« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

1/72 VF-25F メサイア 製作 1

思えばギターに復帰した時きっぱり手を引いたので、プラモデルは3年以上ぶりだ。プラモである必然はなかったが、変型するVF-25で今のところもっともコスパがいいから仕方ない。方針は無塗装でデカールとガンダムマーカーによるスミ入れのみ。下手に色気を出すとすぐ挫折するので、これを徹底することに。完成後、変型を繰り返すと傷だらけになるという情報もあるので、これで十分だろうし。

日曜の午後に起工。箱がでかいのはパーツが多いからで、なにしろ細かい。細かくて精密、形状をきちんと把握しないと、突起なのかゲートなのかの判別もつかないので、自ずと作業は慎重になる。確認しつつの作業だから、パーツをまとめて切り出すなんて無謀の極致で時間がかかるのなんの。全体の仮組みなんておっかなくてできるはずもなく。

モールドも細かいが、組んだら全く見えないところにまであって、気付かず気分転換のつもりでやったスミ入れが無駄に(´・ω・`)。それぐらい組み説を見て完成型を頭に入れれば防げると思うだろうが、とても頭にはいるような代物じゃないのよ、この細かさは。

などとぼやきつつ作業。人形は顔が命、ファイターは機首が命、バトロイドは頭が命。組み説は機首からだが気分を高揚させようと頭から。ここで早くも壁が。モニター・カメラはせっかくのクリアパーツに緑メタのシールを貼る仕様(´・ω・`)。オズマ機はカラー・クリア・パーツらしいんだけど。クリア・グリーンの塗装は方針に反する(面倒ともいう)。

Vf25f01_2

検討の結果、シールを切り刻んでクリアパーツの内面に貼ってしのぐことにした。

Vf25f02

見映えは今イチだが何もしないよりはまし。レーザー砲はグレー塗装が必要だが目をつぶる。続いて、これがどうしたら機首になるのか、半信半疑のまま組む。

Vf25f03

アルトの下半身はシートと一体なので、アルトレス仕様は不可。こんなの皆さんよく塗装できるな。ミリタリー・モデルではお約束のコックピットパネル用デカールもない仕様。

Vf25f04

キャノピーの黒枠もデカールがない。スモーク塗装すればアルトレスも可能かも。

日曜の午後いっぱいかけてこれしか進まず。こりゃ先が長いぞ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長瀬に教えられる

TOKIOのメンバー、長瀬智也のドキュメンタリー番組。長瀬といえば、ギター・コレクションには定評がある。単にそれだけの興味から見た。

プレミアム10「天国の扉をノックしろ~長瀬智也・30歳のいま~」

長瀬って所詮ジャニーズだろ、稼ぎ突っ込んでギター買いそろえたんだろ、ってやっかみは却下。プロのミュージシャンとして活動している以上、素人、アマチュアと一線を画すのは厳然たる事実。上手い下手は主観的なもので、布袋だってCharの前では神妙になるわけだし。

閑話休題、ミュージシャン長瀬としてのドキュメンタリーを期待したら、半分はアクター長瀬だったけど、それでもデモテープ制作や録音の様子を見ることができる。デモテープ制作に自前?のMac Proを持ち込むところで一気に興味が増す(笑)。

Logicであろうアプリを使って打ち込む姿を見て、はたと思った。これはガレバンでも当然できるわけで、リアル音源のループに限界を感じていたところに光明が差した気がした。っつーかすっかり忘れてたのと、根気の無さをループに頼った報いだが(´・ω・`)。時間をかけて打ち込めば、欲するリズムパターンができるのは当たり前だ。結局はやる気の問題だね。

長瀬が使ったギターはコール・クラークとテイラーの12弦。エレキは出なかったね。録音のモニターはやはりSONY MDR-CD900ST。いつかはこれを使えるような録音をしたいものだ。

SONY MDR-CD900ST

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己参戦DVD

タイランツ・オブ・ザ・ライジング・サン [DVD]

メタルなDVDの深夜鑑賞にはワイヤレス・ヘッドフォンが活躍。そんな時ぐらいしか活躍しないけど。

自分が参戦していると、DVDデビューを果たすべく、自分の姿、自分の声援を探してしまう(笑)。真横でステージを撮影していたガタイのよい外人のカムには映っているはずもなく、未だ認識できず。

P.A.が不調?だった一曲目もクリアに収録されている、当たり前。白装束の姐さん、やっぱりイケてるね〜。しかし、今時のDVDとしては画質があまりよろしくない。なんかジャギーが気になるのプラズマ側の問題か?。

「Silverwing」のフレーズに挑戦しようとMP-GT1を起動するも、なんかポジションがしっくりこない。DVDと音程を合わせたら、原曲は半音下げ原曲の半音上げで演ってる。ってことは2音半上げでレギュラーチューニングに合うわけだ。2音下げの先入観が間違ってた。やっぱりNinja Vで弾くのがお約束。気持ちの昂揚が違うぜ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらに届く

ちょっと違うVF。

Gx100vf

自ら参戦したライヴ。

タイランツ・オブ・ザ・ライジング・サン [DVD] Tyrants of the Rising Sun: Live in Japan [DVD]

音はCDの方がよろしいかと。アンジェラ初のコンプリート・ライヴ・アルバム。

タイランツ・オブ・ザ・ライジング・サン [DVD] Tyrants of the Rising Sun [2CD]

スキー・スノボといえばやっぱり白。

Rmmiw

あ〜あ(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日明日に何故か集中

抗いがたく。

25f

だって安かったんだもん。

来たる12月は私の最繁忙月。図らずも、いろいろ届き始めた。心の支えにするかの如く。

スターシップ・トゥルーパーズ3 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD] スターシップ・トゥルーパーズ3

まだまだ続く<ばき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死ななきゃ直らない

淡々とランニング継続中。必要に迫られて導入したのがこれ。

Mmkk

私の耳の穴が大きいのか、構造が一般的でないのか、純正イヤフォンはすぐにずれ落ちてしまい、ランニング中はストレスを感じることこの上ない。思えばインイヤータイプを使っていた頃は、スポンジのカバーを常用していた。カナル式は運動時は使用に耐えない。そこで純正を耳掛け式にするアダプター。密着度は相変わらず弱いが、聞こえてずれなければランニング時は問題ない。

nano 2Gにはシリコンケースに続き、アームバンドもヤフオクで確保。

Nano2gband

わかりきってはいたが、シリコンケース装着のままではアームバンド使用不可。アームバンドも3G用に比較すると品質の劣りは否めない。重さもホイールの大きさも意外にも2G,3Gに大差ないが、ディスプレイの大きさの違いは歴然。2Gのシリコンケースは密着度が高く(それはいいことなのだが)、脱着に難儀する。結局、ランニング時に使うには3Gの方が都合がいい。

nano 2Gの導入は衝動買い以外の何ものでもなかったな。いや、色は大いに気に入ってるけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メサイアいろいろ

気がついたらオズマ機の画像が公開されていた。っつーかもう発売なのね。

しかも見慣れないアルト機まで発売予定。

1/100完成品フィギュアらしい。変型は一部差し替え。プラモよりは変型は容易そうだし、サイズもこちらの方がコンパクトでよい。しかしお高い。

お高いDX超合金もアルト機、オズマ機以外に種類が増えている。価格的に論外だが。

スーパーパック搭載アルト機とアーマードパック搭載オズマ機とガリア4仕様ミッシェル機(笑)が欲しいけど、そんなのまだまだ先って感じだね。そこまで揃えたらルカ機だって欲しくなるな(爆)。食玩化希望。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクロスF4の特典

先月のカレンダーの続きかと思ったら。

Mcrssf4

「鳥の人」のプレス&チケットである。マクロスゼロを見始めたという意味ではタイミングがいいが。

こういう特典は最も実利がない(´・ω・`)。クラン・クランを配したジャケ・デザインはいいけど。

残り5巻のうち、2巻は4ヶ月分カレンダーなのかな(´・ω・`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーテクが増える ATH-SJ5

最近カナル型がちょっと辛くなってきて、夏の間は暑くて使っていなかったPMX200に替えてみたところ、挟み込みと耳掛けの圧迫感が結構きつく感じた。選択肢としては残すは普通のオーバーヘッド型だが、仰々しいのであえてそれは避けてきた。けどまぁ、最近は街中でもさほどめずらしくないし、試してみるのも悪くないかと。

某氏が愛用するAKG K414Pに興味があったが、あくまでカナル型をメインに使うことに変わりはないので、投資額は極力抑えたい。ので逸品館で評価が高かったこれを選択。

audio-technica ポータブルヘッドホン ATH-SJ5 BK audiotechnica ATH-SJ5

ちょっとでかいが平たくたためるしまぁいいか。評価を鵜呑みにして試聴もしなかったが、エージング無しでそこそこ聴ける音ってのも久しぶり。ピンクノイズでエージング中。このデザイン、以前使っていたATH-6Dを思い出させてちょっと懐かしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスタルジャケットに復帰

iPod classicのシリコンケースはあまりに安物過ぎて、密着性が弱く、結果鏡面部分は曇り放題、いつのまにやら小傷も(´・ω・`)。

iPod miniで使ってその良さを人に勧めた割には、それ以降使っていなかったポリカーボネート製ケースに替えてみた。

パワーサポート クリスタルジャケットセット for iPod classic 80GB PCC-51 パワーサポート クリスタルジャケット

薄さは若干スポイルするものの、やっぱりケースとしての機能性は高いや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

照明を少しエコ

ベッドサイドの照明はもらい物のスタンドで、たぶん20年以上使っている。壊れはしないが電球がミシン球というもので、切れると買うのに苦労する。白熱球でもあるし、ここらでLEDに更新してもよかろう。

電池式は煩わしいので、これにしてみた。

TWINBIRD LEDベッドライト ブラック LE-H222B

しかし、消灯時にスイッチのLEDが点灯し続けては、あまりエコじゃないか(´・ω・`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音の小箱 i-Bird

寝室に置いてあるミニコンポが老朽化している。

SANYO DC-DVD100(S) DVDマイクロコンポーネントシステム 注)写真はイメージ

鳴ればいいと近所の電気屋で最廉価品を買ったら初期不良で交換になったっけ。割とまともな音で鳴ってるし、不具合はとりあえずないが、寝室でもiPodを鳴らせればいいなと。AUX入力経由で鳴らすことは可能だが、もう十分使ったし、そこまでこれに固執することもなかろう。FMチューナー付きのiPod用パワードスピーカーを探したら、上手い具合に型落ち品がAmazonに安く出ていたので更新。

Princeton I-Bird FM/AMラジオ搭載目覚まし機能付きiPod専用マルチメディアスピーカー ブラック PSP-MSSACB Princeton i-Bird PSP-MSSACB

ちなみに現行のPSP-MSSBCは若干のカラー変更と、touch 2G & nano 4G対応と思われる。PSP-MSSAC単体ではこの最新2機種は充電不可。

本来店頭で試聴すべきだが、型落ち品なのでいつ完売するやも知れず、ギャンブルに打って出た(笑)。iPodセット状態でわかる通り、かなりコンパクトだが底面にサブウーファーを内蔵している。果たしてその効果は高く、クリアで厚みのある音を再生する。BGMとしては十分な音質だ。アラーム、スリープ機能も備え、付属する薄型リモコンは感度もよく便利。通常売価なら他機種と比較するのは当然だが、この価格ならあえて後悔の道をたどることもなかろう(笑)。

ミニコンポは本来処分するところだが、もうしばらくMac.部屋で延命することにした。Mac.を起動しなくともCDやラジオを鳴らせると便利かも知れないので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来るぞ来るぞ

ゴジラが来るぞ

って歌詞があったかどうかは定かじゃないが

京浜急行電鉄:16駅の駅メロディ採用曲が決定いたしました!

浦賀駅に行きたい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iPod考

iPod 1Gを使っていた頃は、選択肢がなかったので全てを受け入れるしかなかったけど、今は選択肢も機能も豊富。その中でベストチョイスが見つからないジレンマ。

基本的に通勤時とランニング時に不自由なく使えればいい。ライブラリ全ての持ち歩きと軽薄短小の2台に集約できれば十分なのだが、それがなかなかうまくいかないわけで。

現有機種に関しては
classic:容量は十分、操作性もよし。再生中の画面が時間&バッテリー表示になるのが×。
nano 2G:動画再生不可は問題ないが、メニュー構成は一世代前なので不便。容量は不満なれど辛うじて許容。現在入手できるアームバンドがバックルを介するのは煩わしく×。
nano 3G:動画再生機能はおまけでも嬉しいし、容量的に2Gの倍あるのはありがたいが、デザインと色は不満。再生中の画面はclassicと同様で×。

現行機種に関しては
touch:もし64GBになれば、両手操作必須としてもnanoと併用を前提なら、付加機能を考慮すればclassicと代替の可能性はあり。
nano 4G:再生中の画面は未確認だが、機能とデザインは○。しかしアームバンドはバックルを介するので×。

Mac.のカスタマイズは自由度が高いけど、iPodはお仕着せのメニュー表示しかカスタマイズできない。アームバンド使用時はケースを使えず多少なりとも汗の影響を受けるので、1台に集約するのも抵抗あり。そんなこんなで、まだ3台体制は進展せず。これって、インターフェイスの自由度が高いMac OSユーザーゆえの不満なのかなぁ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原点は

ガンダムは好きだし見るけど、ガンダム世代とはちょっとずれていて、メカ好きの原点は零戦や大和をはじめとする軍用兵器に遡る。マクロスに夢中になる一因はその辺にもあるのかも知れない。合体メカより変型メカの方が好きだし、だからかガンダムでも好きな機体はZやキュリオスだったりして。

Zr12

マーケットプレイスで送料を払っても格安だったので確保。マクロスFでも劇中劇になっているので興味があった。CGはまだ未熟でゲームっぽいところがあるが、ストーリーは期待できそう。ただし、中古頼みなので続きをいつ見ることが出来るかは不明(´・ω・`)。

これはHDリマスターを買い直すかどうか悩む。買った途端にBDが出たりして。LDのCAV版を持っていた気がするのだが発掘できず。DVD入手時点に処分したのだろう。

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版

作品としてはやっぱりこれが好き。早瀬未沙が魅力的。あ、マクロスが好きなのは女性キャラが好きだからか?(爆)。マクロスFの美人キャラNo.1はグレイスかもね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先祖返り

現行nanoやtouchの整備済み品なんてまださすがにないだろうと思いつつ、Apple Storeを覗いてみたら。

nano 2G グリーンを発見。touch 1G入手の際にnano 2G ブラックを手放したことを後悔し、せっかくなら好きな色を再入手しようと試みたことがあったが、熾烈な競争に負け、nano 3Gで我慢した経緯があるのだが。

あ〜も〜これはと即クリ(笑)。よく見ると3Gより若干高かったりするけど。

3g2g

さっそくシリコンケースの調達に秋葉に出向くが、もはや店頭には2Gのケースなんてありゃしない。これは大誤算であった。が、ヤフオクにはあった。バルク品だが即決価格¥100+送料¥240+送手¥100(笑)。これでも店頭で買うより安いとは。

さて、nanoをコレクションする気はないので今後の方針を検討する。nanoの主な使い道は夏の通勤時とNike+である。3Gはビデオ再生できるが、通勤時に見ることはまずないし、ビデオが容量を食うので音楽で使っている容量は2Gとさほど変わらない。2GにNike+をセットしたら音声ガイドが英語で面食らったが、これはアップデートで日本語になった。しかし、アームバンドは3G専用で再調達しなければならない。Nikeのアームバンドは既に流通していないのでヤフオク頼みだが3rdパーティー製なら入手可能。

手にしっくり馴染むのは2Gなので、2Gに集約する方向とするか。一ヶ月以内に結論づければ、3Gに下取りキャンペーンを利用できるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいいスタック

もうマイケル・アモットとのつながりは(たぶん)なくなってしまったKRANKにある、住宅事情に優しいスタックモデル。

 KRANK Rev JR.

この音源を聴いてがぜん興味が湧く。クランチはちょっと違う感があるが、その辺はペダルを使う等するればどうにでもなるだろ。一回り大きいコンボアンプと思えば、現実味はあるけど。

厳しい現実はこれさえ置けなかったりして(泣)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ピック

マクロスFやBDにかまけてばかりいるようで、ギターも忘れちゃいない。

ネックが太くカッタウェイの浅いレスポールは、低音弦のハイポジを使うには私にとってかなり辛い、腕があれば関係ないんだろうけど。スウィープの練習にはネックが薄くてカッタウェイの深いRGが格段に弾きやすい。こいう時はスルーネックに木目鮮やかなRGT220が欲しいと思う(笑)。

ギターを弾く時欠かせないのがピック。いろいろ試したが今のお気に入りはHISTORY HP3

Hispck

もともとハードが好きなのだが、これは人間の爪に近い材質というのが売りで、その適度なしなやかさが弾きやすい。ちょっとだけ割高だけど、そんなに懐が痛むわけじゃなし。持った感じも滑る感じがなくてよい。

それにしても物覚えが悪くなったよなぁ、弾いたそばからすぐ忘れる(´・ω・`)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

問題のすり替え

右の検索フレーズランキングで、ほぼ毎日表示されるのが「光輪モータース 倒産」関連。いや〜光輪人気、侮れないね(違)。

先日のニュースで、

親が経済的理由以外で国民健康保険料を滞納しているため、保険診療を受けられない子供が全国で3万人いる。子供に罪はないので、何らかの対策を検討したい。

と報じられたが。

これ、違うだろ。

「経済的理由以外で」ってそこまで調査している以上、これは「子供に罪はない」のではなく「親に罪がある」のだろ。明らかに本質を見失った問題のすり替え。対策に要する費用は親から徹底的に徴収することに使われるべきではないか。

本質を見失ってるのは景気対策の銭ばらまき政策も同じ。私が言うまでもないだろうけど、それでホントに景気が上向くと考えているとしたら、おめでたいを通り越してそんな輩に国政なんか任せられたものじゃない。ばらまくための手間暇が景気を上向かせるとでも思ってるのかねぇ。前回のばらまきで一切の恩恵がなかった恨みも深いし(苦笑)。

民営化したはずの高速料金を一律千円にするって、それは必ず補填しなけりゃなるまい。ま、3年後の消費税増税で帳尻を合わせると「予め」言った点だけは評価するけどね。来たるスキーシーズンでは千円の恩恵は受けられそうだが、それゆえ渋滞がひどくなるのは嫌なのと、ポイント還元がかなり先になってしまうのが難(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »