« 一世風靡したリマスター | トップページ | 信じられない または 余計なお世話 »

私的ビートルズ観

トレンドに乗って。

ビートルズを知ったのは解散後。友人宅で聴いたHelp!にインパクトを受けて赤盤から入った。

一通り新鮮に受け入れた後、気に入ったのはHelp!とAll My Lovin'。理解しづらいとは思うが、この辺が私がハード・ロックに傾倒する原点。アップ・テンポと騒々しさとでもいうか。この時点で当時保有していたフォーク・ギター(当時はアコギという呼称に覚えがない)はほとんど意味をなさなくなる。エレキなんてごく一部の特権階級のモノという先入観がなくなった。

この頃、初めて買った文庫本は「ビートルズ詩集」。

次に聴いたのは青盤。つまりビートルズが多重録音を駆使した時代。さりとて技術偏重ではなく、曲作りのセンスは踏襲。レノン=マッカートニーというコンポーザーに敬服し、作曲兼ベーシストであるポールに憧れ、ベーシストを目指す。ポールが使わなければ、ヴァイオリン・ベースはさほど人気は出なかったのではとさえ思う。

次が通称「ホワイト・アルバム」。Everybody's got something to hide except me and my monkeyの最後が痛く気に入る。ヴァリエーションの豊富さに、何度聞いても飽きなかった。

「ビートルズ事典」を研究して買った海賊版は「イエロー・サブマリン」のサントラ。何故かは覚えていない、他にも欲しいモノはあったはず。今でもブートより海賊版の方がピンとくる(笑)。ちなみにこれは友人に売却。

そして名盤「アビー・ロード」。Come Togetherこそベーシストの垂涎。青盤を聴いてしまったら、赤盤時代には戻れなくなっていた。と同時に、ハード・ロックの追求が頭をもたげだし。

次に欲しかった「レット・イット・ビー」は結局買わず、後日名盤といわれていた「サージェント・ペッパーズ〜」のピクチャー盤を買ったのが最後。

それ以降、ビートルズはBGMとなり、積極的に聴かなくなったが、私にとってはロックというより洋楽の原点。そしてその聖地はイギリスと刷り込まれた。今は違うけど(笑)。ロックに英語は必須と思ったのもビートルズの影響だし、リヴァプール訛りはあるかもしれないけど、純真にビートルズの歌詞を追ったのが結果的に拙いヒアリングにもなったと思う。

奇しくもビートルズのレーベルとMac.のメーカーが共にAppleというのは偶然か。

|

« 一世風靡したリマスター | トップページ | 信じられない または 余計なお世話 »

コメント

思えば、赤と青をセットで(LP)買ったのが入り口でした。
その後、次々にアルバムを購入し、海賊版も含め、大方揃ったところでハードロックの世界に。
80年代後半から90年代の音楽にはほとんど興味を示さず、現在に至ります。
そして、近年…ビートルズのアルバム達がヘビロテになっています。

落ち着くんだなぁ…。

投稿: 改造屋 | 2009.09.13 00:44

改造屋 さん
不意に聞こえてきても
何かしら感じるものがある
そこがビートルズの偉大さだと思います
私も80〜90年代は欠落してますね

投稿: 森田勝里 | 2009.09.13 07:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39375/46192342

この記事へのトラックバック一覧です: 私的ビートルズ観:

« 一世風靡したリマスター | トップページ | 信じられない または 余計なお世話 »