« マイチェン故かも知れないが | トップページ | 追悼 三沢光晴 »

FROGMANの不思議

夏場のクール・ビズではG-SHOCKを常用。但し、黒モデルのみ。そして冬の休日は白RISEMAN、夏の休日はスケルトンFROGMANと使い分け(笑)。

さて、このFROGMAN、ダイバーズという設計故の制約なのか、現行主要モデルでは唯一電波受信非搭載。自分にとって、用途を満たすのはRISEMANなのだが。

何故か気になるモデルである。左右非対称のデザイン故か、重厚なデザイン故か、理由は定かでないが。G-SHOCK好きの間でも人気は高く、流通量も少なく、売価の値引きも少なく、ともすればプレミアも。

幸いにも入手できた25周年記念モデルのスケルトン、黄ばみは宿命。まだその兆候はないが、確実に迫っている。ベルトとベゼル、通称ベルベゼを交換すれば甦るが、その時入手できるとは限らないのが交換パーツ。たまたま見つけた25周年記念Dawn Blackのベルベゼ。確保しておいてもよかろうと。

Frgmnblbs

FROGMANの次期電波搭載モデルのモックアップは発表されている。

月齢、潮汐データ搭載。もろ好み、買っちゃうのかなぁ。

先に雰囲気楽しむかとお着替えしてみようかなと。手持ちの工具では心許なかったので、この際確保。

写真ではわかりづらいが、四方の固定ビスは同一ではないので、位置に合わせてセロテープで固定。ベゼルのビスは飾りなので、トルクス・ドライバーは不要。

Frgmnchg1

なんちゃってDawn Blackの出来上がり。

Frgmnchg2

|

« マイチェン故かも知れないが | トップページ | 追悼 三沢光晴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/45528215

この記事へのトラックバック一覧です: FROGMANの不思議:

« マイチェン故かも知れないが | トップページ | 追悼 三沢光晴 »