« 8周年 | トップページ | 10周年 »

9周年

全機材のつづき
■ギター/ベース関係
・Crews Maniac Sound:Super EX[エレキギター]
中古で見かけても割高なので手を出さなかったが、格安美品中古に遭遇して確保。K&T N.O.S.WEEPを買ったらコリーナ・ボディ&ネックにハカランダが付いてきたようなもの。激軽でハイ・ミッドの抜けが抜群。
・Crews Maniac Sound:SEC GRAPHIC[エレキギター]
ストラトは増やしてもアッシュ・ボディのつもりだったのに、ペイントに一目惚れ。SECベースでミッド・ブースターは思いの外重宝。リア・ピックアップにもトーン・コントロールが効くのは嬉しい誤算。
クラプトン・マニアではない。
・Fender:American Vintage '52 Telecaster Thin Lacquer[エレキギター]
いつかはCrewsのテレでも、程度の思い入れだったが、手頃なヴィンテレを見つけて逝く。抱えるとテンションが上がるギター(笑)。
K&T換装を待たずK&T搭載機の下取りとして放出。。
・Paul Reed Smith:P24 Limited 10top Custom Color[エレキギター]
ブリッジに仕込まれたピエゾに惚れ込んで探したら、愛知の山奥(笑)のショップで発見してしまった激安新同中古。ホワイトバックが趣味じゃないがそれも個性。何しろ弾きやすい個体。
・Les Paul Junior Special Double Cutaway TV-Style Limed Mahogany  2004[エレキギター]
ハイド・パークのキース・リチャーズに刺激されて探してみたら(笑)、見つけてしまった傷だらけのレギュラーライン激安品。パワフルなP-90の音は弾いているとテンションが上がる(笑)。
鳴りは二の次で形を優先して確保すると結局弾かないと痛感して放出される。
・Crews Maniac Sound:LED 1959 CTM GT/Korina[エレキギター]
K&T CLICK載せゴールド・トップを実現しようとしたら、コリーナ・バックでオーダーしてしまったという(笑)。想定外だったが、納期7ヶ月を経た妥協のない品質に後悔はない。スタッフの勧めでピックアップを限定モデルのFrictionに変更。艶やかなハイと濃厚なミッド・レンジが極上。
・USAGI-YA MODEL-195 OM2 Brazilian
クルーズが手がける最上位機種の中で、ブラジリアンのバックが唯一これだけ柾目。見せてもらいスタッフの熱い語りに納得し、音を聴いてその飛び出しにやられた。一晩悩んでooo-28を手放す条件で一大決心。
・LTD SNAKEBYTE Snow White 2013[エレキギター]
「Throgh The Never」がカッコよ過ぎた。ジェイムズ・シグネチャーに一目惚れ。この手はカッコで選ぶので音は二の次、廉価モデルを探すとすぐ見つかり速攻確保(笑)。鳴らないボディはEMGだけが身上。
鳴りは二の次で形を優先して確保すると結局弾かないと痛感して放出される。
・Gibson SG Standard 1993[エレキギター]
謎のK&Tにレギュラーラインのボディが付いてきた(笑)。試奏したらそこそこ鳴るので確保。現状渡しではものすごく汚かったが、磨くとそれなりになるのは女を拾った気分である(笑)。
鳴りは二の次で形を優先して確保すると結局弾かないと痛感して放出される。
・YAMAHA SG2000 1981[エレキギター]
ボディの傷やパーツの錆に目をつぶっても、ネックに難があるものばかりで見送ってきたが、バイサウンドシステムを諦めてスルーネック優先で、ようやくプレイアビリティに問題ないものに遭遇。弾きやすいのみならず、ピックアップの音のよさは嬉しい誤算。
・Crews Maniac Sound:LED PREMIUM 2008[エレキギター]
ピックアップが換装されていて、以前デジマートでは割高に感じたが、ヤフオクで妥当に値下げ。K&T Clickを欲しいがためにオーダーするよりは、遥かに割安なので確保。元はTOM HOLMS搭載と判明。K&T Clickに載せ換えて見た目はSLASHシグネチャーにしてみる。
・Crews Maniac Sound:Vintage Line THE'51 BLACK GUARD-II 2014[エレキギター]
手持ちのヴィンテレにK&T換装するのと大差ない中古を発見し、見送ったら絶対後悔すると判断してヴィンテレ下取りで確保。レリックに興味はないが、傷を気にせず使えるのはメリットかも。材は極上、音作りは手強いが、キマった時は至福の音が鳴る。
・Crews Maniac Sound:LED SUPREMES 2009[エレキギター]
ヤフオクで長きに渡って晒されていた30th Air Dryホンマホ使用の逸品を、出品者と壮絶な値下げ交渉の末確保(笑)。ルックスのみならず音までヴィンテージ・ライクだったのは、全くの想定外で、枯れた音が堪らない。
・Ibanez RG2570EX CB 2004[エレキギター]
鳴りは二の次で形を優先して確保すると結局弾かないと痛感して放出される。
・LTD NINJA600 Michael Amott Signature Model 2006[エレキギター]
鳴りは二の次で形を優先して確保すると結局弾かないと痛感して放出される。
・Gibson CS HC Les Paul Junior Double Cutaway TV-Yellow 2005[エレキギター]
LPJCDCを手放すにあたりP-90に未練があったが、ヤフオクですぐに遭遇してしまった、最初に探したモデルのCS版。ブリッジ形状といい、音の切れ味といい、この潔さは快感。
・Gibson Firebird V Vintage Sunburst 1995[エレキギター]
もうレギュラーラインに手を出さないと学習したはずなのに、物欲に負ける(笑)。デザイン的には興味があったが、ミニハムが割り切れず手を出さなかったが、Johnny Winter逝去の影響は否定できない。
・NAZCA:Cases LP[ギグ・バッグ]
RITTERがCPに優れて十分と思っていたが、綻んできたのでLED1959にふさわしいケースとして選択。フーチーズ仕様の黒エナメルをオーダー。クォリティの高さは評判通りだが、ストラップの余り部分に工夫がないのが惜しいのと、ストラップ裏面(接触部分)の経年劣化が不安。
GT/Korinaにはタンカラーを選択。
・BEAR STRAP:SLIMLINE/Classic[BROWN/BRASS] [ストラップ]
一生ものという謳い文句にやられて入手した(笑)フルグレインレザー製。細身の茶系という今までなかったタイプを選択。
■ペダル・エフェクター関係
・Crews Maniac Sound:DPA-2A[プリアンプ]
生産中止決定を知ってにわかに欲しくなり(笑)、使い道未定のままオークションで確保。試用程度でも音質の良さは十分実感できた。
・Behringer FCB1010[MIDIフットコントローラー]
チップを交換するとKEMPER専用になる。コスパは高いがデカいので常用できないのが残念。
■DTM関係
・XLN AUDIO Addictive Drums[DAWプラグイン]
ガレバンのドラム・パターンが気に入らず導入してみたが、全く使いこなせていない。

|

« 8周年 | トップページ | 10周年 »