« 宇宙へ。 | トップページ | どーせーっちゅうねん »

iPhone インプレ ランニング編

BluetoothでiPhone、もうありえねーってぐらい快適なのである。iPhone付属のイヤフォンはBluetoothにするべきだね。

さてその快適さの最大の理由はケーブルからの解放。これをランニングに活用しない手はない。しかし、ケース同様汗対策を考慮せざるをえず、それなりの対策品か、それなりに安価な物を探すことになる。

まさにピッタリの物を発見。

防滴、防水仕様である。旧モデルだが音が鳴ればいいので不問。安くないじゃないかと思われるだろうが、ヤフオクで黒一色モデルを1/3以下で入手できた(笑)。

ペアリングに少々手こずる、マニュアルに嘘書いてあるんだもん。「青インジケータが3回点滅するまで電源ボタンを押すとペアリングモードになる」のではなく、「青インジケータが3回点滅した後、赤と青が点滅するまで電源ボタンを押すとペアリングモードになる」のだよこれ。

ペアリング後も、iPhoneに認識させるのに手こずる。操作ボタンを何度か弄ると認識するようだが、まだ規則性を把握できない。

実際に走ってみたら、装着感は問題なし。むしろケーブルの揺れの方がよっぽど煩わしい。加えて、インイヤータイプは私の耳の構造上、ずれまくってこれまた煩わしかったのだが、それからも開放されて至極快適。ただし、一見カナル型に見えるが、小型スピーカーにカバーがついた似て非なるもの。ランニング時は圧迫感がなくてよいのだが、電車内で利用したらならかなり音漏れすると思われる。

防水ケースも、汗を気にしなくていいのは安心。しかも、ワイヤレスの恩恵として、カメラを有効にできる収納で使えるのがよい。nanoに比べて重いのは仕方ないが、腕に装着する限り、私はさほど気にならない。日光の下で普段のディスプレイ照度では判読に難があるが、これはnanoも同じだから欠点ではない。

ところがBluetooth経由だと、Nike+の音声ガイドが聞こえない。実害はほとんどないが、やはりこれは悔しい、固有の現象かも知れないけど。あと、これまた音量調節以外のリモコンは不可。ヘッドセットとしての通話テストでは、こちらの声が聞こえないと言われた。

nikeplus.comにデータアップロードしたら、過去のデータと統合されない。これも実害はないけど、なんか納得いかない。

ということで、これまた帯に短したすきに長しの製品だが、ことランニング時の使用に限定するなら、それなりに有効な気がするので、もうしばらく使用してnanoの去就を考えることとしよう。

余談だが、RSSリーダーにはGoogleリーダーを利用すれば、MobileMe同様に複数の環境でFeedリストを共有できることを知った。これまた便利。

|

« 宇宙へ。 | トップページ | どーせーっちゅうねん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/45986453

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone インプレ ランニング編:

« 宇宙へ。 | トップページ | どーせーっちゅうねん »