« 本日のラン | トップページ | BACK TO BUDOKAN »

「演り手」と「聴き手」

土曜に知り合いのライヴに行ってきた。

アコギとヴォーカル兼エレピ?のユニットなんだけど、なんていうか、気持ちよくギター弾いてる感が伝わってくるのね。コール・クラーク凝視。すみません、ほとんどヴォーカル聴いてません(笑)。

無料の青空ライヴで、聴衆ひしめくようなものではなく、ゆったり和やかなんだけど、なかなかよいライヴだった。対バンも実力十分だったし。すぐそばでスラドミやってたので、このライヴと不釣り合いなメタラーがうろうろしていたのはご愛敬。

よく、「演り手」と「聴き手」が一体になった、みたいな表現が使われるけど、そこには厳然と「演り手」と「聴き手」の区別があるわけで、どっちが楽しいかって、絶対「演り手」に決まっている。「演り手」目指して精進せねば。やる気があれば「演り手」になれる、上手い下手は関係なく楽しめる、というご意見もあろうが、ある程度(どの程度と言い難いが)弾けないと、私自身は楽しめないのだなこれが。

そんな気持ちの昂ぶりで、会場そばの楽器屋の特価オーヴァードライブにも目もくれず(笑)、会場を後にしたとさ。

|

« 本日のラン | トップページ | BACK TO BUDOKAN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/46260960

この記事へのトラックバック一覧です: 「演り手」と「聴き手」:

« 本日のラン | トップページ | BACK TO BUDOKAN »