« 奇々怪々 | トップページ | イー・モバイルを研究 »

レーザーディスクの終焉

パイオニアから届いたメルマガによれば

Lded

ホークスの優勝セールでダイエーでコンパチ・プレーヤーを買ったのは何年前だったろうか。ビデオテープ全盛期に、ランダムアクセス可能な劣化しないメディアとしてのLDは、それは画期的だった。廉価盤も出始め、結構買い漁ったものだが。

それもDVDに取って代わり、多分に漏れず自分も移行。しかし、LD化はされたものの、DVD化されなかった作品もあり、かなり処分はしたが、いまでも少ないながらLDライブラリは保存している。

年一回も再生しないのも事実だが。

また一つの時代が終わろうとしている。

|

« 奇々怪々 | トップページ | イー・モバイルを研究 »

コメント

確かに今となっては需要がカラオケくらいしか無いものの、
LDでしか存在しないソフトがあるのも事実です。
せめて全タイトルの移行を決めて欲しいものですね~

投稿: 地味・・・偏 | 2009.01.14 22:01

地味・・・偏 さん
DVD化はおろか
LD化さえされなかったソフトのビデオを
オークションで入手したこともあります

投稿: 森田勝里 | 2009.01.14 23:11

LDだけにしか存在しない映像もかなりあるのは確かなんですけどね…
もうグループ社内にはLD技術を熟知した現場技術者ほとんどおりませんぜ…転職か昇進で管理職に。
再生機の部品保有期限もあるし、何よりもソフト部門のPLDCがとっくの昔に解散(ベネッセへ譲渡)しているので今まで持ちこたえていたというのが正解かも。
再生機は今後の修理対応なども心配してたほうがいいかもです。

投稿: 堀川@Ninja糊 | 2009.01.31 19:56

堀川ちん
手元に残ったLDソフトもいずれはDVD化して
これ以上の延命はしないことでしょう

投稿: 森田勝里 | 2009.01.31 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/43741372

この記事へのトラックバック一覧です: レーザーディスクの終焉:

« 奇々怪々 | トップページ | イー・モバイルを研究 »