この言葉から感じる人間臭さ「だけ」は、好感を持てるが(笑)。

辞任の理由が「最も迷惑をかけない時期だから」ってことしか伝わってこないが、勤め人の円満退職と同レベルか。辞めたくてしょーがなかったのかね〜。政争の犠牲といえるかも知れないが、そもそも政争自体がレベル低過ぎだし。

おおよそ国家の宰相としての気概は感じられない、今に始まったことじゃないけど。だいたい気概を感じるのは劣勢の候補だね、いつの時代も。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »