« オートバイの今後を憂う | トップページ | シーズン残り僅か »

不可解な事件

ペンで女性の太もも刺し傷害容疑 東京都水道局職員を逮捕
電車内 ボールペンで女性の太もも刺す 傷害容疑 都水道局員逮捕

どうしても額面通りに受け取れない報道なのである。

まず、「東京都水道局」はこの際関係ないよな、水道工事現場での事件でもあるまいに。これだけでも記事に色眼鏡が働いている。

さらに、とっさに頭に浮かんだのは、客観的事実の検証がなされていないこと。もちろんこの時点で裏付け取材などできるわけもなく、公式発表によるものだと思うけれど、だとしても、これそのまま鵜呑みにできないのだよ、心情的に。

仮に本当に容疑者となった人が手を出したのなら、それについては弁明の余地はないんだけど、もし、被害者となった女性が足を組まなかったら、この事件はなかったはず。というのも、今の電車内、無法地帯とも呼べる、自己中心者の勝手放題だからだ。まじめに、礼儀正しくしていると、手を出したくなる衝動に駆られる人は少なくないのではないだろうか。

足を組むのは勝手だろうか、それは状況に応じて組むのをやめる者だけに許される勝手。私は電車内では足組み、背負い荷物、肩掛け荷物も禁止すべきとさえ思う。マナーを守る者だけが乗車を許されるグリーン車があるなら、私は金払ってそちらに乗りたいもんだ。

「口で注意すればいい」のはごもっともだが、それで解決するなら電車内は現状のような不愉快な空間にはならないわけで、逆ギレ、逆襲されるとこれまた損をするだけ。女性が刺されたといえば、周りの男性は加担するだろうが、痴漢の冤罪と同じ状況だこれ。

以上は全て私の推測であり、一つの可能性でしかないわけだが、報道した以上は追跡取材して欲しいと切に願う次第である。まぁ容疑者が大股広げて座っていたなら、同情の余地はないけどな。

|

« オートバイの今後を憂う | トップページ | シーズン残り僅か »

コメント

長文失礼
足組み、背負い荷物、肩掛け荷物+座席に寄って立たない奴 ⇒ こいつらに車両上部よりレーザー光線で射抜く(もちろん警告1回有り)というのはどうかという妄想で通勤してた私。

都の水道局には多少思うところが・・・大学友人水道局に就職。「残業は月初に定額でつけるんだよね」「都内の施設見学に行っても出張にして手当て出るんだよね」これは25年前の話だから今はないと思うけど。でも次の一言で絶交した「お前ら印刷会社って大変だよねエヘヘ」

投稿: 匿名 | 2009.08.26 20:17

匿名 殿
入り口から奥に詰めない奴もレーザー照準に追加
水道局についてはあずかり知らないがこの事件に関しては無関係

投稿: 森田勝里 | 2009.08.26 20:55

そうそうドア前で塗り壁になぅてる奴ね、採用!これは無警告ででレーザー発射。
さらにこれはどう? 満員状態の中、皆が譲り合って我慢しているのに押してくる奴(オヤジに多い)。ちょっとぶつかっただけなのに「止めてください」と言わんばかりに振り返る自意識過剰な若い女。

投稿: 匿名 | 2009.08.26 21:06

匿名 殿
承認 さらに
本や携帯で突っついてくる奴
腕組みした肘を入れてくる奴
吊革につかまった腕で人の頭をどつく奴
接触した靴を避けるとさらに接触してくる奴
枚挙に遑がない

投稿: 森田勝里 | 2009.08.26 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/46035248

この記事へのトラックバック一覧です: 不可解な事件:

« オートバイの今後を憂う | トップページ | シーズン残り僅か »