雪二郎

ゲレ食でアップしたとおり、表万座に雪二郎が登場。

Ykjr

既に引退したが、元二郎フリークとしては、二郎とは似て非なるものの、雰囲気は出していると思う。二郎ほどの癖はないが、カネシを思わせる風味とざく切りのキャベツに太麺は十分評価に値するし、二郎の脂が辛くなった身にはほどよいこってり感。佐久拉麺会とのコラボ企画ということだが、ゲレンデでは意表を突いたアイディアである。

ただし、麺を茹でるのに5分ぐらいかかるので、昼時の繁忙時間は提供不可という矛盾をはらんでいるが(´・ω・`)。

ちなみにトッピングの追加は出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼売

焼売といえば崎陽軒か、小洞天か。いや、そんなうるさいことをいう気は毛頭ないけど。

近所のスーパーに出張販売していたチルド焼売。

Shm

食べちゃったので、実物の写真はないんだけど(笑)、崎陽軒サイズの肉焼売。

これがうまい。めちゃくちゃうまい。

焼売独特の風味が控えめで、肉汁たっぷりで肉味豊富。

茨城から東京のスーパーまで出張販売する心意気。

もし見かけることがあったら、お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ややや

昨秋、職場の近くに家系ラーメンがオープンした。のを知った初冬の頃昼時に行ってみた。行列だけは嫌だったのだが、幸か不幸かすんなり入店。食券を買って渡すとき、麺のかたさ、味の濃さ、油の量をオーダーするシステム。初めてなので、全て普通に。出てきたのはもろ好みの太麺である♪。

濃厚な味も好み...だったのも今は昔、最初は美味かったのだが、だんだん辛くなってきた。それでも、味自体は悪くなかったので、初めてだったこともありスープも完飲。しかし、午後は胃がもたれ気味で、あげくに夕方腹痛(泣)。

自分の限界は素直に受け入れるとして、麺と味は評価に値するので、再挑戦してみた。今度は「かため」「薄め」「少なめ」である。久々の太麺にワクワクして一口目。

...

前回の感動がない。まずくはないが、美味いとも感じない。妙に豚骨スープの臭みが気になる。

スープは適度に残して店を出る。つらつら考えるに、味と油を加減したら、味のバランスが崩れてしまったのではないかと。

こうしてまた、太麺探しは続くのである。半年に一回ぐらい二郎食べたいの発作もあるが、あ〜やっぱりトツゲキラーメンが恋しい。

| | コメント (0)

とんかつ三新も消滅

ランチ¥500ゲームは継続しているのだが。

安さ至上というわけではなく、仕事に見合った対価を払うことを厭うものではない。¥800のランチが¥500のより美味いかというと、必ずしもそうとは限らないけど、いろいろ試してうまいランチに巡り会えると、メリハリ付ける候補リストに追加するわけで。

たまにりっぱなトンカツが食べたくなったとき、決まって行く店がある。二度揚げが特徴で、焦げてるのかなってくらい衣が黒っぽい。でもこれが美味。

その「とんかつ三新」が廃業(泣)。告知によるとこの地で50年営業していたそうだ。

職場周辺、最近とみに飲食店の入れ替わりが早い。いい店がなくなって、変わり映えしないメニューの店ばかりが増える。吉野家に至っては鰻も出すのね。なんだかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘味

飲料話つながりなのだが。

好んで甘いものは口にしない。嫌いというわけでもないけど、思えばコーヒー飲む酒呑むタバコ吸うから、せめて間食はやめようってのがきっかけだったんじゃないかと。甘味食べなくても健康に影響ないし。

それが長く続くと、誰もが私は甘いものは口にしないと思うので、こんなこというと驚かれたりする。

私が好んで口にする甘味。

「サーターアンダギー」と「一六タルト」。特に後者は私がゆず風味苦手なだけに余計驚かれる。

何故かと言われても理由じゃないの、とにかく好き。たくさんは食べないけどね。

ちなみに果物ならイチゴが好き(は〜と)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

胡瓜味

甘味飲料は滅多に口にしないのだが。

ビールを呑めないワイキキなんかの場合、代替するのはダイエット・ペプシ。コークよりペプシ派である。そのペプシが発売した、奇妙奇天烈、想像できない新味、キュウリ味のコーラ?である。

Ppscu

蓋を開けた瞬間、ほのかに香る?キュウリ風味。味は言われてみれば確かにそんな味。コーラにキュウリの極薄スライスを浮かべて飲んだら、こんな味になるのかも。個人的にはDr.ペッパーに比べれば遙かに受け入れやすいが、さすがに半分ほどで飽きた。

ちなみに無果汁である。それにしても、シーモンキーが飼えそうな色<古っ!。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

近頃気になるものがある〜

そんなCMコピーがあったが。

気になるのはいつものとことでもあるが(笑)。

StealthPlugなるギター直結のUSBオーディオインターフェイス。人気があるらしく品薄とか。でも、GS-10とGarageBandがあれば同じことなので、ちょっと躊躇。

うるおうマンゴーヨーグルトのど飴。積極的に甘いものは口にしないのだが、この味は妙に気に入ったので、買ってみた。探してみると、なかなか見つからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トツゲキ消滅

まさに茫然自失だったのだが。

月2〜3回ランチに通うラーメン屋に行ってみたら、なんと内装取り壊し中!。

移転や閉店の告知すらない。

二郎引退後、私のスタンダードとなっていたトツゲキラーメン失ってしまった、この痛手は大きい。中太麺なんて中途半端じゃ飽き足りない私が、二郎の脂に辛くなったときであったここのスープは、あっさりしているのにコクがあって、食べる毎にハマった。そのスープを使って野菜を炒めた青野菜ラーメンは、野菜の旨味とスープが融合してこれまた絶品だった。あの味も太麺ももう幻になってしまうのか。

移転または閉店の情報をご存知の方、お教えいただければ幸いです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

本当の味

うまけりゃいい、ってのは確かなのだが。

発泡酒ブーム当初から疑問に思っていた。ビールより安いけど、ビールと味が違う、ビールの方が美味い、と。別物だと思えば、発泡酒が美味いというのも否定はしないけど、私には発泡酒とは「価格を抑えたビールの代替品」としか思えないので、基本的に否定派。呑んでるけどね(笑)。

かたやビールもやれドライだの限定生産だの、商品の差別化は盛んだけど、主流になったのは(恐らく)本来の味を日本風にアレンジしたもの。そりゃあね、風土気候が違うという理由の元にアレンジすることが悪いとはいわないけどね、本当の味をないがしろにするのも何だかなぁ、と思うわけで。

Beer

キリンが創立100周年を記念して発売した、「復刻ラガー」。明治版は少々酸味があってドイツ・ビールっぽい。大正版は癖がなくなってやたらとスムーズ。サントリーのプレミアム・モルツは明治版にコクを加えた印象で一番どっしりとした味わい。これが一番美味いね、わたし的には。

レギュラー製品ではサントリー・モルツが一番好きだけど、買うのがなかなか難しい実情。

| | コメント (2) | トラックバック (0)