« ソルジャー・ブルー | トップページ | さあみなさんご一緒に »

iPhone インプレ ケース編

iPod touchとiPod Classicを売却。幸い買取上限価格満額。傷を気にせずすっぴんでガンガン使いたいが、必ず買い替えの際売却するのはiPhoneも同じ。なので、ケースは重要。

Iphncvrkzhnshk

導入と同時に装着したエレコムのケースに早くも傷が。その為のケースだからそれはいいのだが、気になるのは原因不明の茶色い変色。洗っても落ちない。それよりも、ケースからiPhoneに色移りするのが一番怖い。不安を拭えないのできっぱりケース交換することに。

店頭でさんざん迷ったあげく選んだのは、同じくエレコムのシリコンケース。耐衝撃性はポリカーボネート製に劣るが、スリープボタン、ホームボタン、音量調節ボタンも覆われるのが利点。材質は適度に滑りやすい加工が施してあり、埃がつきにくい。フィット感もほどほどでタッチパネルの縁の浮きも見あたらない。受話口脇には光センサーがあるので、あえて受話口周りを中途半端に覆わないのも見た目にはよろしいかと。

しかし、ポリカーボネート製ケースの利点も捨てがたいのは事実。そしたらタッチパネルまで覆うタイプを発見。

ケースの厚み分、一回り大きくなってしまい163gになるが、安心感は絶大。パネルとカバーが密着するとモアレを起こすが、これはノングレアのフィルムを貼れば解決するという。ケースの構造上、タッチパネルの縁に近いところは若干反応が鈍いが、それ以外は逆に敏感すぎる反応が抑えられる気がする。といえば好意的だが、反応すべき時に反応しないとイラつくこともあるのは確か。と・こ・ろ・が!、厚みがありすぎて、この幅ではクレードルに入らない。どうしてこう、どれもこれも帯に短したすきに長しなんだ(´・ω・`)。脱着は決して楽ではなく、繰り返すと破損しそうで他と使い分けるのは現実的ではない。薄さと強度を兼ね備えるのはやはり当初のエレコム製か。

試用する手段がないので、こうして買ってみるしかないが、どれも一長一短で結論はもう少し先になりそうだ。

入荷待ちだったアームバンドが入荷不可で強制キャンセルされた。ランニング時のiPhone利用にはベルトクリップも検討対象に追加したが、とりあえずこれは安いのでキャンセルの代替発注。しかし、Airジャケット装着状態でも使用可という情報に期待したが、エレコムのカバーがきついながら辛うじて脱着できる程度。収納部の縫製をもう少し緩くできればいいんだが。汗を完全に遮断するのは無理だし、やはりランニングには使わない方が無難か。

|

« ソルジャー・ブルー | トップページ | さあみなさんご一緒に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/45861772

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone インプレ ケース編:

« ソルジャー・ブルー | トップページ | さあみなさんご一緒に »