« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

スーパーパーツは脱着不可!?

届いた!

Sppts1








Sppts2_2

聞いてねーよ!!

まぁ今となってはAmazonの商品説明にも明記されてるけど。これを買うのはたまたま未組立の人、ストックしてる人だけってことか?。あ、スーパー仕様で売るのはアルト機だけってことね。

スナップフィットで組み立てたから、慎重にバラして大改装するかなぁ(´・ω・`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勢いは大事

現在公開中と勘違いしてたら、DVD発売間近。

たぶん予約は殺到してるんだろうけど、私もその一人に(笑)。

ライヴに刺激されて、また少しライブラリを充実させたく。

一つ異質なのも入ってるけど(笑)、これはかねがね聴いてみたかった良質のスラッシュ・メタル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北東

いや、値段でA席選んだんだからいいんだけどさ。

武道館の北東スタンドは、クラプトンの背中が見える特等席(´・ω・`)。

ステージのほぼ真横、ドラマーの左手延長線上だった。普段見えないステージ上が丸見えではあるので、それはそれで面白いといえば面白いが。

クラプトンはこっちをチラ見もせず。アコギ・タイムに至っては斜に構えるので、背中が真正面。ま〜アリーナ席であっても、指使いがほとんど見えないと思うけどな。なんか寂しい。照明が明るいときは、ステージサイドのギター群が見えたりしたけど、真横だと何が何だかわからんし。

音が右チャンネルしか聞こえない、ってことは(たぶん)ないんだけど(現場では検証不能)。サラウンド・モードでいうところの7ch STEREOみたいなもんか。

セット・リストは2002年のライヴ映像が刷り込まれているので、かなり違う印象。で、ちょっと仕事がテンパってて、雨模様の中、開演予定10分前に到着して、実はあまりテンション上がってなかったりしたんだが。

私としては、始まってみたらあっという間に終わった、って感じで、初めてクラプトンを聴けて満足してる。ギタリストってよりは、ギタリスト、ヴォーカリスト半々なのかなとは思ったけど、やっぱりギターを聴けたのは素直に感動。昔から知っているだけに、今は昔あっての今、みたいな妙な感慨が。伊達に歳はとってないよね〜。

正直、セットリストの半分は知らない(覚えてない、かも)曲だったけど、それでも十分楽しめた。Cocaineのイントロを、Sunshine of Your Loveかと思ったのは秘密<どこが(笑)。

ストラト、やっぱりいいね。しばらくは品薄っつうか回転率高いんだろうな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宴の始まり

宴の始まり
武道館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/72 VF-25S オズマ機 製作 5

オズマ機はミリタリーっぽさが強調されていてかっこいい。ので、ファイター形態で保存しようと思い、変形回数を最低にしようと、デカール作業の途中で、先にバトロイド形態を仕上げることにした。

で、再度ファイター形態に戻したらこの有様(泣)。

Vf25s06_2

水転写式デカールはデカールそのものも接着力も非常に弱い。立体的なところはなかなかなじまないのだが、マークソフターはなく、必殺スチーム作戦を敢行する気合いもなく、湯を使ってみたりもしたが、結局断念。剥がれ防止にコーティングは必須だが、どのタイミングでやるかは疑問。そのつもりもないので、結局主要なデカールはシールで貼り直し。

Vf25s07_2

今後もデカールが剥がれる度にシールで補修することになるのか(´・ω・`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

趣向を変える

週末走る10kmのコースは、信号がないことを最優先に最近ようやく安定化。始点と終点を入れ替えて変化もつけているが。

ふと思い立って、隣町(笑)のホビーショップを往復してみることにした。今まで運動と称してママチャリGTで往復していた店。地図で見る限りは往復10km程度と思われ、あまりに遠ければ5km地点で引き返せばいいし。

結果は、往復11km強。難点は折り返し地点で必ず休憩してしまうこと(笑)。

スーパーメサイアの為に行ったわけではない。

今後、片道5kmの買い物にランニングで行くわけでは決してない(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベックはこっちで

来週クラプトンに参戦するんだよな〜って意識は持ってるけど。

ベックはさほど興味ないし、クラプトンのチケット取っちゃったし、高いし、という負け惜しみのオンパレードで見送った競演が今なのね。だからこんなもの放送してたのね。クラプトンも一曲だけ競演。ストラトの音の違いが極端で面白かった。

か〜わいいよね、Tal Wilkenfeld(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

騒ぐ虫を静めようと

まぁいつかは買うんだし(爆)。

Amazonでも買えるのね。

で、マーケットプレイスが最安なのでクリックしたら、おまえには発送できないといわれる。ま〜た勝手に仕様変えられたかと、設定をあれこれいじっても同じ。発送先は沖縄限定と気づくのに要した時間は短くなかった。(´・ω・`)。

楽天ではコレが最安だと思うけど

もうどうでもよくなった(笑)。ピーターソンを輸入しちまえという進言もいただいたが、日本に発送してくれるところを探す段階で面倒くさくなった(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2 Bulldogs

ココログのあほったれがアップロード・ファイルのサイズを1MBに制限しやがったので、別のところに置くことにした。

VOXのBulldog Distortionの優れぶりを再現したかったんだけど、なかなか思うようにはいかない(´・ω・`)。

セッティングは

LP BB リアPU
↓シールド:Belden8412
Bulldog Distortion
↓シールド:CAJ
GS-10
 アンプモデリング:Full Range(フラットな特性で癖がない)
 Gain75,Bs69,Mid27,Tre69,Pre26,Vol36
 (この辺はアンプを鳴らすのととかなり違って実音を聴きながら設定)
 Effect:Reverb6

Garage Band

16小節×3でクリーン、Gain1、Gain2。思えばクリーンは同じ長さの必要ないな(笑)。

Bulldog Distortionのセッティング

Blldg0221

Gain1はAC/DCみたいなRock、Gain2はMetalっぽい音をイメージ。ただし、Bass,Trebleは残念ながらGain1,2共通設定。

しかし、クローム仕上げのBulldog Distortionは写真撮影泣かせだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

S.M.S Ver.って

シールで再現かい!

Dssms_2

冷静に考えれば当然だけどな(´・ω・`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクロスF7の特典

ブロマイド3枚かよ。

Mcrssf7

すっげ〜不満。

8は9〜12月のカレンダーで、9はボックスか(´・ω・`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また騒ぐ虫

Bulldogを確保するとき並んでいて、かなりクラクラきた特価品。

一緒に並んでいたこっちはネットの方が安い。

チューナーフェチ(爆)の虫が騒いだのだが、エフェクト・ボード組むわけじゃなし。いや、組みたいけど、使う機会ないし(笑)。もっと練習しないとな。

まぁ、見送る理由付けとしてはトゥルー・バイパスじゃないし、改造は自分じゃできないし。トゥルー・バイパス狙いなら、これらはまだ現行品だし。

 

そもそもトゥルー・バイパスにこだわるべきかもまだわかってない(´・ω・`)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Bulldog

その昔、HONDAのリッター1.2リッターカー「シティ」にブルドッグというターボ搭載グレードがあったっけ。マッチョでかっこよかった。

一年以上ギターを買っていない自分を褒めてあげたい(爆)。さすがに虫が騒ぎ出し、御茶ノ水へ行ってみた。結構店舗の統廃合が進んでるのね。

目当てはIbanezのRGT220Aの中古。生産完了した木目仕上げののスルーネックモデル。売れ残っていたんだけど、価格比高く感じた。中古の傷はやむなしとしても、木工品としての仕上げが不満だったのね、木目仕上げなのに。

そんなわけで試奏もせず退散。散財も回避。

そういえば、気になるエフェクターがあったっけ<進歩なし。検索したら、なんか特価販売中。

 VOX COOLTRON Bulldog Distortion

いつも緊張する(笑)お約束の試奏をしてお持ち帰り。これぐらいの散財ならささやかでいいだろ(爆)。

店頭ではこんなもんだろうと納得したが、家で弾いてみてびっくり、すごくいいんだなこれが。2ch仕様は承知していたが、それぞれ味付けも違う。一粒で二度おいしい(死語)。愛用しているBOSS METAL ZONEは手軽にメタルの音が出せるし、歪みを加減すれば普通?のディストーションとしても使えるとは思っていたが、やっぱり表現力が違う。メタル的には少々おとなしめだが、そういう使い方をするエフェクターじゃないし、クランチ的、ロック的、ハードロック的には心躍る音作りが出来そう。しかもトゥルー・バイパス。

Blldgcltrn

青く輝くチューブの光もクール。しかし最近、イシバシよりイケベの利用率の方が高いな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

待ちくたびれた

最近、DVDレンタルの利用がめっきり減った。見たいと思う作品があまりないというのもあるけれど、返すのが面倒くさい(笑)。だったら買ってしまえと。そうするとさすがに対象を厳選するわけで、めったやたらには買わないけれど。その割りにはAmazonの予約オーダーが減らないぞ(´・ω・`)。

二規格併存が収束するまでの煽りを受けて、延期されていた発売がようやく。

トップガン スペシャル・コレクターズ・エディション (Blu-ray)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PowerBook G4 SSD 使用感

先日、友人のプリウスに乗せてもらってハイブリッド車初体験。音がせず動き出して驚いたが。

PBG4 SSDも同様。無音の動作はちょっと気持ち悪いぐらい(笑)。特に読み書きが遅いという体感はない。

Ts32

信頼性、安定性についてはもうしばらく使ってみないとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PowerBook G4 SSD換装

Amazonから届いて早速換装。

作業自体はHDD交換と同じなので、ネット上にある作業情報がそのまま利用できる。Tipsというほどのものではないが、パームレスト手前のフックが外れにくいのは情報通りで、多少手こずるも、クリップをのばしてフック上にして引っかけ、ぐりぐりやってるうちに外れた。

SSDのジャンパはMasterに設定されていたが、内蔵HDDはSlave設定なのでジャンパ不要。外しておくと紛失必至なので、ショートさせない形で横向きに差しておく。

Pbg4ssdchng

OSXをクリーンインストール。容量不足でTime Machineからは丸ごと復帰はできないようだし。インストール完了後の再起動でカーネルパニックを起こし焦ったが、三度目の再起動で正常起動。

ただいま675MBのアップデータをダウンロード中(´・ω・`)なんちゅうサイズだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PowerBookG4 SSD化

スリープ復帰が激不調のPBG4、異音を発していたHDDをSSDに交換することにした。

容量は32GB。用途がUMPCみたいなもんだからな(´・ω・`)。それでも価格は80GB HDDの倍ぐらいするが。絶滅危惧種のIDEだし。品薄が続いていたAmazonが在庫ありになったので発注。

容量ダウンで下取り査定はさらに下がるだろうが、もともと旧機種の上、本体のみ中古で購入したから、査定はほとんど期待できないのを思い出し、気にしないことにした。だから64GBを入れるのは高杉晋作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
八方尾根

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
八方尾根

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
八方尾根

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
八方尾根

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
八方尾根

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のゲレ食

今日のゲレ食
八方尾根

| | コメント (2) | トラックバック (0)

定額給付金という名の

バラまき反対。

もらえるものはもらうが(笑)。前回は恩恵なかったし。

使途は
・エフェクター
・カナル型ヘッドフォン
・Logic Express
・G-Shock
辺りかね〜。いずれか一つだぞ(爆)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今週のモノあれこれ

メルクリン破産
確かに高かったなぁ。当時は国鉄(笑)車両が好きだったので、ほとんど興味なかったけど。しかし、老舗、名門がなくなるのはやっぱり淋しい。

ホンダ インサイト発表
FCXのデザインを踏襲しているらしいが、ここまでプリウスと似るのかね(´・ω・`)。

パイオニア プラズマ撤退
パイオニアユーザーであり、買い換えはKUROと決めていたが、もうそれは叶わない。

多摩テック 営業終了
子供の頃、切実に行きたかったが叶わなかった。後年、鈴鹿8耐のライヴ中継を見に行ったことがあったっけ。モノとは関係ないか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランボー 最後の戦場

あえて言おう、駄作であると。

「ランボー」シリーズは好きな作品。従って、これも迷わず大いに期待して予約した。

まず、ランボーが闘う理由が希薄。もともとアクション中心だから、難しい動機付けは不要なんだけど、それでもなんとなく戦いが始まる感は否めず。これではランボーの「意思」が伝わらない。

目玉のアクションシーンは、ランボーらしさが皆無。リアリティを追求したのか、徒に鮮血シーンをCG処理しているのがまたわざとらしい。昔ながらの血糊爆破手法にはまだかなわない。結果的に悪趣味感を強調するだけ。

結末において、戦いの終焉がランボーにもたらすものは、間接的にむりやり意味づけしているようで、また無理がある。故に唐突感が残るだけで、消化不良を感じるだけ。

偏にこれは、主演のスタローンが御年顧みなかった結果かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささやかに一発目

Airの整備済み品にもなかなか遭遇できず。PBG4の不調な原因として最も怪しいHDD交換が現実味を帯びてきたが。

入手難のFrogmanが限定モデルで復活。ダイビングは嗜まないし、タフソーラーだけど電波受信ではない。が、左右非対称のごついデザインには心惹かれていた。

ほとんど値引きなし、しかもどこも予約受付で売り切れ(´・ω・`)。

そんな検索結果の中にあった、25周年記念モデル。一つは欲しいと思ったスケルトン・デザイン。これもなかなか見つからなかったはず。値引きもあるし。一発目の散財決定。

Frgnn01

ごついケースに入ってきたが、いちいちケースにしまう気はない。

Frgnn02_2

スケルトンは経年劣化で変色するんだけどね。それぐらい使い込むのもまた一興。

格納場所が足りなくなったので、ケースを増設(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/72 VF-25S オズマ機 製作 4

作業の間隔は空き気味だが、作業時間は確実に短縮している。組立終了、あとはスミ入れとデカール貼り。

黒いパーツにイエローのデカールを貼ると、赤以上に隠蔽力が弱いので、パーツ色が透ける。ので、シールの上からデカールを貼る。

Vf25s04

透けなくなるのは確かだが、シールの上ではデカールの粘着力が弱く、剥がれやすかった。無念。

成型色で再現しきれない塗り分け部分。

Vf25s05

この部分はライトグレーパーツだが塗り分けは白。デカール指示図を見れば一目瞭然だけど、気づき難いよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »