« 今日 | トップページ | またiPhoneからテスト »

iPhone インプレ 運用編

結論から言ってしまうと

Mac.ユーザーはiPhone使うべき。後悔しないはず。

携帯キャリアはMac.ユーザーにはことのほか冷たい印象があって、バックアップすらままならない。のが、バックアップはおろか、当然のようにデータの同期ができる。私にとっては今まで無用の長物であった、OSに付属するiCalやアドレスブックをようやく有効利用できる環境になった。MobileMeを併用すれば、サブ環境とも情報共有できる。私のように仕事でMac.を使わないけど、Mac.でのネットワーク環境を持ち歩きたいなら、必要十分だろう。従来の携帯とは操作感が違うとか携帯サイトを使えないとか、そんな制約を補って余りあるメリットがiPhoneにはある。

iPodと待受で使うなら、バッテリー消費はさほど気にならないが、積極的に使うと激しく消耗する、とりわけ3G接続で顕著。サブ・バッテリーを導入するというのもわかる。バッテリー消費は%表示できるが、導入初日は30%を消費。今までのように、週一充電というわけにはいくまい。

ボイス・コントロール機能は画期的に面白い。何の設定もなく音声認識する。現行shuffleもこんな感じで曲名読み上げするのかな。人前ではさすがに躊躇するけど(笑)、実演すると受けそう。

メモを使うとテキストファイルを編集できるが、iTunesで同期するとこのメモはMailに取り込まれる。これはマニュアルを見ないとわからなかった。iPhoneの辞書は単語登録できないので、メモからコピペして対処するしかなさそう。

同期したビデオはiPodメニューの中から操作する。iPod感覚でビデオアイコンを探してしまった。

MMSや電話の着信を知らせる画面表示は、再スリープすると当然見えない。携帯のように点滅するLEDはないので、たまにスリープ解除して受信を確認しなければならない。バイブがあまり強くないので、常に身につけている人でも同じではないだろうか。

BBモバイルポイントを無料利用できるのは大きなメリットだが、私の行動範囲と微妙にシンクロしないのが悔やまれる(笑)。せっかく新幹線N700でも使えるのに、恒例の年1回大阪出張が今年は中止になってしまった(泣)。一度設定すれば以降のログインはSafariの起動で自動。なので、いきなりメールチェックは出来ない。

iPodと違ってiPhoneは外部ディスクの機能がない。が、それを可能にするFilesというアプリがある。これでユーザーズマニュアルを転送した。iDiskにアクセスできるアプリもある。ExcelファイルもPDFファイルも表示可能。

使っていくにつれて、さらなるサプライズが待っていそうな夢の端末である<ほめすぎ?(笑)。ちなみにまだ通話実績はない(爆)。

|

« 今日 | トップページ | またiPhoneからテスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/45827517

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone インプレ 運用編:

« 今日 | トップページ | またiPhoneからテスト »