« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

マイチェン故かも知れないが

機種変更後のSIM無しiPhone 3Gは、カメラ付きiPod touchとして使用可能
iPhone 3GSが故障した場合、iPhone 3GにSIMカードを戻せば、また電話として使用可能

へ〜そーなの〜。
便利なようではあるけど、iPodのように下取りがある方が嬉しいかも。電話じゃ無理か。「カメラ付きiPod touch」としてヤフオクで流通するんだろうか。3GS新規の人がサブ機として欲しがるかも。でも、それを店頭に持って行って、あるいはiTunesで増設機の手続きができるのかな。ま〜考えても仕方ないけど(笑)。

身の回りには未だにiPhoneユーザーがいない、幸か不幸か。ブログ上のお付き合いでは3GS新規の方機種変の方いらっしゃるが、ここんとこコメントしてもお返事の気配なし(笑)。3GSに夢中なのかな、やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女競輪王

これもCS放送を録画して見たもの。

新東宝映画傑作選    女競輪王 [DVD]

そもそも女子競輪なるものがフィクションだと思ったのだが、さにあらず。昭和39年まで実在していたそうな。選手の実力差がありすぎて、ギャンブルとして成立しなくて廃止になったとか。

描写としては、そんなことやってたら廃止になって当然だろうとツッコミも入れたくなるが(笑)。他の公営競技と違って、競輪だけは男女混走は無理だしね。

ヒロインは、肉体派女優だそうで(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたを忘れない

Amazonのレビューを見ると、酷評されているようだが。

あなたを忘れない [DVD]

この悲劇を題材とすること自体が許せないなら、それは反論しない。しかし、どこにもドキュメンタリーともノン・フィクションとも謳っていないわけで。マスコミにとっては常套手段。目くじら立てても無意味。

CS放送の元を取るために(笑)、録画して見たんだけど、作品としては楽しめた。つっこみどころはあるけど、日本人の対韓感情をストレートに描いている気もする、現実的に。いい悪いは別問題。

というかだな、もっと人間の本質として、安穏とした現代が見失いかけているものを映像化した作品だろう、これは。クサいといわばいえ、そんなうわべだけのええかっこしいがほざけばいい。路上、店内、通勤電車内、これらに蔓延した自己中の輩はこれを見て猛省すべき。いうだけ無駄だけど。

ま〜音楽がからんでなければ、最後まで見なかったかも知れないが(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湾岸散策

行きはひたすら湾岸道路を西進したギターショーの帰路は、一本海側の道を通ってみた。この道は湾岸道路とほぼ並行して荒川に突き当たる新木場まで続く。

海が近い分、景色が変わるわけで、東京でも新鮮な風景。こんなところにチェーンの路麺店?、なんてのが結構タクシーの運ちゃんではやっていたり。

荒川に突き当たると、こんなのもある。

Skbsrykj1

東京メトロ新木場車両工場。

Skbsrykj2_2

Skbsrykj3_2

敷地をまたぐ歩道橋もあって、全貌が見渡せる。

Skbsrykj4

かっちょえ〜<にわか鉄。

ギターショーよりよっぽど面白かったりして(笑)。こういう散策はチャリの特権ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOKYO GUITAR SHOW 2009

去年一昨年となんとなく行きそびれたギターショーに、週末ヒッキーが一念発起。会場の有明は自宅から割と近いのだが、公共交通機関を使うとかなり回り道。なのでチャリで行くことに。今年の最高気温を記録しそうな陽気だが、ランニングの成果で熱中症に倒れることもなかろうと。

楽器屋から招待券をもらって行くのが常套って話も聞くが、そこまで懇意な楽器屋はない。のに、なぜか招待同等で入れたのは内緒です(笑)。

どんな様子なのかは予備知識があったのだけど。

ぜ〜んぜん面白くない。

とうてい買えない買う気もないギターを試走する勇気もないし。目的を持たずに見るなら楽器屋の方が数倍面白いのではないかと。期待していたピックすくいもやってないし、会場特価のストラップも結局食指動かず。

各ブースではチラシ、カタログの類を配布しているのだが、積極的に集める気力もなく、よっぽど買いそうもないオーラを発していたのか(笑)、くれたのはイケベとヤイリとフェンダーのみ。そういう地道な営業は大切です(爆)。

小一時間で会場を後に。今後は目的がなかったら積極的に行かないんじゃないかと。

むしろチャリの帰路の方が面白かったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我がiPodの変遷

iPod 1G(現存)
| でかい重い
iPod mini (R)
| もっと小さいnanoが出た
iPod nano 2G
| 小ささは満足だがやっぱり容量が不満
iPod 5G (R)
| 大きさ許容で操作感もよいがビデオがさらに容量を必要とする
iPod touch 1G
| 先取の気鋭も音量調節が不便で容量不足
iPod classic(現存)
| これで最終決着のはずだったが
iPod nano 3G (R)
| また小ささの需要が復活
iPod nano 2G (R)
| 3Gの色が不満だったが3Gと代替できず
iPod touch 2G (R)(現存)
| 1Gの不便が解消され容量不足も運用次第で許容に
iPod nano 4G (R)(現存)
| 2Gと3Gを統合したらこうなった
???

今更敗因を分析したりしない(爆)。じゃなくて、整備済み品(上記の(R)表示)を多用する私固有かも知れないけど、機種によってタッチホイールの操作感がかなり違う。現有classicは鈍いしnano 4Gは過敏。iPod 5Gのホイールが好印象。nano 3Gの色が2Gと同じだったら最近の展開は変わっていたかも。

今日、nano 2Gとnano 3Gがドナドナ。

Nano2g3gdn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクロス・ライヴ

音楽仲間のライヴに行ってきた。仕事場の近くだったので行く気満々だったのだが、確約できなかったからドタ参。幸いにも開演に間に合い挨拶もできた。法的にようやく飲酒できるぐらいの彼と筋金入りのおっさんが久しぶりの再会。

彼はマクロス・バンドで出演。かねがねその活動の噂は聞いており、聴きたくて聴きたくてやっとその機会を得た。

開演前のホールには娘たま♀が流れ、プロジェクターで無音の「愛・覚えていますか」を放映。もうそれだけでツボ。しかし、周りは彼と同世代が占めるので、下手にはしゃぐとみんな引きそうだし、スタンディングは神経痛にこたえる(泣)ので、おとなしくミキシング・ブース前の椅子に陣取ってビールを呑む。

オープニングから性感非行もとい星間飛行キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!。ヴォーカルのさよちゃん(こういうことはMCですぐ覚える<ばき)が恥ずかしがってか「みんな!抱きしめて!銀河の果てまで!」はなかったけど、おじさん的には十分昂揚。申し訳ないことに、マクロス7は私の欠落部分なので、曲を知らないのだけど、「天使の絵の具」で再びキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!。欲を言えばシェリルも聴きたかったなぁ。残念だったのは、これも最近のPAの傾向なのか、やっぱりギターが聴き辛かったこと。もしかして、足立区の公園じゃないけど、私の聴覚がギターを認識できないのか?。

個人的経験では、バンドの全パートが揃うことさえ奇跡なのに、しかもマクロスというコア?な共通点でバンドを組めるというのは、羨ましいを通り越して嬉しくさえ思った。

ちなみに、対バンのアニメソングは一曲も知らなかった(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Black Clouds & Silver Linings

一頃に比べれば、片っ端から買い漁る姿勢は影を潜めたが、そんな中で新譜を買わずにいられないアーティスト、Dream Theater。天才集団という形容も躊躇しない。

ありがたいことに、3枚組が予約注文の価格保証で¥2,376だったのもうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod touch アップデート

アップデートしたtouchから書き込んでみる。

アップデートしたtouchから書き込んでみる。<コピペもやってみる。

横長画面のキーボードも快適。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod nano 4Gでランニング

Nike +を最初に使うときのアナウンスは英語。その後iTunesで同期すると日本語音声キットがインストールされる。これは2世代前から続いている。これもコスト削減の一環なのだろうか。

専用のNikeアームバンドに収納して装着。レシーバー部は完全にカバーされない。バンドは穴あけ加工がしてあり通気性を向上させている。ベルクロはバックルを介して留めるので装着はしやすい、が。

バンド全周に渡ってベルクロがあるため、伸縮性はゼロ。上腕部は当然筋肉が収縮する機会が多いので、締め加減が微妙に難しい。前腕部に着ければ気にならないかもしれないが、前腕につけるとケーブルの振れが大きくて気になりそう。まだやってないので次回にでも検証しよう。

ランニング中の画面表示は横長にも設定できるが、見るなら画面を常時最高輝度にしないと見えないし、そもそも最初と最後しか見ないので恩恵にあずかれない。

今回は、バンド内のiPod本体はほとんど汗もしくは水蒸気にさらされなかった。3Gではこれが結構気になったので改善されたと思いたい。

Nike製に限らず、おそらくほとんどのアームバンドはiPodにケースを装着した状態では収納できないと思う。できればいいとは思うが、それだとバンド内で動いてそれはそれで傷の原因になってしまうか。だから、結局のところランニングに使うなら、傷を気にすること自体がナンセンスってことになるな、ツールなんだし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アルバム単位でランダム

全ライブラリを同期できない時に重宝するプレイリスト。とりわけ肥大したライブラリにおいては、スマートプレイリストを如何に使うかで、楽できるか否かが左右される。特に必要がなければ選択方法はランダムにするけれど。

同期した後、選曲して目当てのアルバムがあると思ったら、その中の1曲しかないなんてことがある。どうして「アルバム単位で」ランダムに追加できないんだと不満だったが。

できました。お見それしましたiTunes。

制御->シャッフル->アルバム別にチェックを入れれば要求は満たされる。いつから対応してたんだろう(笑)。

Italb

追記:
上記設定ではiTunesでシャッフル再生すると1アルバムの中での再生になってしまうが、これは当然といえば当然。で、ようやくiTunes DJの使い道ができたというかわかったというか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod nano 4G

到着時の儀式である液晶保護シート貼りに迂闊にも失敗し、埃が付着してしまったが。

Ipdnn4gdsply

液晶表示の精細さに目を奪われる。この大きさで16GBの容量も、初期を思えば隔世の感あり。iTunesではかなり前から実現していたクロスフェードもできるようになっている。

カーブデザインが災いして、手持ちの保護フィルムを流用しようとしたら、Rがきつくて縁が浮いてしまうのでこれは断念。

特徴の一つ、シェイクしてシャッフルは、この機能をオンにしていると、ポケットの中でスリープ状態からシャッフルしてしまうことがあり一長一短。横置きにすると自動表示されるCover Flowでは、つい液晶画面にタッチしてブラウズしようとしてしまった(笑)。

それはそれとして、デジタル機器の常として、新モデルは旧モデルを凌ぐことを改めて実感した次第。

ついでに書くと、iTunesライブラリをTime Caspuleに置いてみた。共有目的ではなく、HDDの容量節約の為だが。以前NASで試みたことがあったが、この時は手動でマウントする手間が面倒で却下。Time CaspuleならFinderでは常に表示されるので、この手間がないかと思ったのだが、確かにiTunesの起動時は問題ない。しかし曲を再生してライブラリにアクセスすることなくiPodの同期を始めると、曲が見つからないというアラートが出て曲名の頭に!マークがついてしまう。これが煩わしく結局内蔵HDDに戻した。

Dockコネクタは形状こそ変わっていないが、FireWireケーブル用のACアダプタのみならず、iPod touch 2GはiBird旧モデルでも充電できないし、ラインアウトケーブルも使用不可。確保した時点ではtouchリベンジは想定外だったので仕方ないけど。iPhoneも同様らしい。こういう仕様変更は迷惑至極。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone最高、じゃない再考

新聞の見出しに「浜崎あゆみ強制」と見えたら、続くのは「わい○つ」だと思ってしまうよな、今なら。

まだリベンジ一週間のtouchだが、1Gの時に比べて意外なほど違和感がないというか、許容範囲というか。そんな時発表された、iPhone 3G S。外見こそ3Gと変わり映えしないけど。

かなり前から、iPodと携帯の融合を望んでいたにもかかわらず、iPhoneを見送ったのは、iPod touchでよい印象がなかった操作性によるところが大きい。ので、それを容認できるなら、この壁はないも同然。touchもそうだけど、Nike+も標準装備なのだな、これ。音楽を聴く時間が長いと、バッテリーの保ちは不安要因であることに変わりないけど、相変わらず滅多に電話を使うことがない身であれば、杞憂に終わるかも知れない。

それと容量だが、16GBに比べたら、32GBに抱く不満の度合いははるかに微小である。倍々ゲームで行けば(笑)次期touchもiPhoneも64GB化は期待できる。全ライブラリには足りないにしても、大きな不満にもならないカバー率だと想定される。

あとはiPhoneの場合、安易に新モデルに買い替え、いや機種変更できないのが難点か、増殖することはないけど(笑)。その代わりといってはなんだが、下取りキャンペーンなんてないだろうから、道具と割り切れば傷には神経質にならなくていいことになる、G-Shock携帯のタフネスさは如何ともしがたいが。

残るは義理。

ま~集約するにしても、あと一年は様子見だけど。ところでtouchのOSアップデート$10も取るんかい?。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いつも乾かぬ舌の根

忘れてたWWDC。

これ以上通信費を払う気がないので、iPhoneは興味対象になって欲しくない(笑)意味でドキドキものだったが、外見上はほとんど変わらず安堵。MacBookPro13"はそそるが、代替需要は当面ない。Safari4はすかさずアップデート、タブの使い勝手が結局変わらなかったのは○。Snow Leopardはいままでになくアップデート費用が安そうなので期待大。

iPodは変わるとすれば9月なんだよな。

ランニングにはアームバンドって固定観念があったが、こんなのもあるんだな。でも、ランニング以外で使う時、その都度ケースから取り出していたら弊害がありそうだし、入れっぱなしでは重そう。アームバンドに入れるときは、原則iPodはむき出し状態。nano 3G用のシリコンケースは安物が幸いして、密着が緩いので脱着が楽だけど、普通は難儀するのは2Gで検証済み。そうすると、ランニング時以外はケースなしで使うのが常套。その辺は割り切り。

考えは二転三転して結局。

Ipdnn4gby

| | コメント (2) | トラックバック (0)

気がついたらこうなった

交流戦になったら、イーグルスの勝率が急低下してがっかり。

コレクションが趣味ではない。この他に車載専用4Gと記念オブジェの1Gもあるが。

Ipd4s

物欲に任せて手に入れて、後で役割分担を考えるってのは、かつてのベージュ筐体遊びを彷彿とさせる(笑)。が、ツールとして考えると、これは必ずしも得策ではない。

全ライブラリの可搬性、これは譲れないのでclassicは手放せない。将来touchの大容量化が実現すれば、classicはtouchに統合される可能性はあるが。

合理化の急先鋒はnanos。2Gは思い入れがあって入手、3Gはランニング専用となっているが。

機能的には3Gが勝る。2Gの思い入れは、色と再生画面常時表示。

後者はそれが出来ないものを使い続けると慣れた。慣れなきゃtouchを最入手なんてしない。3Gがランニング専用になったのは、アームバンドに汎用性がないのと、色の不満。この小ささでも動画再生できるのは、なくてもいいけど利点。

そう考えると2G+3G=4Gってことのなるのか(爆)。下取りキャンペーンの猶予期間は1ヶ月である。

まぁでも、普通に考えれば2台の使い分けで十分贅沢だよな(笑)。そのつもりだったんだけどねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iPod touch 2G

というわけで届いたiPod touch 2G。

Ipdtchcmng

1Gに見切りをつけた理由のうち、操作性の難点、とりわけ音量調節はそれ用のボタンが増設されたことで、とりあえず解消されたと見なす。容量不足については相変わらずだが、nanoほどじゃなし、64GBになるまで待てず。1G発表当時より、iPhoneのおかげもあってか、格段に充実したApp Storeのアプリにも興味があり、物欲に負ける。しかし、整備済み品が出るまで時間がかかったなぁ。

お約束のケースはこれを選択。

小さい利点はないので、実利優先のポリカーボネート製。多少割高だったが、即装着したかったので、本体とともに発注。ラバーコーティングの手触りもよく、満足できそう。

予想外だったのは、初代iPod以来使用を継続していたFireWireケーブルのACアダプタでは充電不可だったこと。接続すると、充電できないと表示されてしまう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

懲りないヤツ

Ipdtchby

第2世代でリベンジだ<意味不明(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »