« マクロス クロスオーバー | トップページ | 体力相応 »

絶滅危惧種を捕獲

iPodのおかげで、ライブラリの可搬性は飛躍的に向上。それを支えたのは音源圧縮技術。これが圧縮音源販売にまで拡大した。

んだけど、相変わらず音源はCDで確保している。iPodで聴く手軽さにかまけて、圧縮したきりしまい込まれるCDすらある。のは、ちょっと違うんじゃないかなと。

試しにAppleロスレスで圧縮してみると、確かに雰囲気が違う。さりとて、全ライブラリをエンコードし直すのは気が遠くなるし、ロスレス故の圧縮率の低さは、HDDにもiPodにも容量の壁が立ちふさがる。

そもそも可搬性を犠牲にして、原音を聴きたいなら圧縮なんて手間をかけなければいいわけで。

 SONY D-NE730

今や絶滅危惧種に指定されても不思議がない、CDウォークマンを導入。思えばDiscmanと呼ばれていた頃、車キノコと併用して以来だから、ずいぶんと久しぶりだ。メディアサイズの制約はあるものの、ずいぶんと小型化されている。その小型化と引き替えに、本体にあった液晶表示はリモコンのみであるが、本体だけでも操作はできる。シャッフル再生はリモコンを介さないとできないのは残念だが、レジューム機能はある。

久しぶりに見る、ガム型充電池を現在鍛え中。省電力のためか、リピート再生ができないので、MP3音源を利用して長時間再生しようと、バックアップディスクを装着したら、どれもこれも認識しない。よく考えたら、どれもDVDメディアだった(笑)。

これで、帰宅しても届いたCDをiPodに取り込めなくて<理由:酔っている(爆)、お預けを食らうことは回避できる。しかし、この季節だと、ポケットに入れて持ち歩くのはかなり無理があるが。

|

« マクロス クロスオーバー | トップページ | 体力相応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/45664108

この記事へのトラックバック一覧です: 絶滅危惧種を捕獲:

« マクロス クロスオーバー | トップページ | 体力相応 »